ソニー株式会社 (6758)

10,070.0
-100.0(-0.98%)
  • 出来高:
    4,794,800
  • 売値/買値:
    10,065.0/10,085.0
  • 日中安値/高値:
    9,975.0 - 10,105.0
52週最安値圏での取引

ソニーは過去1年(52週間)間に取引された最安値を記録しました。これはテクニカルな指標で、株式の現在の価値を分析し、将来の株価の動きを予想するのに用いられることがあります。

6758 概要

前日終値
10,170
日中安値/高値
9,975-10,105
売上
9.97T
始値
9,990
52週高値/安値
9,975-15,725
1株当たり利益
717.36
出来高
4,794,800
時価総額
12.44T
配当
70.00
(0.70%)
平均出来高 (3か月)
3,511,000
PER (株価収益率)
16.19
ベータ
0.786
1年の変動
-18.53%
発行済株式
1,235,114,212
次の決算日
2022年10月27日
ソニーの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

ソニー株式会社 ニュース

ソニー株式会社 企業情報

ソニー株式会社 企業情報

セクター
一般消費財
従業員数
109700
市場
日本
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3435000009

ソニーグループは、ゲーム&ネットワークサービス(以下「G&NS」)、音楽、映画、ホームエンタテインメント&サウンド(以下「HE&S」)、イメージング・プロダクツ&ソリューション(以下「IP&S」)、モバイル・コミュニケーション(以下「MC」)、半導体、金融及びその他の事業から構成される。【事業内容】G&NS分野には、主にネットワークサービス事業、家庭用ゲーム機の製造・販売、ソフトウェアの制作・販売が含まれる。音楽分野には、主に音楽制作、音楽出版、映像メディア・プラットフォーム事業が含まれる。映画分野には、主に映画製作、テレビ番組制作、メディアネットワーク事業が含まれる。HE&S分野には、主にテレビ事業、オーディオ・ビデオ事業が含まれる。IP&S分野には、主に静止画・動画カメラ事業が含まれる。MC分野には、主に携帯電話の製造・販売、インターネット関連サービス事業が含まれる。半導体分野には、主にイメージセンサー事業が含まれる。金融分野には、主に日本市場における個人向け生命保険及び損害保険を主とする保険事業ならびに日本における銀行業が含まれる。その他分野は、海外のディスク製造事業、記録メディア事業、電池事業等の様々な事業活動から構成される。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り強い売り売り強い売り中立
テクニカル指標強い売り強い買い強い売り強い売り強い売り
サマリー強い売り強い売り強い売り強い売り売り
  • プレイステーション5とオーディオビデオセクター、過小評価されたタイトル、重要な短期的な強気の見積もりを持つ大手企業の上昇に期待される新しい収益
    3
    • 10,000前後から下降かな?
      7
      • 海外の売りがたまりにたまってるが、もう一段さげて利益確定させないとこうちゃくはつづくか
        0
        • 伝染病の後の株式市場はどうなりますか?短期的に市場の個別銘柄は非常に異なり、市場の潜在的な損失も非常に深刻です。 [Stock Exchange Group]個別の投資家を心から招待しての議論と交換、純粋な投資の技術交換、株式市場の情報、および個人株式共有に参加してください!このグループは、毎日の株式市場の情報は、各株式の人気テーマと各株式の共有を提供しています。技術共有!個人の株式保有ソリューションの場合には、グループに参加して学び、意思を分割したい友人は、まずグループの管理者グループを追加した後、次へをクリックしてください。 a123wei
          1
          • 一万行けるか…?
            1
            • いける
              1
            • もう間もなくいける
              0
          • 今年一万いく銘柄の1つ。
            0
            • PS5
              0
              • がんばれーー
                2
                • 早来7000に
                  1