🟢 市場は上昇しています。当社コミュニティの12万人を超えるメンバーは、すべてそれにどう対応すべきか知っています。
お客様もお分かりですよね。
40%割引で開始

コニシ Research Memo(9):中期経営計画の方針で今後3年間の株主還元累計金額は120億円が目安

発行済 2023-06-28 14:29
更新済 2023-06-28 14:31
© Reuters.
4956
-
*14:29JST コニシ Research Memo(9):中期経営計画の方針で今後3年間の株主還元累計金額は120億円が目安 ■株主還元策

コニシ (TYO:4956)は2017年3月期より、「毎期の業績等を勘案しながら利益を還元するとともに、継続的な配当を実施する」ことを基本方針としてきた。
しかし今回新たに発表された「中計経営計画2026」では、「株主還元」を大きな方針の1つに掲げており、基本方針として「自社株取得60億円」「連結配当性向30%以上」「総還元性向平均60%となる今後3年間の株主還元累計120億円」を宣言した。
この方針に基づいて、前期(2023年3月期)の年間配当49円に続き、進行中の2024年3月期は5円増配し、年間配当54円(予想配当性向30.8%)を予定している。


同社は、自社株買いに積極的であり、現在(2023年3月末)でも5,298、801株(5,904百万円)の自己株式を保有している。
さらに記述のように、今後3年間で60億円の自社株買いを行い、原則これらを消却することを発表している。
過去の自社株買いは、創業家などの大株主から放出希望が出たことに対して行った、いわば「受け身」の自社株買いであったが、今後の自社株買いは同社自身の判断で行う「能動的」な自社株買いである点は注目したい。


このように、中期経営計画の中に明白に株主還元の方針及び目標金額を盛り込んだ同社の姿勢は高く評価できるだろう。


(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます