最新ニュース
Investing Pro 0
サイバーマンデー期間延長セール、最大60%引きでInvestingPro+ 特典の請求

 最近の農産物系コモディティにおける強気相場に参加するための2つのETF

執筆: Investing.com (Tezcan Gecgil/Investing.com )ETF2022年03月02日 22:50
jp.investing.com/analysis/article-200203542
 最近の農産物系コモディティにおける強気相場に参加するための2つのETF
執筆: Investing.com (Tezcan Gecgil/Investing.com )   |  2022年03月02日 22:50
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
 
ZW
-1.24%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
CTVA
-1.35%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
NTR
-2.29%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
COMc1
+2.35%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
DCSc1
+1.87%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
KUBTY
+1.50%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 

農産物、株式、上場商品(ETP)はマクロ経済的な要因が重なり、確かな追い風となり、昨年は大きなリターンを得ることができた。

経済が再開して以来、インフレ、サプライチェーンの問題、エタノールの燃料需要の回復が農産物価格を押し上げた。例えば、S&P GSCI Agriculture Indexは、この期間中に28%以上上昇している

しかし、マクロ経済指標がピークを迎え、アナリストがトンネルの先に光を見出した矢先、ロシアのウクライナ侵攻が農産物価格に新たなプレッシャーを与えることになった。

Gro Intelligenceの最近のレポートが強調しているように

「ロシアとウクライナを合わせた世界の小麦生産量は14%で、小麦輸出量の29%を占めている。両国はまた、世界のトウモロコシ輸出の17%に貢献している。」

また、S&P Globalは、軍事的緊張によって

「ヒマワリ油、トウモロコシ、小麦などの商品価格を当面高止まりさせる」と予想する。

先日、現在の地政学的情勢から読者の興味を引くであろうETFをいくつか取り上げた。こちらこちらまたはこちら、ほかにもこちらである。この記事では、この他に2つのETFをご紹介しよう。

1. iShares MSCI Global Agriculture Producers ETF

  • 現在価格:42.49ドル

  • 52週間のレンジ:37.43ドル~43.88ドル

  • 配当利回り:1.38%

  • 経費率:年率0.39%

まずは、iShares MSCI Global Agriculture Producers ETF (NYSE:VEGI).である。これは、農薬、肥料、機械、包装食品を生産するグローバル企業へのアクセスを提供する。このETFは2012年1月に上場された。

VEGI 週次チャート
VEGI 週次チャート

148銘柄を保有するVEGIは、MSCI ACWI Select Agriculture Producers Investable Market Indexに連動するように設計されている。組入上位10銘柄は純資産額8980万ドルのうち57%近くを占める。

サブ・セクターでは、素材(36.35%)、消費財(34.38%)、産業(28.83%)となっている。半数以上が米国の企業である。次いで、カナダ、ノルウェー、日本、インド、イタリア、中国、サウジアラビア、イスラエル、マレーシア、その他となっている。

主な保有銘柄は、農業・建設重機メーカーのDeere & Company (NYSE:DE)、カナダのカリ生産大手のNutrien (NYSE:NTR)、食品加工・商品大手のArcher-Daniels-Midland (NYSE:ADM)、作物保護ソリューションを提供するCorteva (NYSE:CTVA)、日本の農業・建設機械メーカーKubota (OTC:KUBTY)など。

過去12ヶ月のVEGIのリターンは10.2%で、直近では過去最高値を記録した。また同ETFは2022年に3.9%超の上昇を記録している。

株価収益率(PER)は16.44倍、株価純資産倍率(PBR)は2.40倍である。農業市場は、現在の軍事衝突による悪影響をまだ十分に織り込んでいないと考える興味ある読者は、3月にVEGIの購入を検討することができる。

2. ELEMENTS Linked to the Rogers International Commodity Index - Agriculture Total Return

  • 現在価格:9.940ドル

  • 52週間のレンジ: 6.74ドル~10.37ドル

  • 経費率:年率0.75%。

The ELEMENTS Linked to the Rogers International Commodity Index - Agriculture Total Return (NYSE:RJA)は上場債券 (ETN) または無担保債務証券で、詳細はこちらで説明した。農産物へのエクスポージャーを提供するETNだ。RJAは2007年10月に取引が開始され、純資産は約1億8350万ドルとなっている。

RJA 週次チャート
RJA 週次チャート

このETNは19の銘柄を保有し、Rogers International Commodity Index®—Total ReturnSMのサブインデックスであるRogers International Commodity Indexに連動するよう設計されている。RICI指数は、コモディティトレーダーとして広く支持されているJames Rogers氏によって1998年7月に発表された指数である

RJAの約半分は、主要4コモディティで構成されている。トウモロコシ(13.60%)、小麦、(13.60%)、綿(12.03%)、大豆(10.03%)の順となる。次に、コーヒー生牛大豆油がそれぞれ5.73%のウェイトで、その他、菜種砂糖オレンジ・ジュース牛乳などの農産物がある。

年初来、RJAのリターンは14.9%を超えている。農業関連企業への投資ではなく、コモディティに直接投資したい読者は、RJAにアンテナを張っておくとよいだろう。

地政学的な動向は、RJAに含まれる商品のパフォーマンスに影響を与える可能性がある。したがって、短期的な戦術的な取引ツールにもなり得る。最後にすべてのETNは信用リスクの対象となるため、さらなるデュー・デリジェンスに値することを読者に思い起こさせる必要がある。

 最近の農産物系コモディティにおける強気相場に参加するための2つのETF
 

関連記事

大川 正吾
投資信託の基礎 特徴や種類、必要な諸費用等 執筆: 大川 正吾 - 2014年07月28日

 皆さん、こんにちは。 今日は「投資信託の基礎」というテーマで述べたいと思います。皆さんの会社では、確定拠出年金(DC)は導入されていますか? 確定拠出年金の場合、運営管理機関から...

 最近の農産物系コモディティにおける強気相場に参加するための2つのETF

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する