最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

コモディティ(商品)

 

コモディティ(以下、商品)とは、複数の生産者から入手が可能な、一般的には均一品質の産品または材料のことです。

主要な商品市場には、農業、金属エネルギーが含まれています。トウモロコシ、小麦、大豆、牛、コーヒー、砂糖、製材などの大規模な農産物市場や他では金属の市場には金、銅、銀、プラチナ、パラジウム等の取引品目があります。エネルギー市場では石油、天然ガス、ガソリンなどのエネルギー関連製品が取引されています。

これらの品目は、他と同様に、生産者、製造者、消費者または投資家によって、商品市場または先物市場で売買されます。

商品市場とは

商品現物市場は、売り手から買い手に現物商品を即座に届ける現物市場です。市場の売り手、すなわち生産者側には、農家、牧場経営者、鉱山労働者、掘削業者などが含まれます。買い手は商品を転売したりあるいは商品を材料を用いて加工し消費者に販売します。

商品先物およびオプション取引は、買い手と売り手の双方が合意した将来の日付で商品を売買する契約です。先物契約は商品が受け渡される時間と配達時の価格を固定します。オプション契約は、買い手または売り手に、特定の価格と日付で商品を売買する契約を行使する権利を与えます。

これらの契約は多くの場合、天候、自然災害、経済力学、政治的事象などにより発生する可能性のある価格変動のリスクをヘッジするため、すなわち、リスク管理のために行われます。先物およびオプション契約は、取引所、例えば、シカゴ商品取引所、ニューヨーク商品取引所またはロンドン金属取引所等で取引されています。

殆どの商品投資家は、先物やオプション市場を利用する

理由としてはこれらの市場では契約の満期までは貯蔵したり出荷したりする必要が無いからです。商品を物理的に所有することなく、契約の購入、保有、および販売を行うことで利益を得ることが可能です。実際のところ投資家は商品を用いて何かを生産したり利用したりする意図はなく、実際に使用することを念頭においている人や団体・企業などにとっては、市場が流動性の高いものとなります。

投資家が商品市場に参加するもう一つの主な経路は、一つあるいは複数の商品を取引するETFを利用する事が該当します。これらの証券は証券取引所で入手でき、先物取引所での商品の価値に連動した価格で、株式のように取引を行います。ETFは、現物市場や先物市場にアクセスできない投機家にとっては便利な投資手段であると言えるでしょう。

商品投機家
商品投機家は、先物やオプション市場を好む。なぜなら、契約の満期までは何も貯蔵したり出荷したりする必要がないからである。したがって、商品を物理的に所有することなく、契約の購入、保有、および販売を行うことで利益を得ることができます。

投機家は商品を生産したり利用したりする意図はないが、実際にそのような活動を行っている主体にとっては、市場はより流動性の高いものとなる。
商品投機家
商品投機家は、先物やオプション市場を好む。なぜなら、契約の満期までは何も貯蔵したり出荷したりする必要がないからである。したがって、商品を物理的に所有することなく、契約の購入、保有、および販売を行うことで利益を得ることができます。

投機家は商品を生産したり利用したりする意図はないが、実際にそのような活動を行っている主体にとっては、市場はより流動性の高いものとなる。

Investing.comのコモディティ

Investing.comでは、商品のページで、最新の一般商品先物市場価格情報を提供しています。ページ上の他の表は、それぞれのタイプの商品先物市場の詳細を掲載しています。各商品をクリックすると、チャート、履歴、技術分析、ニュース、分析等の様々な情報を含むページが表示されます。

Googleから登録する
または
メールで登録する