プレミアムデータをご提供:最大 50% 引きでInvestingPro特別セールを請求する

個人投資家・有限亭玉介:世情を読みながらテーマで絞り込む!監視を強める銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】

発行済 2022-12-18 10:00
更新済 2022-12-18 10:15
© Reuters.
5803
-
5805
-
6430
-
1789
-
5817
-
4193
-
4418
-
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。
フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。


-----------

※2022年12月12日15時に執筆

株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。


12月5日、ドローンの「レベル4」飛行が解禁されました。
これは国の許可があれば住宅地などでもドローンを飛ばせるという最高位のレベルです。
これにより労働力不足が深刻であった物流業界の構造は大きく変わるかもしれませんねぇ。
日本には離島が多いですから、ドローンの活躍は期待されておりますな。


加えて同月6日には、経済産業省が温暖化ガス排出量を2050年を目処に実質ゼロにする目標へ向けた送電線整備計画の素案を発表した事も話題となりました。
その投資額はなんと6兆~7兆円に及ぶとの事で、関連銘柄が物色されているようです。
脱炭素という言葉もすっかり見過ごせないテーマになりましたなぁ。


電力の供給不安が話題になる昨今、再生可能エネルギーなども含めた電力に関する新しいニュースには注目したいところです。
半導体などのデバイスや送電線に使われる材料の研究開発が進むに連れて、あたくし達の生活はもっと豊かになるはずですよ。
そのような研究に励む企業を支えるのは、投資家としての使命と言えますな。


新しい法律が施行されて世の中が大きく変わるタイミングはワクワクしますねぇ。
当然ながら新しい潮流に関連するテーマ性を持つ企業への期待も高まる事でしょう。
今回は送電線やドローン等に関連したテーマをチェックして参ります。


商業用ドローンの製造販売を手掛けるACSL<6232 >は、「レベル4」解禁で思惑買いが入ったようです。
12月6日には日本郵政キャピタルと物流専用ドローンに関する資本業務提携も好材料となりました。
昨年より長期では下落基調が続いておりましたが、この法改正を機に中長期でトレンド転換するか監視を強めております。


パチンコ・ホール向け運用システム最大手であるダイコク電機 (TYO:6430)は、スマートパチスロ関連として思惑がありますな。
12月5日の上方修正でチャート(日足)は動意しました。
強気の上昇トレンドで、どこまで下値を切り上げるか…。


政府が送電線整備計画を発表した事で電線事業を手掛けるJMACS (TYO:5817)が物色されたようです。
防衛関連としてのテーマ性も持ち合わせており、業績堅調な小型株は上値が軽いと見ております。
同じく、送電線工事を手掛けるETSホールディングス (TYO:1789)も12月7日の報道後に買われました。
直近の決算も増益着地しており、時価総額が低めの銘柄でありながら洋上風力発電の分野では一目置かれているようですねぇ。
底を打ったチャート(日足)はじわじわと切り上げています。
その他に、変電市場でシェア74%を誇る高電圧電力ケーブル用コネクタ「SICONEX」を手掛ける昭電線HD (TYO:5805)、業績好調な電線大手のフジクラ (TYO:5803)は通信線の需要拡大が業績寄与している模様。


SMS送信サービス主力のファブリカコミュニケーションズ (TYO:4193)は、12月6日にApple Messages for BusinessからRCS・SMSへ代替手段を切り替えられるサービスを発表し好感されました。
チャートは、75日線を下値に上昇基調で年初来高値を更新しております。


最後はAIを活用したアルゴリズムモジュールの開発等を手掛けるJDSC (TYO:4418)です。
JERAと共同で太陽光発電の発電電力量を高精度で予測するシステムを開発したとの発表が好材料となりました。
脱炭素や再エネのテーマは来年も注目ですな。


さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。
お暇があれば覗いてみてやってください。
愛猫「ある」と共にお待ち申し上げております。


----

執筆者名:有限亭玉介
ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます