🟢 市場は上昇しています。当社コミュニティの12万人を超えるメンバーは、すべてそれにどう対応すべきか知っています。
お客様もお分かりですよね。
40%割引で開始

WHO、電子たばこに従来型と同様の規制を 各国に要請

発行済 2023-12-15 12:34
更新済 2023-12-15 13:18
© Reuters.  12月14日、世界保健機関(WHO)は、各国政府に対し、電子たばこを従来型たばこと同様に扱い、すべてのフレーバー(風味付け)を禁じるよう要請した。写真は電子たばこを吸う
BATS
-
IMB
-
PM
-
BTI
-

[ロンドン 14日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は14日、各国政府に対し、電子たばこを従来型たばこと同様に扱い、すべてのフレーバー(風味付け)を禁じるよう要請した。

一部の研究者、活動家、各国政府は電子たばこ(ベイプ)を喫煙による死亡や疾病を減らす上で重要なツールとみなしている。ただ、WHOは電子たばこを規制する「緊急措置」が必要だと述べた。

WHOは研究結果を引用して、電子たばこが喫煙者の禁煙に役立つという十分な証拠はなく、健康に有害で、特に子どもや若者の非喫煙者の間でニコチン中毒を助長する恐れがあると指摘。メーカーの積極的な宣伝により、使用者は成人より13─15歳の若者の方が多いという。

WHOは、メンソールなどのすべての香料の使用禁止、従来のたばこと同じ規制措置を電子タバコに適用するよう求めた。そうした措置には高額の税金や公共の場での使用禁止などが含まれる。

フィリップ・モリス・インターナショナル、ブリティッシュ・アメリカン・タバコなど大手たばこメーカーは、今後の戦略の軸足を電子たばこに置いている。

© Reuters.  12月14日、世界保健機関(WHO)は、各国政府に対し、電子たばこを従来型たばこと同様に扱い、すべてのフレーバー(風味付け)を禁じるよう要請した。写真は電子たばこを吸う人。イギリスのニューカッスル・アンダー・ライムで9月撮影(2023 ロイター/Carl Recine)

インペリアル・タバコや業界団体は、電子たばこはたばこより健康リスクが著しく低く、フレーバーはたばこからの切り替えを促す上で重要だと主張している。

業界関係者は、電子たばこをたばこと同様に規制することは、電子たばこの相対的なリスクについての誤解を深め、喫煙者に誤ったメッセージを送ることになるとし、WHOの見解は現実離れしていると反論した。

*カテゴリーを追加します

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます