プレミアムデータをご提供:最大 50% 引きでInvestingPro特別セールを請求する

韓国中銀、予想通り金利据え置き 11月の追加利上げ示唆

発行済 2021-10-12 10:43
更新済 2021-10-12 14:45
© Reuters.     韓国銀行(中央銀行)は12日、政策金利を予想通り0.75%に据え置いた。写真は韓国ウォンと米ドル紙幣、2015年12月撮影(2021年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 12日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)は12日、政策金利を予想通り0.75%に据え置いた。8月には約3年ぶりに利上げに踏み切ったが、新型コロナウイルスの感染再拡大で短期的な見通しが不透明になる中、今回は追加利上げを見送った。ただ、インフレ高進や家計債務の拡大に対処するため11月にも追加引き締めを行う可能性を示した。

中銀はアナリストの大方予想通り金利を据え置いた。ただ、2021年のインフレ率予想は引き上げた。

中銀の李柱烈総裁は政策決定後の会見で、「国内外の状況が経済やインフレにどのような影響を与えるかを注視し、景気回復が想定通りに進んだ場合、次回会合で金利をさらに引き上げることを検討できる」と述べ、5月以降のタカ派姿勢を維持した。

総裁の発言を受けて韓国の3年物国債先物は0.40ポイント超下落した。

中銀は声明で「消費者物価上昇率は8月時点の予想を上回り、当面2%台半ばで推移し、その後やや低下する見通しだ」とした。

中銀は8月、21年のインフレ率は中銀目標の2%を上回り、2.1%になるとの見通しを示していた。

第2・四半期の国内経済は前年比6.0%増加し、半導体や石油化学製品の輸出好調を背景に過去10年で最も高い成長率を記録した。

中銀は21年の経済成長率予測は4%で維持した。

© Reuters.     韓国銀行(中央銀行)は12日、政策金利を予想通り0.75%に据え置いた。写真は韓国ウォンと米ドル紙幣、2015年12月撮影(2021年 ロイター/Kim Hong-Ji)

中銀は景気を回復軌道に乗せることを目指しながら、民間部門の債務拡大や過熱する不動産市場、目標を上回るインフレ率の抑制に取り組んでいる。ただ、直近の新型コロナ感染増加で向こう数カ月の先行き不透明感が高まっている。

9月のインフレ率は2.5%と、6カ月連続で中銀目標の2%を上回った。

ロイター調査では、中銀が11月に利上げを行い、その後の25ベーシスポイント(bp)の利上げで2022年末までに金利は1.25%になるとの予想が優勢となっている。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます