三菱商事株式会社 (8058)

4,441.0
-102.0(-2.25%)
  • 出来高:
    4,673,600
  • 売値/買値:
    4,440.0/4,445.0
  • 日中安値/高値:
    4,430.0 - 4,508.0

8058 概要

前日終値
4,543
日中安値/高値
4,430-4,508
売上
20.26T
始値
4,502
52週高値/安値
3,447-4,845
1株当たり利益
881.05
出来高
4,673,600
時価総額
6.45T
配当
155.00
(3.49%)
平均出来高 (3か月)
4,907,475
PER (株価収益率)
6.41
ベータ
0.665
1年の変動
29.94%
発行済株式
1,453,176,506
次の決算日
2023年2月01日
三菱商事の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

三菱商事株式会社 ニュース

三菱商事株式会社 分析

  • 三菱商事 利益が1兆円超の見通し
    • 執筆:goo-

    三菱商事は8日、2023年3月期連結決算(国際会計基準)の最終利益の見通しを1兆300億円に引き上げた。このまま1兆円を超えれば、商社業界で初めてとなる。8月時...

三菱商事株式会社 企業情報

三菱商事株式会社 企業情報

セクター
製造業
従業員数
77164
市場
日本
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3898400001

三菱商事グループは国内外のネットワークを通じて、エネルギー、金属、機械、化学品、生活産業関連の多種多様な商品の売買製造、資源開発、インフラ関連事業、金融・物流事業を行うほか、新エネルギー・環境分野等における新しいビジネスモデルと新技術の事業化、全産業を俯瞰する総合力を活かした各種サービスの提供など、広範な分野で多角的に事業を展開する。【事業内容】7の事業セグメントで構成される。地球環境・インフラ事業は電力、水、交通、その他産業基盤となる環境・インフラ分野における事業及び関連する取引などを行う。新産業金融事業は企業投資、リース、不動産・都市開発、物流などの分野において、投資及び運用事業を行う。エネルギー事業は、天然ガス・石油の生産・開発事業、液化天然ガス(LNG)事業、原油・石油製品・炭素製品・液化石油ガス(LPG)等の販売取引、新規エネルギー事業の企画開発などを行う。金属事業は、薄板・厚板などの鉄鋼製品、石炭・鉄鉱石などの鉄鋼原料、銅・アルミなどの非鉄金属の分野において、トレーディング、開発、投資などを通じて事業経営に携わる。機械事業は工作機械、農業機械、建設機械、鉱山機械、エレベーター、エスカレーター、船舶、宇宙航空関連機器、自動車などの幅広い分野において、販売、金融、物流、投資などを行う。化学品事業は原油、天然ガス、鉱物、植物、海洋資源などより生産されるエチレン、メタノール、塩といった基礎原料から、プラスチック、電子材料、食品素材、肥料や医農薬などの川下・川中製品まで、幅広い化学品の分野において、販売取引、事業開発、投資などを行う。生活産業事業は食料、衣料、日用品、ヘルスケアなど、消費者の生活に身近な分野で、原料の調達から、流通・小売に至るまでの幅広い領域において、商品・サービスの提供、事業開発などを行う。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り強い売り強い売り中立強い買い
テクニカル指標強い売り強い売り強い売り売り強い買い
サマリー強い売り強い売り強い売り中立強い買い
  • 2500
    0
    • お小遣い代わりに買いました。伸びてください。
      3