最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

今後のマーケットにおける注目点トップ5

経済全般 2022年06月12日 20:31
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters.

執筆:Noreen Burke

Investing.com -- 今週は中央銀行にとって大きな週になりそうだ。米連邦準備制度理事会(FRB)は水曜日に2回目の50bps(0.50%)の利上げを実施するとの見方が強い。投資家は、先週金曜日に予想を大きく上回る消費者物価指数が発表されたあと、FRBのパウエル議長が今後の利上げについてどのような発言をするか、注意深く見守ることになる。イングランド銀行は、生活費圧迫の懸念が高まる中、5回連続の利上げを実施すると予想されている。日本銀行とスイス国立銀行も政策会議を開催する予定だ。米国の小売売上高は、インフレが家計の消費意欲を減退させているかどうかを判断する材料となり、株式市場は今週も波乱の展開となりそうだ。週を始めるにあたって知っておくべきことは、以下に紹介する。

  1. FRBによる利上げ

FRBは水曜日に政策金利をさらに50bps引き上げることはほぼ確実視されており、3月以来すでに実施した75bpsの利上げに追加することになる。

7月にはさらに50bpsの引き上げが織り込まれており、9月にも同様の引き上げが行われる可能性が高いが、9月に関してはまだ不透明感が強い。

先週金曜日に発表された5月の消費者物価指数は、予想を上回る強い結果となり、パウエル議長が今後の利上げペースを速める可能性があるという懸念を蘇らせた。投資家はFRBが積極的に利上げを進めれば、景気が後退することを懸念している。

市場関係者は、政策決定会合後のパウエル議長の記者会見とFRBによる最新の経済予測と金利見通しを示す「ドット・プロット」に注視することになる。

  1. イングランド銀行は5回連続の利上げを実施する見通し

イングランド銀行(BOE)は木曜日に、世界の中央銀行の多くが50bpsの引き上げを選択するにもかかわらず、12月以来5回連続の25bpsの利上げを実施すると広く予想されている。

BOEは12月に主要な中央銀行の中で初めて、コロナ禍に伴う景気刺激策の撤回を開始したが、それでも英国のインフレ率は4月に9%と、BOEの目標値である2%のほぼ5倍の高水準に達している。

BOEは今年後半にインフレ率が10%を超えると予想しており、ベイリー総裁は4月に、インフレ率の急上昇に対処することと不況を引き起こすことの間の非常に難しい道をを歩いていると述べた。

月曜日に発表を控える4月のGDPは横ばいと予想される。火曜日の雇用統計では、労働市場の逼迫が続くと予想され、失業率が低下する一方で賃金の上昇が加速する見込みである。

  1. 日本銀行とスイス国立銀行による会合

{{ECL-165||日本銀行}は金曜日に金融政策決定会合を開き、超金融緩和政策スタンスを維持することが広く予想されているが、日米金利差の拡大が円を数十年の安値に押し下げ、インフレ圧力を高めるため、方針を変更する圧力が高まっている。

スイス国立銀行は木曜日の会合で、世界最低金利である-0.75%の金利に変更を加えることはないと予想されている。しかし、スイスのインフレ率が5月に14年ぶりの高水準となり、欧州中央銀行(ECB)が7月に利上げを行う見通しであることから、ついに利上げへのシフトが起こる可能性もある。

一方、ECBのラガルド総裁は先週、ECBは来月2011年以来の利上げを実施し、その後9月にさらに大きな利上げを実施する可能性があると述べた後、水曜日に注目の演説を行う予定である。

  1. 米国の経済指標

米国は水曜日に5月の小売売上高を発表する予定だが、自動車販売が弱含みで減速することが予想される。金曜日に発表される鉱工業生産の数値も、減速するものの、堅調さを保つと予想されている。

経済カレンダーには、火曜日に生産者物価指数、木曜日に新規失業保険申請件数住宅着工件数も掲載されている。

先週金曜日に発表された消費者物価指数によると、米国の5月のインフレ率はガソリンが過去最高を記録し、食費も高騰したことを受けて、前年比8.6%と1981年以来最大の上昇率となった。

物価上昇の圧力は、消費者に消費習慣の変更を迫り、景気後退の懸念を煽っている。

  1. 株式市場のボラティリティ

5月の消費者物価指数の発表を受けて、物価上昇圧力がピークに達したのではないかという期待は裏切られ、米国株は1月以来最大の週間下落率を記録し、先週金曜日には大幅な下げに転じた。

インフレ、金利上昇、景気後退の可能性に対する懸念から、株価は年初来大半でがらくが続いている。

インフレがピークに達する可能性があれば、FRBが今年後半にハト派なスタンスに転じることができるという期待から、市場はここ数週間で部分的に反発していた。

Capital Economicsのアナリストは先週金曜日に、「米国の物価上昇圧力が緩和される兆しがほとんどないことから、FRBがすぐに利上げペースにブレーキを踏むとは思えない」と書いている。「したがって、米国債の利回りはさらに上昇し、株式市場は引き続き圧力を受けており、米国の資産市場にはさらなる痛みが待っているものと思われる。

--ロイターの報道を基に当記事を執筆

今後のマーケットにおける注目点トップ5
 

関連記事

中国、リトアニア副大臣に制裁 台湾訪問受け
中国、リトアニア副大臣に制裁 台湾訪問受け 執筆: Reuters - 2022年08月13日

[北京 12日 ロイター] - 中国外務省は12日、リトアニアのバイシウケビチウテ運輸・通信副大臣が台湾を訪問したことを受け、制裁措置を導入したと発表した。運輸・通信省とのやり...

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する