40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

米国株式市場=ほぼ横ばい、主要インフレ指標控え

発行済 2024-02-28 06:43
更新済 2024-02-28 07:18
© Reuters. 米国株式市場はインフレデータなど主要指標の発表を控え、ほぼ横ばいで取引を終えた。2月撮影(2024年 ロイター/Brendan McDermid)

Chuck Mikolajczak

[ニューヨーク 27日 ロイター] - 米国株式市場はインフレデータなど主要指標の発表を控え、ほぼ横ばいで取引を終えた。企業の決算シーズンが一段落する中、投資家は経済指標と米金利の行方に再び注目している。

株式市場はここ数週間で大きく上昇してきた。人工知能(AI)関連銘柄への買いを背景に、前週にはS&P総合500種とダウ工業株30種が最高値を更新し、ナスダック総合も最高値に迫った。

雇用統計の発表は来週になるため、29日発表の1月個人消費支出(PCE)価格指数が目先の焦点となる。PCEは米連邦準備理事会(FRB)が重視する物価指標だ。

PCEが直近の消費者物価指数(CPI)や卸売物価指数(PPI)と同様に強い内容となれば、FRBは市場が予想しているよりも長く金利を現在の水準に据え置かざるを得なくなる可能性がある。

FRBのボウマン理事は27日、インフレの上振れリスクを踏まえ、「将来において政策スタンスの変更を検討する際には慎重な姿勢を維持する」とし、利下げを急いでいない考えを示唆した。

ケース・キャピタル・アドバイザーズのマネジングパートナー、ケン・ポルカリ氏はやや買われ過ぎのようだと指摘。「市場は少なくとも、自分たちが望むものは手に入らないという事実に気づきつつある。PCEが予想と一致するか、予想よりも強い内容となれば、市場は急速に弱まるだろう」と語った。

CMEグループのフェドウオッチによると、市場が織り込む6月の25ベーシスポイント(bp)利下げ確率は59.1%と、利下げがほぼ確実視されていた1月末時点から低下している。

今週は国内総生産(GDP)統計、失業保険申請件数、製造業活動データなども発表される。

この日は、下落していたアップルが取引終盤にプラスに転じ、0.81%高で終了。市場全般を幾分下支えした。電気自動車(EV)開発事業を打ち切り、同事業の一部従業員をAI事業に異動させると報じられたことが材料視された。

一方、医療保険大手ユナイテッドヘルス・グループは終盤に下げ足を速め2.27%安となり、ダウを圧迫した。米司法省が同社に対する反トラスト法(独占禁止法)調査を開始したと米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。

製薬のバイキング・セラピューティクスは121.02%急伸。肥満治療薬の中期臨床試験で患者の体重が「大幅」に減少した。

同様の治療薬を開発中のアムジェンは2.75%下落した。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.45対1の比率で上回った。ナスダックでも1.6対1で値上がり銘柄が多かった。

米取引所の合算出来高は112億1000万株。直近20営業日の平均は117億1000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 38972.41 -96.82 -0.25 39087.90 39087.90 38881.90

前営業日終値 39069.23

ナスダック総合 16035.30 +59.05 +0.37 16013.98 16046.10 15940.51

前営業日終値 15976.25

S&P総合500種 5078.18 +8.65 +0.17 5074.60 5080.69 5057.29

前営業日終値 5069.53

ダウ輸送株20種 15796.88 -45.37 -0.29

ダウ公共株15種 842.36 +9.63 +1.16

フィラデルフィア半導体 4654.89 -8.57 -0.18

VIX指数 13.43 -0.31 -2.26

S&P一般消費財 1467.35 +2.76 +0.19

S&P素材 545.37 +1.91 +0.35

S&P工業 1016.07 +1.17 +0.12

S&P主要消費財 790.75 -0.13 -0.02

S&P金融 667.74 +1.77 +0.27

S&P不動産 240.27 +0.09 +0.04

S&Pエネルギー 651.63 -2.82 -0.43

S&Pヘルスケア 1707.44 -4.67 -0.27

S&P通信サービス 271.77 +2.76 +1.03

S&P情報技術 3725.61 +2.40 +0.06

S&P公益事業 312.64 +5.81 +1.89

© Reuters. 米国株式市場はインフレデータなど主要指標の発表を控え、ほぼ横ばいで取引を終えた。2月撮影(2024年 ロイター/Brendan McDermid)

NYSE出来高 9.58億株

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 39295 + 25 大阪比

シカゴ日経先物3月限 円建て 39290 + 20 大阪比

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます