💼 お客様のポートフォリオをInvestingProのAIの力による株式選択で守りましょう - 今なら、最大50%引き 特別セールを請求する

シティ調査:アマゾンとウォルマートの顧客の住宅支出が急増

発行済 2024-06-13 21:31
更新済 2024-06-13 21:38
©  Reuters
AMZN
-
WMT
-
HD
-
LOW
-

シティが最近実施した調査で、ホームセンター業界にとって心強いトレンドが明らかになった。同行の報告によると、消費者は一貫して住宅プロジェクトに投資するパターンを示しており、住宅製品の購入にアマゾン(AMZN)とウォルマート(WMT)を選ぶ傾向が強まっている。

シティ・リサーチ・イノベーション・ラボと共同で約1500人の消費者から回答を集めたシティのアナリストは、「我々の調査データは、プロジェクト開始の意向と住宅に費やすお金について前向きな見通しを示している」と述べている。

調査では、参加者の74%が前年に住宅改修工事を実施し、63%が来年にプロジェクトを開始する予定であることが判明した。これらの割合は、2023年と比較した場合、横ばいかわずかな上昇を示している。

プロジェクトを実施する主な動機は、基本的な修繕やメンテナンスであることに変わりはないが、「家を売却できる状態にする」「家の価値を高める」ことを目的とする人もわずかに増加している。

特筆すべきは、住宅改修に費やした金額も前年より小幅に増加していることで、参加者は昨年1年間の平均支出額を10,677ドルと報告している。支出の増加が最も顕著だったのは、年収が50,000ドルから99,000ドルの個人であった。

将来を展望すると、調査参加者の84%が、住宅改修への支出は来年も一定か増加すると予想している。調査では、前年比4.7%の支出増を見込んでいる。

さらに、専門家への依頼を希望する割合が若干上昇しており、今年は44%が専門家への依頼を予定している。

しかし、今回の調査で最も顕著な変化は、ホームセンターの資材や装飾品のサプライヤーとして、アマゾンとウォルマートの人気が高まっていることだ。

「AMZNとWMTの両社は、今年の調査で大きな成長を遂げた」とシティのアナリストは報告する。これは、これらの大手小売業者がホームセンター部門でより大きな割合を確保していることを示している。

また、ホームセンターの商品に関しては、ロウズ(LOW)よりもホームデポ(HD)を好む傾向が根強く、ロウズ(LOW)の38%よりもHDの62%が選ばれている。この嗜好は、2023年に報告された結果よりもわずかに強い。


この記事はAIの協力のもと制作・翻訳され、編集者による校閲を受けた。詳細は利用規約をご覧ください。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます