最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

パラジウムの上昇によってプラチナも上昇するか?

執筆: Investing.com (バラーニ クリシュナン/Investing.com)商品分析2019年02月14日 18:23
jp.investing.com/analysis/article-200196563
パラジウムの上昇によってプラチナも上昇するか?
執筆: Investing.com (バラーニ クリシュナン/Investing.com)   |  2019年02月14日 18:23
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

パラジウムとプラチナはどちらも自動車産業にとって不可欠なものであり、他の商品と比べると供給不足である。そして現在、パラジウムは世界で一番高価な金属である。

現在の市場が注目しているのは、プラチナ価格がパラジウム価格に追いつくのかということだ。

プラチナ 日足チャート
プラチナ 日足チャート

プラチナはディーゼル排気ガスを浄化するために使用されるが、ニューヨーク・マーカンタイル取引所のプラチナ先物価格は過去6営業日の内、5日も前日比で下落しており、1オンス785.55ドルと5ヶ月での最安値となっている。

一方、ガソリン車の触媒式排出ガス浄化装置に使われるパラジウム先物価格は、13日1オンス当たり1379.05ドルと、1月17日の過去最高値である1397.40ドルに近づいている。また、パラジウムスポットは1月17日に1440.35ドルとなり最高値だった。

プラチナは現在、パラジウムの約半分の価格で取引されており、20日、100日移動平均線を下回っている。貴金属投資家はプラチナがさらに下落することを恐れて、投資しようとは考えてはいないだろう。

「強い売り」推奨ではあるが、プラチナは底を打つか

Investing.comのテクニカル分析では、米プラチナ先物は「強い売り」推奨になっている。サポートラインは1オンス778.41ドルであり、12日の終値である789.60ドルとそう遠くない価格で底を打つか注目である。

イリオイ州プレインフィールドにあるSeery Futuresの商品テクニカルチャート分析者兼創設者であるMike Seery氏のような人は、プラチナは今底を打ったと考えている。

「チャートにダブルトップが現れているが、下落傾向はとても限られているし、価格が835ドルの水準まで戻しているため、ショートは推薦できない。」

パラジウムの上昇による波及効果

南アフリカのパラジウム採鉱企業は、現在のパラジウムの価格上昇によってようやく採算割れを回避できるようになってきた。

ランドの下落により、ドルで金属を販売している採鉱者にとってはコストが下がった。南アフリカのプラチナ採鉱者にとってもこれは命綱となった。ドルインデックスは先週7週間での最高値となり、ランドを含めた他貨幣に圧力をかけ、またImpala Platinum (JO:IMPJ)やSibanye Gold(NYSE:SBGL)、Lonmin (LON:LMI)などの採鉱企業が優位に立つことができた。

ジュリアス・ベアの商品戦略担当者であるCarsten Menke氏もプラチナに対して楽観的な考え方を持つアナリストである。パラジウムの上昇による波及効果があると考えているからだ。ブルームバーグによると同氏は、

「南アフリカのプラチナ産業における見通しは明らかでないが、少なくとも一部の生産者にとっては、考えられているほど絶望的ではないだろう」

自動車産業におけるパラジウムのプラチナによる代用

モルガン・スタンレーのアナリストであるChristopher Nicholson氏は、パラジウムの高騰によって2024年頃まで生産コスト割れすると予想され、ディーゼル車ではパラジウムからプラチナへの代用が進むことになるだろうと述べる。

パラジウム 日足チャート
パラジウム 日足チャート

だが、パラジウムとプラチナの価格差は1オンス約600ドルになっているものの、2019年の需要見通しにおいては、ガソリン車用の触媒コンバーターにおいてプラチナによるパラジウムの代用はあまりされないとしている。

しかし、パラジウムは供給不足であることを考えると、自動車メーカーは少なくとも長期的には一部でも代用をすることを検討したほうがいいであろう。それとは別に、消費者信頼感指数が低下していて、ディーゼル車の規制に対する不安感もありユーロ圏におけるディーゼル車への需要は下がり続けている。これも自動車市場におけるプラチナにとっての課題と言えるだろう。

アナリストによると、自動車需要は低迷しているが、プラチナは宝飾品類や、ガラス製造、石油生産、医療・生物医学などに使われる産業機器を含む他の産業への需要の成長は強いままであるという。

パラジウムの上昇によってプラチナも上昇するか?
 

関連記事

杉田 勝
ここからのWTI原油の値動き   執筆: 杉田 勝 - 2020年07月02日 1

ナイメックスWTI原油の2nd monthつなぎ足にエリオットとタイムサイクル分析を適用して予測します。原油価格は上昇B波のa波が終了してここから調整の下げがしばらく続く形です。い...

エレン ワルド
米国の原油生産量は頭打ちか? 執筆: エレン ワルド - 2019年11月15日

原油価格を予測するにあたって投資家を悩ませているのが、2020年に米国がどれほどの原油を生産するかという問題である。シェール革命以来、米国の原油生産量は毎年増加しており、遂には日量...

パラジウムの上昇によってプラチナも上昇するか?

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
のコメント (1)
Rico Fushimi
Rico Fushimi 2019年02月16日 2:47
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
このコメントはすでに 保存したアイテムに保存されています
アフリカ資源関連で唯一プラチナだけが値段が安すぎる。いずれは買い戻しで急騰すると考えるのが妥当。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する