40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

アングル:英国でクリスマスの贈り物にチョコ人気、苦しい懐事情反映

発行済 2023-12-16 08:01
更新済 2023-12-16 08:10
© Reuters.   12月11日、ホリデーシーズンを迎えた英国で、チョコレート「クオリティストリート」を製造するスイスの食品大手ネスレと、キャドバリーを傘下に収める同大手モンデリーズ・イン

Richa Naidu Helen Reid

[ロンドン 11日 ロイター] - ホリデーシーズンを迎えた英国で、チョコレート「クオリティストリート」を製造するスイスの食品大手ネスレと、キャドバリーを傘下に収める同大手モンデリーズ・インターナショナル の製菓部門の売上が好調だ。家計の苦しくなった消費者が、低価格のギフトを志向しているためという。

アナリストや消費財関連企業によれば、今年はインフレや住宅ローン金利の上昇に苦しむ買い物客が、これまでより安いギフト商品を購入しているという。玩具や最新のデバイスには背を向け、この1年で値上がりしたとはいえ相対的には安上がりなチョコレートを選んでいる、と業界幹部は言う。

ネスレの英国アイルランド事業部で顧客カテゴリー主任マネジャーを務めるフラン・マッカーゴ氏は8─11月の前年比実績について、「特に出足が好調なのが箱入りチョコレートで、販売額ベースで前年比8.7%増になっている」と述べた。

また個包装チョコレートの売上高は、2.1%の伸びで、ネスレとしては、クリスマスプレゼントとしてチョコレートを購入する消費者が増えていると同氏は説明する。

購入者がそうした商品に支出する額は、通常10ポンド(約1800円)以下で、人気を集めているのは、ネスレの缶入り「クオリティストリート」(1缶5ポンド)やモンデリーズの「キャドバリー」特製ボックス(1箱1.5ポンド)だという。

これに対して、市場調査会社サカーナ(旧NPD)によれば、欧州における玩具の平均販売価格は約13ポンド。複数の玩具メーカーは今月初め、今年は需要が減少しているとロイターに語った。

介護施設職員のボニー・ジョンソンさん(42)は、「チョコレートなら手ごろな価格だ。玩具やその他のギフト商品は値上がりしたが、チョコレートは上がっていない」と話す。「ギフトとしては安上がりで、かなりたくさんの人に贈ることができる」

英スーパーマーケット大手セインズベリーやテスコといった小売企業は、会員カードを持つ顧客に対して、「クオリティストリート」や「セレブレーションズ」を割引価格で提供している。

クリスマス商戦で例年販売好調なネスレ傘下のブランドとしては、この他に「キットカットサンタ」(1ポンド強)や「ミルキーバー・フェスティブフレンズ」(1.25ポンド)がある。

<プレミアム製品で利益率も改善>

またメーカー各社は、今年46年ぶりの高値となったカカオ豆高騰の影響を緩和するため、販売価格を高めに設定できる「プレミアム」志向を強めた高級チョコレート製品を登場させている。

資産運用会社ボントベルのアナリスト、ジャンフィリップ・バーツキー氏は、「(プレミアム製品は)第4四半期の収益に貢献するだろう。チョコレートメーカーにとってクリスマス商戦は最大の書き入れ時だ」と語る。

ネスレでは、2022年に17.1%だった営業利益率は、今年17─17.5%になると予想している。

ネスレの最新の年次報告書によれば、製菓部門の年間売上高は約81億スイスフラン(1兆3459億円)。昨年のグループ全体での売上高は944億スイスフランだった。

調査会社ユーロモニター・インターナショナルによると、世界のチョコレート市場の規模は1235億ドル(約18兆円)。この市場が年間で最も活況を呈するのがクリスマス商戦の時期だ。

モンデリーズで営業広報担当マネジャーを務めるスーザン・ナッシュ氏は、比較的安価な嗜好(しこう)品は、ヤングアダルト層のあいだで特に人気だという。

米コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーはが実施した調査では、今年のクリスマス商戦では、英国のZ世代消費者の90%、ミレニアル世代消費者の83%が、これまでより低価格な商品にシフトするつもりだと答えている。全年代では、回答者の73%がこれまでより低価格のギフト商品を買うつもりだとしている。

医師のエビー・バーンさん(29)さんは、クリスマスに友人たちと楽しむプレゼント交換会の予算を、昨年の20ポンドから今年は10ポンドに引き下げるという。

バーンさんは、ロンドン南東部キャンバーウェルのスーパー「モリソンズ」で買い物をしながら、「私たちは知らず知らずのうちに、いろいろ少しずつスケールダウンしているのかも知れない」と話す。

英国では缶入り高級チョコレートを贈ることがクリスマスのお祝いの1つになっており、サーカナによれば、国内の贈答用チョコレート市場の規模は約18億ポンドに達しているという。価格の上昇を背景に、この1年で市場規模は7%膨らんだ。

やはりサカーナのデータによれば、英国の玩具市場の規模は約20億ポンドで、今年は4%近く縮小した。

© Reuters.   12月11日、ホリデーシーズンを迎えた英国で、チョコレート「クオリティストリート」を製造するスイスの食品大手ネスレと、キャドバリーを傘下に収める同大手モンデリーズ・インターナショナル の製菓部門の売上が好調だ。写真はキャドバリーのチョコ製品。11月撮影(2023年 ロイター/Phil Noble)

クリスマスが過ぎれば、来年に向けてチョコレートメーカーが販売条件の悪化に直面することが予想される。各ブランドがカカオ高騰の価格転嫁を試みるからだ。とはいえ業界幹部らは、それでも他の裁量消費に比べれば、チョコレート需要は持ちこたえるだろうと話している。

「懐事情が厳しくなると、消費者は可処分所得を何に使うか見直す。とはいえ、贈答用の菓子類への支出が削られてしまう可能性は低い」とナッシュ氏は言う。

(翻訳:エァクレーレン)

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます