x
最新ニュース
0

商品相場展望:利上げ後もドル安の流れは継続か?

提供 セントラル商事 株式会社商品分析2017年06月19日 17:36
jp.investing.com/analysis/%E5%95%86%E5%93%81%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E5%B1%95%E6%9C%9B%EF%BC%9A%E5%88%A9%E4%B8%8A%E3%81%92%E5%BE%8C%E3%82%82%E3%83%89%E3%83%AB%E5%AE%89%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%81%AF%E7%B6%99%E7%B6%9A%E3%81%8B%EF%BC%9F-200195611
商品相場展望:利上げ後もドル安の流れは継続か?
提供 セントラル商事 株式会社   |  2017年06月19日 17:36
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
2017/06/19 商品相場展望
利上げ後もドル安の流れは継続か?



目次
●FOMC後の動き:過去3回の利上げと異なる動きに
●金:下値は限定的!?
●白金:逆行現象に注目
●パラジウム:上昇は一服
●北海ブレント:下ヒゲまで到達




先週半ばのFOMCでは、予想通り0.25%の利上げが行われました。
イエレンFRB議長の声明では、今後の利上げの方向性は予想内ながら、年内にかけてFRBの資産を縮小すると言及したことがサプライズとなりましたが、その規模が小さいため、市場への影響は限定的となりました。
FOMCの結果を受けて、商品相場の動きはあまりありませんでした。

今回のFOMCで言及した資産縮小についてですが、イエレンFRB議長の任期が来年1月までとなっており、次の議長のためにその環境を整えているのだと思われます。

今後の経済指標次第ですが、年内に3度目の利上げがるのか、その動向が注目されます。


FOMC後の動き:過去3回の利上げと異なる動きに

これまでの3回の利上げ時とは異なる動きを見せています。

過去の3回の利上げ局面では、FOMC前に利上げ期待でドル高、金利上昇、NY金下落の動きで、実際に利上げが決定されると知ったら終いで、ドル安、金利低下、NY金高の動きになっていました。

ただし、今回は、FOMC前に利上げ期待でドル高、金利上昇にはならず、逆にドル安、金利低下の動きになっていました。このため、FOMC後には、過去と同様の動きにならない可能性をお話しておりましたが、ドル安傾向が続く展開になっています。

20170619-1.jpg
20170619-1.jpg

20170619-13.jpg
20170619-13.jpg




現在、年内利上げの確率は45%ほどで、市場は疑心暗鬼になっており、ドルインデックスはドル安傾向が継続。トランプ大統領が就任した時と同じ水準まで下落してきています。

20170619-3.jpg
20170619-3.jpg

20170619-4.jpg
20170619-4.jpg




金:下値は限定的!?

金相場は去年から、米国の長期金利と逆相関の関係が鮮明です。
ドル安傾向が続き、米国の金利が低迷するようであれば、NY金相場の下値は限定的となるでしょう。

20170619-5.jpg
20170619-5.jpg



白金:逆行現象に注目

ユーロと相関が高いとお話しておりましたNY白金相場ですが、ユーロドルは1.12を挟んでもみあいの動きになっています。

20170619-6.jpg
20170619-6.jpg


東京白金相場は軟調で、一時3300円を割り込みました。
しかしながら、相対力指数やストキャスティクスなどのオシレータ系のテクニカル指標では、相場と3回目の逆行現象になってきており、今後下値割れがなければ、相場は持ち直す動きを見せる可能性があります。

20170619-7.jpg
20170619-7.jpg



パラジウム:上昇は一服

パラジウム急伸の勢いは一服しています。
リースレートはまだ高止まりしていますが、今朝の日経ヴェリタスによると、需給のひっ迫はあくまでインゴットのみで、スポンジ(粉末)のパラジウムは潤沢にあるという内容でした。

20170619-8.jpg
20170619-8.jpg

20170619-9.jpg
20170619-9.jpg



北海ブレント:下ヒゲまで到達

原油相場は、下ヒゲの水準まで下落してきています。
ここは様子見の買いを入れてもよいところです。
ただし、中東情勢の緊張の高まりがあるものの、価格が反応していないのが気がかりです。

20170619-10.jpg
20170619-10.jpg


20170619-11.jpg
20170619-11.jpg





当記事は、「セントラルマーケットコラム~経済金融・コモディティ~」からの転載です。またコラムでは、経済金融、貴金属のスペシャリストによるコラムも掲載しております。こちらもぜひご覧ください。
当コラムの筆者、萩原航のセミナーも定期開催中。


本コラムは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的として提供するものではありません。本コラムの情報は、正確を期しておりますが、その内容等を保証するものではありません。また、本コラムに記載された意見や展望などは、個人的な見解に基づく情報であり、本コラムにより被った損害についても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。お取引の最終判断はお客様ご自身でなさるようお願い致します。
※商品先物取引及び金融商品の証拠金取引は、価格変動等の理由により差損が生じる場合があり、元本や収益が保証されるものではありません。また、取引金額はお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、相場の状況によっては差し入れた証拠金を超える損失が生じる可能性もございます。お取引に際しては、契約締結前交付書面、約諾書・約款ならびにお客様向け資料の内容を十分ご理解の上お取引ください。
商品相場展望:利上げ後もドル安の流れは継続か?
 

関連記事

商品相場展望:利上げ後もドル安の流れは継続か?

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

 
本当にこのチャートを削除しますか
 
あなたの考えをここに書いてください
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
投稿する
:にも投稿する
1000
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
投稿する 1000
1分待ってから再度コメントしてください。
 
 
 
このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
コメントにチャートを挿入する
免責条項: 本コラムは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的として提供するものではありません。本コラムの情報は、正確を期しておりますが、その内容等を保証するものではありません。また、本コラムに記載された意見や展望などは、個人的な見解に基づく情報であり、本コラムにより被った損害についても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。お取引の最終判断はお客様ご自身でなさるようお願い致します。\r\n\r\n※商品先物取引及び金融商品の証拠金取引は、価格変動等の理由により差損が生じる場合があり、元本や収益が保証されるものではありません。\r\nまた、取引金額はお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、相場の状況によっては差し入れた証拠金を超える損失が生じる可能性もございます。\r\nお取引に際しては、契約締結前交付書面、約諾書・約款ならびにお客様向け資料の内容を十分ご理解の上お取引ください。
Googleから登録する
または
電子メールで登録する