40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

日経平均、ZOZO・ディスコなど採用 代金捻出の売り4300億円の試算

発行済 2024-03-04 17:09
更新済 2024-03-04 17:45
© Reuters.  3月4日、日本経済新聞社は日経平均銘柄の定期入れ替えに伴い、ZOZO、ディスコ、ソシオネクストを採用すると発表した。写真は東証、2020年10月撮影(2024年 ロイタ

Atsuko Aoyama Noriyuki Hirata

[東京 4日 ロイター] - 日本経済新聞社は4日、日経平均銘柄の定期入れ替えに伴い、ZOZO、ディスコ、ソシオネクストを採用すると発表した。宝ホールディングス、住友大阪セメント、大平洋金属は除外する。

4月1日の算出から入れ替える。4日の終値に基づくと、買い代金4772億円に対し、売り代金471億円となり、4301億円のアンバランスが生じる。買い代金捻出のため3月29日にかけて「日経平均構成銘柄に薄く広く売りが出ることが想定される」とフィリップ証券の増沢丈彦・株式部トレーディング・ヘッドは試算している。

© Reuters.  3月4日、日本経済新聞社は日経平均銘柄の定期入れ替えに伴い、ZOZO、ディスコ、ソシオネクストを採用すると発表した。写真は東証、2020年10月撮影(2024年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

市場では、採用候補としてロームやユニ・チャーム、良品計画、除外候補として日立造船などが浮上していたことから、期待に基づいて売買された分の「反対の売買があるかもしれない」(同)との見方もある。

日経によると、ディスコ(株価換算係数は0.2)とソシオネクスト(同1)は市場流動性の観点から、ZOZO(同1)はセクター間の銘柄過不足調整により採用する。宝ホールディングスなど3銘柄の除外は市場流動性の観点から決めた。

昨年秋、売買代金が相対的に少ないとの判断から分割採用されたニトリホールディングスは、株価換算係数を0.3から0.5に引き上げる。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます