🟢 市場は上昇しています。当社コミュニティの12万人を超えるメンバーは、すべてそれにどう対応すべきか知っています。
お客様もお分かりですよね。
40%割引で開始

日本、通貨不安の中、G7に円変動への対処を迫る

編集者Ahmed Abdulazez Abdulkadir
発行済 2024-05-27 08:08
© Reuters.
USD/JPY
-

円安を食い止めるため、日本は週末にイタリアのストレーザで開催された主要7カ国(G7)財務相会合に積極的に参加した。最近の債券利回りの急上昇が12年ぶりの高水準に達しているにもかかわらず、円の価値は下がり続けている。

日本政府と日本銀行(日銀)は、円安が個人消費に与える悪影響を軽減する一方で、脆弱な日本経済を支えるために低い借入コストを維持することを目指し、厳しい経済状況に取り組んでいる。G7財務相は、日本の提唱を受けて、為替レートの過度な変動に反対する姿勢を再確認した。

日本の為替外交トップの神田正人氏は金曜日、円の不規則な動きに対抗するために必要であれば、為替市場に介入する用意があることを強調した。「経済に悪影響を及ぼすような過度に不安定な動きがあれば、我々は行動を起こす必要があるし、そうすることは正当化される」と神田氏は主張した。

日銀の上田和男総裁もG7に出席し、軟調な個人消費も国債利回りの上昇も、中央銀行の金融政策正常化の妨げにはならないとの見解を示した。上田総裁は木曜日、第1四半期の国内総生産(GDP)が落ち込んだにもかかわらず、日本経済の緩やかな回復軌道に自信を示した。市場アナリストは、経済動向が予測と一致すれば、日銀は今年後半に金利を引き上げる可能性があると予想している。

上田総裁はまた、日銀による国債購入の先細りに対する市場の期待に影響され、金曜日に12年ぶりのピークとなる1.005%まで上昇した最近の10年債利回りの上昇には異議を唱えないことにした。「私たちの基本的なスタンスは、長期金利は市場が決めるということです」と上田氏は土曜日にコメントし、日本の長期金利の上昇について言及した。

上田総裁は、円相場に影響を与える手段として金融政策を用いることを否定しているが、円安がインフレ圧力をもたらす可能性については警告を強めている。このスタンスは、4月29日と5月2日の急激な円安を受けて、政府が為替市場に介入した疑いがあることを受けてのものだ。

アナリストの間では、日銀は今年後半に利上げに踏み切るだろうとの見方で一致しているが、最近のデータは経済見通しに影を落としている。賃金上昇が物価上昇に追いつかず、個人消費が低迷している。さらに、日銀にとって重要な指標であるサービス部門のインフレ率は停滞しているように見える。SMBC日興証券の牧野淳一チーフエコノミストは、インフレ率はピークに達した可能性が高く、目標の2%に向けて加速する軌道にはないと指摘している。

現在の焦点は、日銀が円安を減速させる戦略として国債買い入れプログラムを縮小するかどうかに移っている。上田総裁は、3月に日銀が臨時の金融刺激策を打ち切ったことを受けて、この方法を否定したにもかかわらず、市場参加者は、日銀のオペレーションにテーパリングが差し迫っている兆候がないか、引き続き注視している。

一部のアナリストは、日銀は早ければ6月の次回政策決定会合で国債購入額を減らすかもしれないと予測している。しかし、大和証券のチーフマーケットエコノミストである岩下真理氏は、短期的にそのような決定がなされる可能性は低いと見ており、仮に実施されたとしても円安に歯止めをかけるには不十分かもしれないと警告している。

この記事はロイターが寄稿した。

この記事は一部自動翻訳機を活用して翻訳されております。詳細は利用規約をご参照ください。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます