40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

プラネット、プラズマ、クリレスHDなど

発行済 2023-07-20 15:45
更新済 2023-07-20 16:00
© Reuters.
(TYO:6814) 古野電気 1203 +2反発。
東海東京証券では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価も1100円から1450円に引き上げている。
第1四半期好決算を受けて業績予想を上方修正しているもよう。
24年2月期営業利益は従来予想の20億円から、会社計画を上回る31億円にまで増額。
また、自動運航船のコンソーシアムに参加しており、今後は自動運航船で事業機会が顕在化すると見込んでいる。


(TYO:8925) アルデ 417 -33大幅反落。
特定の取引に関連して、外部の指摘により、貸付債権に係る貸倒引当金の計上、取引先の連結子会社該当性等に関する疑義等が判明したと発表している。

これに伴い、同社では社外調査委員会を設置して調査を実施するとしている。
同貸付債権については、現時点で貸倒引当金をすべて設定済みとしているが、信用力や今後の業績に与える影響などの不透明感の高まりをネガティブ視する動きが先行している。


(TYO:3038) 神戸物産 3782 -20もみ合い。
前日に6月の月次業績を発表している。
単体営業利益は前年同月比20.1%
増となり、4カ月連続での増益となっている。
前月に続いて増益率の高さも高水準。

店舗数の増加に加えて、継続的にテレビ番組やSNSなどで取り上げられたことが売上増につながっているもよう。
粗利率の改善傾向は一服しているものの、3月以降に進んだ円安の影響も警戒されていたとみられ、売り買いが交錯する展開となっている。


(TYO:3436) SUMCO 2107 -7.5もみ合い。
野村證券では投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に、目標株価も2350円から2520円に引き上げた。
足元の半導体メーカーの減産進展などで、半導体需要の改善確度が高まってきたことを評価。
また、電力費予想の減額、円安への前提見直し、生成AI向け需要拡大による300mmウエハ需要増大などで23年12月期以降の業績予想も上方修正した。
なお、本日は半導体株安の流れが上値を抑える形に。


(TYO:3288) オープンH 5243 +98大幅続伸。
モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断「オーバーウェイト」、目標株価6300円でカバレッジを開始した。
今後は首都圏に加え、注力を開始した関西圏でのシェアゲインがドライバーになるとみているほか、事業多角化による成長期待も持てるとしている。
また、PERは同業他社に比べてディスカウントされており、ガバナンス体制の強化により、バリュエーション水準の切り上がりも期待できるとしている。


(TYO:2391) プラネット 1451 +147急伸。
ユニ・チャームやライオンなど日用品メーカーと卸の合計10社が年内に共同の物流システム基盤の運用を開始すると報じられている。
数時間を要した荷下ろし作業時間を4割短くするほか、共同運送なども視野に入れ、「2024年問題」に備えていくとされている。
この中で、各社は同社が開発した物流基盤システムを採用すると伝わっており、業績へのインパクトや今後の展開力への期待が先行する状況になっているもよう。


(TYO:6668) プラズマ 1677 +118大幅続伸。
東海東京証券では投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を2000円から2400円に引き上げている。
電源部材調達難の改善によって第3四半期業績は想定以上の急改善となっており、今後も生成AIや3nm対応の高性能スマホ需要の離陸によって拡大基調が続くとみているようだ。
ベトナム第2工場稼働で生産能力も大きく拡大するため、24年8月期以降は2割強の利益成長が続くと見込んでいる。


(TYO:3387) クリレスHD 1081 +83大幅続伸。
いちよし証券ではレーティングを「B」から「A」に、フェアバリューも1000円から1300円に引き上げた。
コスト構造の見直しによって収益性の一段の改善が期待できるとし、24年2月期以降の収益予想を上方修正しているもよう。
固定費の削減、人員配置の適正化、DXの活用などで損益分岐点が低下、足元で利益率が上昇していることから、24年2月期営業利益は会社計画65億円に対して76億円を予想。


(TYO:3320) クロスプラス 969 +150ストップ高比例配分。
前日に業績予想の上方修正を発表。
修正幅の大きさがポジティブサプライズにつながった。
上半期営業損益は従来予想の2.5億円の赤字から9億円の黒字に、通期営業利益は3億円から12億円にまで上方修正した。
年間配当金計画も従来の14円から24円にまで引き上げた。
商業施設の復調の中で販売が好調に推移し、仕入原価上昇に対応する価格転嫁なども進展しているもよう。


(TYO:6920) レーザーテック 20385 -1105大幅反落。
前日の米国市場では、主要指数は上昇したものの、SOX指数は1%強の下落となっており、同社を筆頭に国内半導体関連株にも売りが先行する状況となっている。
とりわけ、同社に関しては、蘭ASMLが前日の欧州市場で1.8%の下落となっており、ネガティブな反応がより強まる形に。
ASMLは前日に決算を発表、4-6月期受注高は市場予想を上回り、前日の同社株はポジティブな反応が先行する形となっていた。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます