40%引きでご購読
🔥 当社AIが選択した株式戦略、テクノロジー大手、は5月までに+7.1%の上昇。株式がブームなうちに行動を起こしましょう。40%割引で開始

ネスレCEO、肥満症薬はコーヒー事業に影響せず

発行済 2023-12-21 11:58
更新済 2023-12-21 12:00
© Reuters. スイス食品大手ネスレのシュナイダー最高経営責任者(CEO)は20日、利用が増加している肥満症治療薬による同社のコーヒー事業への影響はないとの認識を示した。写真は同CEO。ヴヴ
NESN
-

[チューリッヒ 20日 ロイター] - スイス食品大手ネスレのシュナイダー最高経営責任者(CEO)は20日、利用が増加している肥満症治療薬による同社のコーヒー事業への影響はないとの認識を示した。

その上で、同社の健康科学事業拡大の機会と見て、肥満症薬を利用する人向けにプロテイン関連商品を提供していく方針を示した。

シュナイダー氏はビジネス向けインターネット交流サイト(SNS)リンクトインで、「肥満症薬利用者のコーヒーへの欲求が減るという証拠は見当たらない」と投稿した。

コーヒー事業はネスレにとって重要で、年間売上高のおよそ20%を占める。昨年の売上高は944億スイスフラン(1095億3000万ドル)に上った。

肥満症薬の人気が高まる中、消費財・小売業界では、食品や飲料の売り上げに響くのではないかとの懸念が生じている。

肥満症薬は食欲を減らし、消化を緩やかにする効果がある。

シュナイダー氏は、肥満症薬利用者は除脂肪体重が減少する可能性があり、プロテインの摂取や運動を増やすことになると見込む。

© Reuters. スイス食品大手ネスレのシュナイダー最高経営責任者(CEO)は20日、利用が増加している肥満症治療薬による同社のコーヒー事業への影響はないとの認識を示した。写真は同CEO。ヴヴェイの本社で2020年2月撮影(2023年 ロイター/PIERRE ALBOUY)

「砂糖や脂肪分の少ない食品を消費するようになるかもしれないが、他の食品や飲料、サプリメントを通じて必要な栄養素を取る必要が出てくる」と話した。

すでにプロテイン関連製品の需要が増えており、ビタミン剤やサプリメントなどにも可能性を見いだしているという。

シュナイダー氏は、健康科学事業は肥満症薬が最も浸透している北米が中心だが、商品展開を他の地域へ拡大することも検討していると述べた。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます