最新ニュース
40%引きでご購読 0
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください 40%割引で開始

米ファイザー、1日2回型肥満症経口薬の臨床試験を打ち切り

発行済 2023年12月04日 10:07
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters. 米製薬大手ファイザーは1日、肥満症経口薬「ダヌグリプロン」の1日2回服用タイプについて、中期試験で被験者の大半が吐き気など副作用を理由に服用を取りやめたため、後期臨床試験
 
PFE
+0.08%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 

Manas Mishra Michael Erman

[1日 ロイター] - 米製薬大手ファイザーは1日、肥満症経口薬「ダヌグリプロン」の1日2回服用タイプについて、中期試験で被験者の大半が吐き気など副作用を理由に服用を取りやめたため、後期臨床試験への移行を見送る方針を示した。

同薬の1日1回服用するタイプも開発中で、薬が作用する仕組みの違いから同社は副作用が減ることを期待しているが、初期データは来年上半期まで入手できない。

ダヌグリプロンは、デンマーク製薬大手ノボノルディスクの糖尿病・肥満症薬「ウゴービ(一般名セマグルチド)」や「オゼンピック」、米イーライリリーの「マンジャロ」や「ゼップバウンド」と同じGLP─1受容体作動薬に分類される。

イーライリリーとノボはそれぞれの肥満症薬の後期臨床試験を進めている。ノボは年内に高用量タイプのセマグルチドの承認を申請する見通しを示し、イーライリリーは2025年の発売を見込んでいる。

ファイザーの1日2回服用型薬の開発打ち切りの決定は、活況を呈している肥満症薬市場への参入を目指す同社にとって痛手となる。アナリストは同市場の規模が2020年代末までに1000億ドルになると予測している。

米ファイザー、1日2回型肥満症経口薬の臨床試験を打ち切り
 

関連記事

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleアカウントを使用シヨウ
または
メールで登録する