🔥 当社AIが選択した株式戦略、テクノロジー大手、は5月までに+7.1%の上昇。株式がブームなうちに行動を起こしましょう。40%割引で開始

日経平均1200円安、半導体生産の鈍化観測や中東情勢、米金利動向など受け下げ加速、今年最大の下げ幅

発行済 2024-04-19 11:09
更新済 2024-04-19 11:35
© Reuters.  日経平均1200円安、半導体生産の鈍化観測や中東情勢、米金利動向など受け下げ加速、今年最大の下げ幅
US500
-
JP225
-
IXIC
-
TSM
-
8035
-

[日本インタビュ新聞社] - ■影響度の大きい東京エレクは2600円安で日経平均を250円近く引っ張る

 4月19日の東京株式市場では、日経平均が時間とともに下げ幅を拡大する展開となり、午前10時40分過ぎに1228円69銭安(3万6851円01銭)まで下げ幅を広げている。日経平均の先物が先行安しているため、先物と現物株との間で行われる裁定取引が活発化して日経平均構成銘柄に幅広く売りが発生しているもようだ。

 NY株式市場で利下げ期待が一段と後退し、中東情勢もあり、NASDAQ総合指数とS&P500種指数は5日続落。ハイテク株の割合が多い指数と各産業のカバー範囲が広い指数の両方が下げ止まらなかったことや、18日に四半期決算を発表したTSMC(湾積体電路製造)が世界の半導体産業の生産見通しを引き下げたと伝えられたことなどが影響。日経平均に影響度の大きい東京エレクトロン<8035>(東証プライム)は午前10時過ぎの2900円安(8%安)で日経平均を260円前後引き下げる試算となっている。アドバンテスト<6857>(東証プライム)や信越化学工業<4063>(東証プライム)も各々50円から60円ほど日経平均を引っ張っている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます