40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

決算を手掛かりとした日替わり物色

発行済 2023-08-10 08:22
更新済 2023-08-10 08:30
© Reuters.
*08:22JST 決算を手掛かりとした日替わり物色  10日の日本株市場は、引き続きこう着感の強い相場展開になりそうだ。
9日の米国市場はNYダウが191ドル安、ナスダックは162ポイント安だった。
欧州株の反発に連れて買い先行で始まったが、明日発表が予定されている消費者物価指数(CPI)を警戒した売りに押され下落に転じた。
金利の低下に伴いダウは一時プラス圏回復も原油高を嫌気した売りや戻り売りに押された。
シカゴ日経225先物清算値は、大阪比100円安の32120円。
円相場は1ドル143円60銭台で推移している。


 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや売り先行で始まることになりそうだ。

日経225先物はナイトセッションで一時32050円まで売られており、節目の32000円処での底堅さは意識されそうだが、リバウンド狙いの動きは限られそうだ。
また、バイデン米大統領は量子コンピューターや人工知能(AI)分野の一部の中国企業への米国の投資を規制する大統領令に署名したと報じられた。
警戒されていたこともあり、嫌気売りが強まる流れにはならないだろうが、半導体株や生成AI関連などへの物色を手控えさせそうだ。


 アドバンテスト (TYO:6857)は足もとで調整が継続しており、75日線に接近している。

同線を下回ってくるようだとセンチメントを冷ます流れにもつながりそうだ。
一方で、決算を手掛かりとした日替わり物色は活発であり、決算内容によって明暗を分ける動きが目立つ。
昨日引け後に決算を発表したところでは、ホンダ (TYO:7267)、いすゞ (TYO:7202)、板硝子 (TYO:5202)、日空ビル (TYO:9706)などがポジティブな反面、三菱マ (TYO:5711)、カネカ (TYO:4118)、メルコ (TYO:6676)などが嫌気される可能性があるとみられる。


 日経平均は32000円辺りでの底堅さが意識される一方で、25日線が上値抵抗線として意識されやすい。
SQ通過で動きやすくなるものの、三連休を前に積極的な売買は手控えられるなか、狭いレンジでの推移が継続しそうだ。
物色は決算を手掛かりとした日替わり物色が中心になるだろう。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます