🟢 市場は上昇しています。当社コミュニティの12万人を超えるメンバーは、すべてそれにどう対応すべきか知っています。
お客様もお分かりですよね。
40%割引で開始

米FAA、ボーイング機の安全性巡る内部告発を調査

発行済 2024-04-10 07:55
更新済 2024-04-10 12:09
© Reuters.   4月9日、米連邦航空局(FAA)は、航空機大手ボーイングの旅客機「787」と「777」の安全性に関する内部告発を調査している。サウスカロライナ州ノースチャールストンのボ
BA
-

David Shepardson Allison Lampert

[ワシントン 9日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は、航空機大手ボーイングの旅客機「787」と「777」の安全性に関する内部告発を調査している。報道官が9日、明らかにした。

内部告発者は両機の製造に携わっていたエンジニア。弁護士によると、構造的完全性に影響を及ぼすエンジニアリング上の問題を指摘した後、脅迫や会議からの排除などの報復に直面。ボーイングが787の組み立て作業のボトルネックを軽減するために手近な方法を取ったと主張している。

787は2021年に発覚した品質管理などの問題で22年8月まで1年余り出荷を停止し、FAAが調査を実施した経緯がある。

同エンジニアは記者との電話会見でまた、777の製造工程でも機体の一部にずれが生じる問題があったが、作業員が力で無理やり修正したと指摘した。

ボーイングは787ドリームライナーに全面的な自信を持っているとし、「この主張は不正確で、航空機の品質と長期的な安全性を確保するためにボーイングが行ってきた包括的な取り組みを示すものではない」と述べた。

© Reuters.   4月9日、米連邦航空局(FAA)は、航空機大手ボーイングの旅客機「787」と「777」の安全性に関する内部告発を調査している。サウスカロライナ州ノースチャールストンのボーイング工場で2023年5月代表撮影(2024年 ロイター)

FAAは「報復を恐れずに自発的に報告することは航空安全にとって極めて重要だ。航空業界の全ての人に情報共有を強く奨励する。われわれは全ての報告を徹底的に調査する」とした。

リチャード・ブルメンタール上院議員の事務所によると、この問題について同氏の調査小委員会が17日に公聴会を開く。

ボーイングは小委に対し、資料提供や証言を行うことを申し出たとロイターに説明した。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます