40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

再送-月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通信は可能

発行済 2024-02-25 08:34
更新済 2024-02-26 06:45
© Reuters.  22日に月の南極付近に着陸した米宇宙企業の無人月着陸船「ノバC」(愛称オデッセウス)が、横倒しになっているとみられることが分かった。(2024年 ロイター/インテュイテ

(検索コードを追加して再送します)

[23日 ロイター] - 22日に月の南極付近に着陸した米宇宙企業の無人月着陸船「ノバC」(愛称オデッセウス)が、横倒しになっているとみられることが分かった。開発会社のインテュイティブ・マシンズが明らかにした。通信は可能だという。

月面着陸の成功は、米宇宙船としては1972年の航空宇宙局(NASA)のアポロ17号以来約50年ぶりで、民間企業としては世界初だった。

インテュイティブ・マシンズは、人為的ミスによりノバCのレーザー式距離計に不具合が生じたと説明。エンジニアが着陸の数時間前に偶然その不具合を発見し、緊急修正を行ったことで、月面への衝突を回避できたことを明らかにした。

技術者によるデータ分析によると、ノバCは最終降下の直前に態勢を崩したもようだ。

同社のアルテマス最高経営責任者(CEO)はノバCについて、6本足のうちの1つが凹凸のある月面に引っかかって態勢を崩し、片方にある岩の上に乗り、横向きに静止したとみられると述べた。

© Reuters.  22日に月の南極付近に着陸した米宇宙企業の無人月着陸船「ノバC」(愛称オデッセウス)が、横倒しになっているとみられることが分かった。(2024年 ロイター/インテュイティブ・マシンズ提供)

ただ、全ての計器はノバCが「月の南極、マラパートAと呼ばれるクレーターの近くに位置する着陸予定地点の周辺、もしくはその地点で安定した状態にある」ことを示しているという。同CEOは「通信は可能で、オペレーターがコマンドを送っている」とも説明し、1枚目の画像データを取得するための作業をしているという。

横向きの姿勢は理想的とは言えないものの、航空宇宙局(NASA)の科学技術分野のペイロード(搭載品)6つのうち5つは、通信が可能な機体の一部に搭載されており、アルテマスCEOは「われわれにとって非常に良いことだ」と述べた。

インテュイティブ・マシンズの株価は、ノバCが横倒しになっていると発表した後、23日の時間外取引で30%急落した。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます