40%引きでご購読
🔥 当社AIが選択した株式戦略、テクノロジー大手、は5月までに+7.1%の上昇。株式がブームなうちに行動を起こしましょう。40%割引で開始

ジョンソン・エンド・ジョンソン:株が長期的な買いである材料となる四半期決算

発行済 2022-04-20 19:22
更新済 2023-07-09 19:31
MDT
-
PFE
-
BMY
-
JNJ
-

Johnson & Johnson (NYSE:JNJ) の株には、シンプルで永続的な魅力がある。世界的に、人々は長生きし、医療へのアクセスはますます良くなっている。この傾向は今後も続き、J&Jの収入と利益に安定した一貫した追い風となるはずだ。

確かに、事業環境が単純であるどころか、非常に単純に聞こえるかもしれない。しかし、2022年の世界の医療費は10兆ドル規模になると推定されていることを念頭においていただきたい。火曜日に第1四半期決算を発表したジョンソン・エンド・ジョンソンは、2022年の売上高を1000億ドル弱と予想している。

シャンプーやベビーパウダーなどの非医療用製品を手掛ける同社の消費者向けヘルス事業からの貢献を除いても(またこれらの事業はスピンオフされる予定だ)J&Jは世界の年間医療費の0.8%程度を占めている。

J&Jの収入と利益は、医療支出が増え続け、会社が事業を継続する限り、増加し続けるだろう。今週の第1四半期決算報告は、この両面で投資家に自信を与えてくれるものとなった。

JNJ Weekly TTM

そして、火曜日に183.08ドルと史上最高値の終値で引けたあとも、JNJの株価は、ここからさらに上昇するのに十分なほど安いままとなっている。

素晴らしい事業

ジョンソン・エンド・ジョンソンが世界で最も偉大な企業の一つであることは、ほとんど異論がないだろう。繰り返しになるが、同社は世界の医療費全体の約0.8%を同社は生み出している。

これは、同社のグローバルな展開もあって、驚異的な数字となっている。米国証券取引委員会に提出された同社の年次報告書によると、J&Jは「事実上、世界のすべての国」で事業を展開している。2021年には、収益の約半分が米国外からもたらされた。

同社の医療機器事業は現在、メドテック部門と呼ばれ、昨年の売上高は約280億ドルだった。これは Medtronic (NYSE:MDT)に次ぐ世界第2位の規模だ。

医薬品事業は世界第6位で、Pfizer (NYSE:PFE)や Bristol Myers Squibb (NYSE:BMY)などの業界大手を抑えている。

第1四半期の決算では、J&Jのフランチャイズの強さと幅広さの両方が強調された。地域別では、米国の調整後営業収益(買収、売却、為替の影響を除く)が2.8%増加した。海外の売上は13%増となった。明らかに、パンデミック後の正常な状態に戻ったことが寄与しているが、ドル高にもかかわらず、報告収益は2019年の水準を17%上回り、年率5%を超える成長率を達成している。

加えて、第1四半期に大活躍したのは、2つの中核的な医療事業であった。医薬品の収益は、調整後の事業ベースで9.3%、メドテックは8.6%増加した。第1四半期の電話会議で、経営陣は通期についても強い見通しを示した

メドテックからの売上は、市場の回復と新製品の上市による成長の両方から恩恵を受けるものになるだろう。医薬品の売上は、同社のコロナ・ワクチンの売上が予想を下回ったものの、市場を上回る成長率を見込んでいる。

市場からの関心が再び高まる

第1四半期は、J&Jのビジネスの強さを証明するものであった。確かに、その強さはずっと前から存在していたものではある。例えば、第1四半期の電話会議で経営陣は、2022年には11年連続で医薬品事業が世界市場を上回る成長を遂げることになると指摘した。

しかし、いくつかの一時的な問題のために、同社の事業に対する関心を投資家は失っていた。J&Jのオピオイド製品による潜在的な負債は、明らかにJNJの株価を圧迫していた。しかし、J&Jは現在、4800億ドルの時価総額に対して例外的に管理可能なコストで 訴訟を概ね解決している。

J&Jのベビーパウダーをめぐる集団訴訟も投資家を怯えさせた。しかし、法的措置により、現在も係争中の訴訟については、その負担を最小限に抑えることができるだろう。

コロナ・ワクチンでさえ、JNJの株価に悪影響を与えたことがある。1年前、6人がこのワクチンを接種した後、稀なタイプの血栓が報告され、米国食品医薬品局の勧告でJ&Jのワクチンが一時停止された時、株価は市場前3%下落した。同社はワクチンをほぼ製造原価で販売していたのにも関わらずだ。

簡単に言えば、過去数年間、JNJ株の周りには多くの雑音があったのだ。そして、そのノイズに耳を傾ける投資家があまりにも多かった。しかし、現時点では、そのような雑音はほとんどなくなり、JNJの株価が上昇した重要な理由となっている。

長期的な見通し

好調な決算の後でも、まだまだ株価は上昇する可能性がある。結局のところ、JNJ の株価は割高というわけではない。JNJ の株価は、今年の調整後 1 株当たり利益ガイダンスの中間値の 17.4 倍で取引されているに過ぎないのだ。

これは、高値から引き下げた幅広い市場においてさえ、割高とは言い難い倍率である。同社は火曜日にも6.6%の増配を発表しており、株価は現在2.47%の健全な利回りとなっている。

この利回りと有機的な利益成長だけで、年率一桁台の高収益を上げることができる。製品ポートフォリオの守備範囲の広さ(不況に強いとは言えないが、投資家にとってはそれに近い)を考えると、この利回りだけでも十分魅力的にみえる。

しかし、J&Jにはもう一つ魅力的な点がある。J&Jのバランス・シートは非常に健全だ。ジョンソン・エンド・ジョンソンの第1四半期決算では、負債残高330億ドル、キャッシュ300億ドルを発表した。法的債務がほぼ確定したことで、同社は自社株買いを拡大することができ、その結果、EPSの伸びと株主還元を拡大することができるだろう。

もちろん、市場で最も魅力的な銘柄というわけではない。より積極的な投資家は、ここ数カ月で大きく売られたグロース株に目を向けるかもしれない。

しかし、どのような投資家であれ、JNJ の株式を中核的な株ポジションとして保有することは可能である。これは素晴らしいビジネスであり、堅実なバリュエーションを有している。結局のところ、それこそが投資家が求めるべき組み合わせなのかもしれない。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます