40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

再送ボーイングCEO、737MAX事故の原因示さず 議員らと会合

発行済 2024-01-25 07:54
更新済 2024-01-25 12:01
© Reuters.  1月24日、米航空機大手ボーイングのデーブ・カルフーン最高経営責任者(CEO)は、機体の安全性に100%の自信がある場合のみ航空機運航を支持するとの立場を示した(202

(見出しを修正しました)

David Shepardson Valerie Insinna

[ワシントン 24日 ロイター] - 米航空機大手ボーイングのデーブ・カルフーン最高経営責任者(CEO)は24日、同社製旅客機「737MAX9」が飛行中に機体の一部が吹き飛ぶ事故を起こした問題について米議会議員らと協議した。

ただ、2人の上院議員は、カルフーン氏から事故原因について回答を得られなかったと明かした。

マリア・カントウェル上院商業科学運輸委員長の報道官は、ボーイングの要請で会合を開いたと説明。同委が根本原因の調査に向け公聴会を開く見通しとした。

ジェリー・モラン上院議員は、米アラスカ航空が運航していた737MAX9で吹き飛んだ「ドアプラグ」と呼ばれる部品がボーイングの取り付けたものかとの質問に、同社が事故原因を「おおむね理解」しているが米運輸安全委員会(NTSB)の調査結果を待っていると説明した。

© Reuters.  1月24日、米航空機大手ボーイングのデーブ・カルフーン最高経営責任者(CEO)は、機体の安全性に100%の自信がある場合のみ航空機運航を支持するとの立場を示した(2024年 ロイター/Valerie Insinna)

カルフーン氏は議員との協議前に「100%の自信がない航空機は飛行させない」と記者団に述べた。「事態の深刻さ」を十分承知しているとも語った。

ボーイングがドアプラグを修理目的で取り外し、再度取り付けていたとの米紙シアトル・タイムズの報道に関する質問には、NTSBに問い合わせるべきとした。NTSBのコメントは得られていない。

カルフーン氏はボーイング機の安全性を確信していると強調した。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます