🟢 市場は上昇しています。当社コミュニティの12万人を超えるメンバーは、すべてそれにどう対応すべきか知っています。
お客様もお分かりですよね。
40%割引で開始

学校の再開:世界のトップ投資家から学ぶいくつかのヒント

発行済 2022-09-06 02:28
更新済 2023-08-10 20:18
  • 2022年は投資家やトレーダーにとって長い、苦痛に満ちた教訓の年でした
  • 優秀な人から学ぶのはそれを克服する方法です
  • InvestingPro+を使って世界でもっとも優秀な投資家からのヒントを見つけましょう
  • 学校再開の季節が来ました。子ども、学生、先生は教室へもどりますが、投資家にはひと息つく時間でもあります。特に夏の間中、仕事と子どもに振り回されたご両親にとっては。

    2022年は投資家にとっても学校再開のような時でもありました。ボラティリティ、インフレ、そしてFRB、弱気市場の反発、景気後退のリスクなどは株式市場は下がりうるものであることを心に呼び覚ましました。2021年にできると感じたような投資のやり方で、何も考えずに投資することはできません。

    季節の変わり目は、勉強して新しい投資のヒントを見つけるチャンスでもあります。不安定な市場は、割安株を提供することもありますが、リスクも高いです。そのため、この記事では、市場に飛び込むだけではなく、InvestingPro+ を使って、世界でもっとも有名で成功している投資家からのヒントを見て行きます。最高の投資家から学び、新しい学年の始まりにポートフォリオを整えましょう。

    Back to School Sale

    最高の投資家のうちの最高のものから選択。13Fを連結する

    まず、 Ideas tab on InvestingPro+ をご覧ください。ヒントのタブでは13Fフォームからデータを引き出しています。13Fは大きなポートフォリオを持つ投資家がSECに届け出る必要があるフォームです。これらのフォームはウォーレン・バフェットやカール・アイカーンのような投資家がどのくらいの株式を異なる保有で保持しているかの生の数字を示しています。InvestingPro+は、その投資家やファンドの成績に100%マッチするものではありませんが、これらの保有資産のパフォーマンスを、届け出のデータのみに基づいて追跡したもので、株式についてさらなるデータを提供します。

    ここでは、今後も引き続き変動が大きいかもしれない、変動する市場でうまく立ちまわったことを示す、昨年最低6%のリターンのある投資運用者を選択します。

    その作業を通して、8月30日時点でのInvestingPro+が示す、過去1年の株式リターンでは、5人の投資家またはファンドが際立って見えました。

    ウォーレン・バフェット、Berkshire Hathaway社CEO - +11.9%

    デイビッド・アインホーン, 、Greenlight Capital社(ヘッジファンド)創業者兼社長、 - +10.2%

    デビッド・テッパー、Appaloosa Management社(ヘッジファンド)創業者兼社長 - +7.9%

    カール・アイカーン、Icahn Enterprises社創業者兼投資家および著名企業投資家 - +23.3%

    ダニエル・ローブ、Third Point Capital社(ヘッジファンド)創業者兼社長、 - +18.2%

    それぞれの投資家について、InvestingPro+ではその所有資産を示すだけでなく、最大の保有ポジションや時価総額により大きい順に並び替えることもできます。この記事では、第2四半期の最大の買いを見て行きたいと思います。市場が最近の反発前に、公式に弱気市場の底を打ったため、何が彼らの動きとして傑出していたのかをみるためです。そして、以下がそれぞれのポートフォリオでの最大の買いで、一つボーナス株をつけてあります。

    注:価格とデータは8月30日の終値時点のものです。

    ウォーレン・バフェット/Berkshire Hathaway: Occidental Petroleum

    データ元:InvestingPro+ Data Explorer

    Berkshireまたはバフェットの買いを緊密にフォローする人にはOccidental Petroleumがバフェット氏の第2四半期での最大の買いであったことは驚きではないでしょう。BerkshireのCEOは(ANL-2876748)を同社発行株式の最大50%を買う承認を得ました。バフェット氏はエネルギーセクターへの投資を構築していたからです。これ(ANL-2877394)は失敗だったかもしれませんが、バフェット氏の経験と巨大企業のトップという地位により、同氏は反対側にかけるのは少しむつかしかったでしょう。

    Occidentalは明らかに原油価格の高騰の恩恵を受けました。予想収益 超えが6か月連続となり 売上と収益 の最高値を記録しました。過去12か月を超えたのです。これにより過去3年間で純債務を$240億ドル削減できました。Occidental社は将来の原油の道筋のための代替投資ですが、投資家は、もしバフェット氏がOccidental社の50%では十分でなく、買収ゲームを行うべきと判断したならば、さらなる上値余地があると考えるのではないでしょうか。

    OXY fair value

    データ元:InvestingPro+

    デイビッド・アインホーン/Greenlight Capital社: Kyndryl Holdings

    データ元: InvestingPro+ Data Explorer

    デイビッド・アインホーンにとっては、2022年のここまではカムバックの年でした。2022年上期、S&P 500を3300ベーシスポイント超えるパフォーマンスでした。(最大13.2%S&P 500を超え、20%の下落でした)。同氏の第二四半期最大の買いに注目すると、もう1つAtlas Air Worldwideが買収提案を受諾したことは大きな成功です(ANL-2864007)。かわりに、同氏のこの四半期で2番目の大きさの買いに進みましょう。

    Kyndryl HoldingsはIBMのスピンオフです。IBMの前のデータセンター事業を分社したものです。スピンオフは従来からあるバリュー投資戦略の一つです。通例あまり注目されなかった事業で、大きな親会社から自由になり、目立たないように行動でき、独立して成長できます。IBMはまさに大きな親会社です。アインホーン氏はKyndrylが2021年の終わりに取引できるようになると、投資を行い、以降2四半期にわたり四半期ごとに倍以上に投資しました。

    この事業は、この記事の他の株式と同様に、商品事業のようなものです。そして現在Kyndryl社は損失を計上しています。25億ドルの時価総額、38億ドルの企業価値で、163億から165億ドルの今年の予想売上で、調整後損益がゼロの見とおしです。Kyndryl社の商品事業を整理するか好転させるのにそれほど時間はかからず、アインホーンのもう1つの成功例となるでしょう。疑問はデータセンターの利用度が永続的な下降傾向にあるのかどうかということです。

    Kyndryl holdings

    データ元: InvestingPro+

    デビッド・テッパー/Appaloosa Management: Constellation Energy

    データ元:InvestingPro+ Data Explorer

    NFKのCarolina Panthersのオーナーであり、著名投資家でもあるデビッド・テッパー氏は、エネルギーとスピンオフのテーマに関与しました。Constellation EnergyはExelon社が買収し、その10年後スピンオフしました。これは原子力エネルギー企業であり、このセグメントは最近米国議会を通過したインフレ削減法で注目されています。Constellation株はこの四半期に50%近く値上がりしており、同社は同氏のファンドの4番目に大きな投資であるため、この第2四半期に追加したばかりのテッパ―氏の投資はすでに十分にもうかっています。

    同社は310億ドルの企業価値を有し、比較的債務は少なく、40から50億ドルの純債務で、調整後EBITDAの12倍で売買されています。どのような修正がそこにあるかを考えると、これは安値ではありません。同社はすでに喧伝されているとおり 新法による原子力および水力発電から課税額の減免を受ける予定であり、これは堅実な配当を支払う企業というより将来に向けて成長する例外的な公益企業となるでしょう。

    CEG financial health

    データ元:InvestingPro+

    カール・アイカーン/Icahn Enterprises: Southwest Gas Holdings

    データ元: InvestingPro+ Data Explorer

    アイカーン氏が所有する会社である、Icahn Enterprises社の買いはスキップして、リスト上で2番目に大きい追加投資に進みます。アイカーンは長期にわたりエネルギーに強気でした。そのため、同氏がSouthwest Gasのような天然ガスの公益関連へ買いを入れているのは驚くことではありません。アイカーン氏は第2四半期には買いませんでしたが、同氏の会社がSouthwest社の(ANL-2874047)8.7%の保有に到達するまで投資を続けます。

    内側を見てみると、Southwest社はこの記事にある他の商品関連の株式の多くと同様に上場来最高値を記録しました。これは、同社がアイカーン氏との闘いを解決したから実現できたことですが、その結果、前CEOが退任することになりました。そして新しい買いはアイカーン氏が据えた新CEOのカレン・ホーラー(ANL - 2819726)への信任投票のように、または、プレッシャーが更新された早期の前兆のように見なされます。現状の同氏の関与と以前、現在の株価を超える金額で同社買収の提案をしたことにより、反落する可能性があるかもしれません。

    SWX revenue and profits

    データ元:InvestingPro+

    ダニエル・ローブ/Third Point Capital: Ovintiv Inc

    データ元:InvestingPro+ Data Explorer

    ダニエル・ローブ氏はアクティビスト投資家向けのレターが大きくニュースで取り上げられ、感染症蔓延期間には暗号資産と成長株への明確な支持でツイッターの新しいフォロワーを獲得しました。同氏のヘッジファンドマネージャーとしての成功は方向転換の能力ですが、市場の風向きが変わったため、同氏はここ数か月石油産業とエネルギーセクターにもどってきました。

    当社のリストに掲載されているもう1つの石油とガス分野の闘いは、Loeb氏が大幅にOvintiv社への投資を増やしたことです。多くの石油およびガス株と同様に、同社は52週最高値に近いところで推移し、売上は過去最高です。欧州のエネルギー事情がエネルギー価格を押し上げることにより、天然ガスと液化天然ガスへの投資は上値余地が期待できます。同社は、最高のフェアバリューの上値余地と同社に関する肯定的な事実により、当社InvestingPro+の立場から見た有力値上がり株候補です。

    OVV fair value

    データ元: InvestingPro+

    石油会社およびガス会社の話が多かったので、ボーナス株をもう一人の主要投資家から選びましょう。

    Mario Gabelli/GAMCO Investors: Warner Bros Discovery

    データ元:InvestingPro+ Data Explorer

    Gabelli氏は投資の世界の生きている伝説の一人で、同氏のファンドの株式は昨年6%近いリターンでした。これはお粗末なものではありません。多くの最大投資先は中小規模の企業で、同社の昨四半期の最大の買いはWarner Bros Discovery(WBD)でした。これはAT&T社のTime Warner部門をDiscovery Mediaとスピンオフ合併したものです。

    WBDやストリーミング産業一般については多くのうわさがありました。WBDは多額の債務を抱え、財務報告はこの複合企業には明確な戦略がないことを示唆していました。(AOL_200628343)同時に、最近のゲーム・オブ・スローンズの続編にあたるハウス・オブ・ザ・ドラゴン(ANL-2878153)の強力なデビューは同社の良い「基盤」を思い起こさせてくれます。この最高のテーマから私たちが引き出す教訓は、投資家の多くはストリーミングプレイを選択したことです。David EinhornがWBDをGreenlight Capitalのポートフォリオに追加したのがかどうか、これは同社の第2四半期の3番目に大きい買いでした。またはデビッド・テッパーとDan LoebがDisneyの株式を買い足したかどうか、Loebがアクティビストのホルンをならし、どのようにして同社が改善できるかのいくつかのヒントを示したのか(ANL-2872735)。そのため、WBDの新しい出遅れ株であろうがDISでの定番であろうが、エネルギー以外の何かを求める投資家向けにはストリーミングプレイがあるのかもしれません。

    WBD fair value

    データ元:InvestingPro+

    ポートフォリオの基本を学びなおす

    以上は、現在の市場での主要投資家によるヒントです。すべての投資家は揺れの激しい2022年の環境に合わせる方法を見つけようとしています。これは出発点に過ぎません。それぞれのプロたちには上述の株式での投資に対してそれぞれの理由があるからです。

    みなさんは夏の休暇から戻り、学校の再開、仕事の再開にお忙しいことでしょう。これはポートフォリオに新鮮な発想をする良い出発点であると思います。もし、ヒントが浮かんでこなければ、InvestingPro+で学べる他の投資家もいます。

    Back to School

    Disclosure: I am long Berkshire Hathaway B shares.

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます