40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

テスラの独工場が操業停止、付近で放火か 拡張に抗議の環境運動

発行済 2024-03-05 18:27
更新済 2024-03-06 03:45
© Reuters.  3月5日、米電気自動車(EV)大手テスラのドイツ工場が停電し、操業停止に追い込まれた。写真はグリュンハイデ工場の外観。2023年7月撮影(2024年 ロイター/Annegret Hilse

[ベルリン/フランクフルト 5日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラのドイツ工場が付近の送電鉄塔での火災により停電し、操業停止に追い込まれた。

操業停止となったのは首都ベルリン近郊にあるテスラのギガファクトリー。火災は環境活動家が放火したことが原因の可能性があるという。テスラの工場は火災に見舞われていないが、テスラは少なくとも来週初めまでは操業を停止すると発表した。今回の操業停止により、5億─10億ユーロの損失発生が見込まれるという。

テスラの広報担当は操業停止と従業員の避難を確認した。

この工場は、環境保護運動による抗議の焦点となっている。警察は放火の可能性で捜査している。

地元メディアは「ボルケーノ・グループ」と呼ばれる左派組織による犯行声明を報じた。声明でテスラへの攻撃を認めている。警察もこの声明を把握しており、真偽を確認しているという。

テスラの工場があるブランデンブルク州のヨルク・シュタインバッハ経済相は、今回の事件には「テロリストの痕跡」があり、数万人が被害を受けたと非難した。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は短文投稿サイトのX(旧ツイッター)で「彼らは地球上で最も愚かな環境テロリストであるか、適切な環境目標を持たない人々の操り人形であるかのどちらかだ」と非難。「化石燃料車ではなく電気自動車の生産を停止させるのは極めて愚か」とした。

周辺の住宅地への電力供給は復旧したが、物流センターなどの工業用地では回復していない。

© Reuters. 米電気自動車(EV)大手テスラのドイツ工場が停電し、操業停止に追い込まれた。写真はグリュンハイデ工場の外観。2023年7月撮影(2024年 ロイター/Annegret Hilse)

テスラは工場の拡張を計画しているが、環境破壊に対する懸念を背景に住民投票で否決された。同社は工場の年間生産能力の倍増を目指している。

同工場は年産50万台。テスラはこれを100万台とし、バッテリー生産能力も拡大を目指している。テスラ関係者は、今回の件が工場の生産能力拡大計画に影響するかについては言及しなかった。

環境活動家は、工場が拡張すれば伐採が予想される森に地帯にツリーハウスを建てるなどして反対運動を進めている。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます