🟢 市場は上昇しています。当社コミュニティの12万人を超えるメンバーは、すべてそれにどう対応すべきか知っています。
お客様もお分かりですよね。
50%割引で開始

英BP、石油・ガスの生産量削減目標にCEOが柔軟姿勢

発行済 2024-05-09 12:05
更新済 2024-05-09 12:09
© Reuters.  5月8日、英石油大手BPのマレー・オーキンクロス最高経営責任者(CEO)は、ロイターに対し、同社が再生可能エネルギー・低炭素エネルギーへの移行戦略として打ち出している長
BP
-
BP
-

Ron Bousso

[ロンドン 8日 ロイター] - 英石油大手BPのマレー・オーキンクロス最高経営責任者(CEO)は8日、ロイターに対し、同社が再生可能エネルギー・低炭素エネルギーへの移行戦略として打ち出している長期的な石油・ガスの生産量削減目標に対し、柔軟に取り組む姿勢を示した。

同社のエネルギー移行戦略や同業他社と比べた株価の低迷を巡る投資家の不安を和らげる狙いがあるとみられる。

BPは昨年、2030年の石油・ガス生産量を石油換算で19年より約25%少ない日量200万バレルに減らすと発表。削減率は20年に発表した当初目標から下方修正した。

© Reuters.  5月8日、英石油大手BPのマレー・オーキンクロス最高経営責任者(CEO)は、ロイターに対し、同社が再生可能エネルギー・低炭素エネルギーへの移行戦略として打ち出している長期的な石油・ガスの生産量削減目標に対し、柔軟に取り組む姿勢を示した。写真は同社のロゴ。カナダのバンクーバーで昨年7月撮影(2024 ロイター/Chris Helgren)

オーキンクロス氏は、30年の削減率は目標を超える可能性がある一方、目標に達しない可能性もあると指摘。「200万(石油換算バレル)は現時点で目指す妥当な数字だ。上振れする可能性があるかと言えばあるし、下振れする可能性もあるかと言えばある」と語った。

さらに同氏は、BPには世界各地で進めるかどうかを向こう数年以内に決定しなければならない30余りのプロジェクトがあると説明した。

その上で「これらのプロジェクトの是非を、リターンを根拠とする手法に基づき決定することが、30年時点の生産を巡る当社の考え方を伝えるのに役立つだろう。ただ私は生産量ではなく、リターンとキャッシュフローを重視する」と述べた。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます