🧮 それでもゆっくり、古いやり方で株式選択しますか?今こそ、AIの力による株式選択を50%割引で開始

ロがウクライナに大規模攻撃、ミサイル1発はポーランド領空を侵犯

発行済 2024-03-25 07:32
更新済 2024-03-25 07:36
© Reuters. ウクライナ当局は西部リビウの重要インフラが24日未明にロシアのミサイル攻撃を受けたと明らかにした。写真は24日、キーウの公園でロシア軍ミサイルの一部を調べる警官ら(202
US500
-

Pavel Polityuk Gleb Garanich

[キーウ 24日 ロイター] - ウクライナ当局は西部リビウの重要インフラが24日未明にロシアのミサイル攻撃を受けたと明らかにした。ポーランドはロシアの巡航ミサイル1発が一時、領空に入ったとした。

ウクライナによると、ロシアは57のミサイルとドローン(無人機)を発射。首都キーウ(キエフ)も標的となった。

リビウ州のコジツキー知事は重要インフラに攻撃があったとし、極超音速ミサイル「キンジャール」が使用されたと指摘した。

エネルギー省はリビウ州の重要エネルギー施設への攻撃で設備が炎上し、停電が起きたと発表した。知事と同じ施設に言及したのかは不明。

空軍によると、防空システムはミサイル29発のうち18発と攻撃型無人機28機のうち25機を撃墜した。

キーウの軍当局者は、未明に首都と近郊の上空で防空システムが約12機の無人機を破壊したと述べた。被害は軽微にとどまったという。

© Reuters. ウクライナ当局は西部リビウの重要インフラが24日未明にロシアのミサイル攻撃を受けたと明らかにした。写真は24日、キーウの公園でロシア軍ミサイルの一部を調べる警官ら(2024年 ロイター/Valentyn Ogirenko)

ポーランド軍はリビウ州に発射されたロシアの巡航ミサイルがポーランドの領空を侵犯したと発表した。ミサイルはポーランド領空を39秒間飛行し、その間、軍のレーダーシステムが監視を行ったという。

軍報道官はミサイルがポーランド領空に約2キロ入った後、ウクライナ側に戻ったと述べた。

ポーランド政府はロシアに説明を求めるとした。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます