🔥 プレミアムなAIの力による株式選択を、InvestingProから 今なら最大50%引き特別セールを請求する

ランドコンピュ Research Memo(3):パッケージベースSI・サービスが計画以上の成長(1)

発行済 2023-07-25 14:43
更新済 2023-07-25 14:45
© Reuters.
8604
-
6501
-
2327
-
5019
-
3924
-
*14:43JST ランドコンピュ Research Memo(3):パッケージベースSI・サービスが計画以上の成長(1) ■会社概要と事業内容

2. 事業内容
ランドコンピュータ (TYO:3924)の事業はシステムインテグレーション・サービス、インフラソリューション・サービス、パッケージベースSI・サービスの3つのサービスラインで構成されており、ビジネスの課題解決に向けたシステムをトータルに提供する体制を構築している。


2023年3月期のサービスライン別連結売上高構成比は、システムインテグレーション・サービス54.8%、インフラソリューション・サービス11.7%、パッケージベースSI・サービス33.5%であった。
システムインテグレーション・サービスの売上高構成比の業種別内訳は、金融向けが23.5%(銀行13.0%、保険・証券1.9%、クレジットカード8.7%)、産業・流通が23.0%、公共が3.5%、医療が4.7%となった。
システムインテグレーション・サービスとインフラソリューション・サービスは安定成長事業とし、パッケージベースSI・サービスを高成長事業と位置付けている。


2023年3月期までの3期間における売上高の年平均成長率は、全体が9.3%、システムインテグレーション・サービスが4.7%、インフラソリューション・サービスが-0.5%、パッケージベースSI・サービスが25.2%であった。
インフラソリューション・サービスは、新型コロナウイルス感染症拡大(以下、コロナ禍)の悪影響を最も受けた。
パッケージベースSI・サービスは、市場の拡大と同社の重点的な成長戦略が奏功し、極めて高い成長を実現し、全体の収益性向上に寄与した。


(1) システムインテグレーション・サービス
主力のシステムインテグレーション・サービスは、金融分野、産業・流通分野、公共分野、医療分野等の幅広い分野において、顧客であるエンドユーザや国内メーカー、大手システムインテグレータからの受託開発を中心に行う。
企画立案、システム構築、システム運用の工程をすべて手掛けており、トータルサービスを提供できる体制を整えている。
銀行は、省力・省人化のためIT投資を進めており、中長期的に高水準な需要が期待される。
また、ネットバンクや流通系の金融子会社の案件も多い。


金融機関は、ITサービス業界にとって最大の顧客となる。
富士通や日立製作所 (TYO:6501)などがプライムコントラクタとなり、同社は協力会社の位置付けとなる。
富士通を筆頭に、日立製作所や(株)日立ソリューションズを中心とする日立グループ、(株)NTTデータ関西を中心とするNTTデータグループ、日鉄ソリューションズ (TYO:2327)などのメーカー系を中心とした大手システムインテグレータと長年にわたり良好な取引関係を維持している。
最大の顧客基盤であるメーカー系SIerとの取引では、一括請負の拡大と品質の追求を成長戦略とする。


富士通グループとは設立直後の取引関係から親密で、富士通のコアパートナーとなっている。
2023年3月期の富士通への売上高依存度は27.0%であった。
富士通の2021年度PQI(パートナー品質改善活動)のスキルレベル認定において、1stステップ(品質記録)、2ndステップ(品質評価)及び3rdステップ(品質計画)の全3ステップにてスキルレベル「ゴールド」認定を6年連続で取得した。
2021年度に多数の技術者の育成に尽力した企業を表彰した「Fujitsu Software Master Award 2022」で、同社は高度技術者の育成により「Top Technology Company賞」の第1位を受賞した。
富士通はDXビジネスを推進しており、同社も積極的にDX人財の育成に取り組んでいる。


直ユーザ取引は、システムインテグレーション・サービスの中でも高成長分野と位置付けている。
顧客基盤を活かしたリピートオーダーの獲得とパッケージベースSI・サービスを武器に新規顧客開拓を行う。
ノウハウを保有する分野と新規戦略分野に注力し、生産性の高い開発を推進している。
主要取引先は三菱総研DCS(株)、三井住友トラスト・システム&サービス(株)、出光興産 (TYO:5019)、(株)オプテージ、野村ホールディングス (TYO:8604)などとなる。
同社の技術力と金融、流通などの業務知識、品質面での実績が顧客から評価されている。


(2) インフラソリューション・サービス
インフラソリューション・サービスは、顧客のITシステム基盤となるサーバ等ハードウェアの導入やネットワークの構築、データベース、アプリケーション基盤等のシステムインフラを構築するとともに、その後の運用や保守までの一連のサービスをカバーしている。
また直近ではクラウドビジネス室を新設し、クラウド関連に注力している。
一般企業、大学等の教育機関、病院、官公庁など様々な顧客のITシステムインフラ環境を調査・分析したうえで、顧客のニーズに適したインフラソリューション・サービスを提供する。
具体的には、ネットワーク構築等のインフラソリューション・サービスに加えて、システムインテグレーション・サービスを組み合わせたトータルサービスをワンストップで提供する。


2021年3月期以降は外部環境の悪化の影響を受けた。
コロナ禍が対面営業及び顧客先対応業務を制限し、基盤構築案件の売上が大きく減少した。
また、2020年3月期のWindows10更新関連ビジネスに伴う特需の反動減もあった。
半導体不足によりサーバの供給が滞ったうえ、メーカーが製品価格を大幅に上げたことでプロジェクトの延伸が発生した。


(3) パッケージベースSI・サービス
成長分野の柱としてシステム・パッケージベンダとアライアンスを組み、場合によってはパッケージの提供を受け、顧客へソフトウェアパッケージ製品(Salesforce、SAP、SuperStream、COMPANY等)の導入支援、カスタマイズ、アドオン開発、保守、運用までを行い、トータルサービスを提供する。
2023年3月期のパッケージベースSI・サービスの売上高は3,879百万円。
業種別売上高構成比はSalesforceが47%、SAPが17%、会計パッケージが22%、人事給与パッケージが11%、その他が3%であった。


(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます