40%引きでご購読
🔥 当社AIが選択した株式戦略、テクノロジー大手、は5月までに+7.1%の上昇。株式がブームなうちに行動を起こしましょう。40%割引で開始

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反落、ファーストリテとソフトバンクGの2銘柄で約84円押し下げ

発行済 2024-04-15 16:09
更新済 2024-04-15 16:15
© Reuters.
7733
-
9503
-
9983
-
9984
-
6988
-
*16:09JST 日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反落、ファーストリテとソフトバンクGの2銘柄で約84円押し下げ 15日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり103銘柄、値下がり119銘柄、変わらず3銘柄となった。


先週末の米国市場は下落。
ダウ平均は475.84ドル安(-1.24%)の37983.24ドル、ナスダックは267.11ポイント安(-1.62%)の16175.09、S&P500は75.65ポイント安(-1.46%)の5123.41で取引を終了した。
さえない銀行決算や中東情勢の緊迫化を警戒した売りに寄り付き後、大幅下落。
米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ期待後退もさらなる売り圧力となり、終日軟調に推移した。
終盤にかけて、下げ幅を拡大し終了。
米国株の大幅安や、中東情勢の緊迫化などを受けて、東京株式市場は売り優勢で取引を開始。
日経平均は寄付き後に38820.95円まで下げ幅を拡大する場面も見られた。
ただ、為替が1ドル153円80銭台まで円安ドル高が進んだことから輸出関連銘柄がしっかり。
また、商社株や銀行株、電力株もしっかりだったことから、日経平均は下げ幅をじりじりと縮小し、39200円台まで値を戻し高値引けとなった。


大引けの日経平均は前営業日比290.75円安(-0.74%)の39232.80円となった。
東証プライム市場の売買高は16億886万株、売買代金は3兆9857億円。
セクター別では、医薬品、空運業、情報・通信業、その他製品、その他金融業などが下落した一方、電気・ガス業、海運業、非鉄金属、石油・石炭製品、ゴム製品などが上昇。
東証プライム市場の値上がり銘柄は41%、対して値下がり銘柄は55%となっている。


値下がり寄与トップはファーストリテ (TYO:9983)、同2位はソフトバンクG (TYO:9984)となり、2銘柄で日経平均を約84円押し下げた。
また、日経平均構成銘柄の下落率トップはアステラス製薬 (TYO:4503)で7.96%安、同2位は高島屋 (TYO:8233)で6.66%安だった。


一方、値上がり寄与トップは日東電工 (TYO:6988)、同2位はオリンパス (TYO:7733)となり、2銘柄で日経平均を約7円押し上げた。
また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは東京電力HD (TYO:9501)で5.83%高、同2位は関西電力 (TYO:9503)で4.25%高だった。



最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます