😎 サマーセールだけ - 最大50%引きでAIの力による株式選択をInvestingProで特別セールを請求する

マイクロソフトジェネレーティブAIの設備投資効率はAzureの拡張を上回る - ゴールドマン

発行済 2024-06-25 21:59
更新済 2024-06-25 22:04
MSFT
-

ゴールドマン・サックスは、マイクロソフト(MSFT)の目標株価515ドルの買い推奨を再確認した。この推奨は今週発表されたもので、マイクロソフトのジェネレーティブAI(Gen-AI)への投資による好調な業績に基づいている。

Gen-AIの財務的リターンに懸念を示す投資家もいるが、ゴールドマン・サックスは、マイクロソフトが以前成功したクラウド・コンピューティング・サービスAzureの拡大と比較している。

ゴールドマン・サックスは、「我々は、Azureインフラストラクチャの開発にはいくつかの類似点があると見ており、Azureの収益に対する設備投資の比率(CapEx / Azureの収益)は、Azureの導入後10年前後で約50%で安定した」と報告している。

アナリストは、マイクロソフトのGen-AIへの支出効率は、Gen-AIが約1年の初期段階にあるにもかかわらず、すでにクラウドコンピューティング拡大の4~5年目並みになっていると指摘している。

マイクロソフトは、資本支出の急激な増加とAIからの大きな収益の創出とのバランスを達成している。設備投資の増加はAzureの拡張と同様であるが、アナリストはAzure時代に発生したような売上総利益率(GM)の低下(19ポイントの低下)は予測していない。

現在、AIからの収益はプラスの売上総利益に貢献しているが、資産の減価償却費が収益を上回っているため、売上総利益率が低下していると銀行は説明している。

アナリストは、これらの投資がなければ、マイクロソフトの粗利益率は1.5%から3%高くなると推定している。とはいえ、2024年度のAIから特別に生み出される利益は、すでにAzureの立ち上げから8年後(2018年度)の業績に匹敵するレベルであることを強調している。

Azureとの類似点をもう1つ強調すると、アナリストは、Azureが収益に大きく貢献するようになってから(2012/2013会計年度)、マイクロソフトの営業利益率(OM)は10ポイント上昇したが、売上総利益率は7ポイント低下したと指摘する。

アナリストは、Gen-AIも同様のパターンで、AIが生み出す収益はAzureよりも急速に増加すると予測している。わずか1年で、AIイニシアティブからの収益はすでに7年目のAzureの収益に匹敵する。

アナリストは、時間の経過とともに規模が拡大するにつれて、資本支出の伸びが減速し、利益率が改善すると予想している。また、マイクロソフトがGen-AIの市場で大きな存在感を示すのは、7年かかったAzureの時よりもずっと早いだろうと予測している。


本記事は、AIの協力のもとに作成・翻訳され、編集者によるレビューを受けています。追加情報については、利用規約をご参照ください。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます