最新ニュース
0

なぜ多く東アジアに仮想通貨取引所が集中するのだろうか?

提供 Investing.com (Tanzeel Akhtar/Investing.com)仮想通貨2018年09月14日 18:50
jp.investing.com/analysis/article-200196110
なぜ多く東アジアに仮想通貨取引所が集中するのだろうか?
提供 Investing.com (Tanzeel Akhtar/Investing.com)   |  2018年09月14日 18:50
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

ビットコインイーサリアムXRPなどの仮想通貨が投資対象資産としての市民権を獲得するに連れて、仮想通貨を扱う取引所の数も増えている。

取引所に関し、私たちが目にしている顕著な傾向の1つとして東アジアに拠点を置く仮想通貨取引所が増加していることが挙げられる。

この理由について、機関投資家を対象とした仮想通貨取引プラットフォームのLXDXのCEOであるJoshua Greenwald氏は、東アジア地域の法定通貨の多様性が高まっている事を挙げている。

「ヨーロッパや米国では単一通貨文化が根強いが、東アジアでは通貨の多様性に対する認識や需要が高まっている。一般ユーザー、機関投資家、リテール投資家は通貨の取引に慣れており、法定通貨は送金料金や換金料金のが高いので、特に仮想通貨は魅力的なのだろう」

東アジアにおける仮想通貨取引所の急増の背景にあるのは何か?NEO Global Capitalの創立パートナーであるTony Guは次のように述べている。

「近年、アジアは様々なTMTセクター(テクノロジー・メディア・テレコム)におけるイノベーションの中心拠点となっています。仮想通貨取引所はこれの1つの側面にすぎません。若年層の人口や、急速に変化する経済環境、急速に成長する技術開発、増大する社会的緊張、そして成熟していない規制制度など、アジアの発展にはこれらの要因が関係していると思います。」

また、Gu氏は整備されていない規制制度に関しても東アジアで仮想通貨の発展に関係があるという。

「アジアと米国の規制制度を比べると、いくつか大きな違いがある。アジアの規制は、文化的な規制と政治的な規制に分けられているという特徴がある。規制は市場が小さく、アマチュア投資家が多い中で発展していない。これらの要因によって地域間でアービトラージが可能であり、すぐにこのようなビジネスが成立するが、規制されてる訳ではなく違法ではないグレーゾーンである」

5つの東アジアの仮想通貨取引所:取引費用・手数料

注:下記の情報は調査目的のみで取得したデータです。これは投資を推薦・勧誘するものではありません。金融商品への投資は、ご自身の判断で行ってください。

1. Huibi(フォビ)

Huobi(フォビ)は、シンガポールを拠点とする仮想通貨取引所である。Leon Liが創立したこの取引所は、香港、韓国、日本、米国にオフィスを構えており、2018年8月には香港証券取引所に上場している桐成控股の株式の過半数を取得し裏から上場を果たしている

  • 手数料:0%~0.2%

  • 1000ドル分のビットコインの通常取引コスト:2ドル

2. Binance (バイナンス)

Binance(バイナンス)はアジアで複数の拠点を持つ取引所だ。2017年にChangpeng Zhao(趙長鵬)とYi Heinによって設立された。バイナンスは世界でもトップクラスの取引高を誇る仮想通貨取引所で、マルタに機能を移転するなどグローバルな展開を進めている。

  • 手数料:0.02%〜0.2%
  • 1000ドル分のビットコインの通常取引コスト:2ドル

3. BitMEX(ビットメックス)

BitMEX(ビットメックス)は香港を拠点としている仮想通貨取引所である。主にビットコインFX、アルトコインFXのようなレバレッジの高い取引をサポートしており、次世代の仮想通貨取引プラットフォームとしての地位を確立している。

  • 手数料:0.05%〜0.25%
  • 1000ドル分のビットコインの通常取引コスト:$ 0.75(レバレッジなし)

4. Bitfinex(ビットフィネックス)

Bitfinex(ビットフィネックス)もまた香港を拠点とした仮想通貨取引所。創業者はRaphael Nicolle氏とGiancarlo Devasini氏。この取引所は英領バージン諸島に登録されているiFinex Inc.が所有し運営しており、本社は香港にある。メディアの報道によると、2017年後半のビットコインの上昇の半分はBitfinexでの価格操作が疑われている。

  • 料金:0%~0.2%
  • 1000ドル分のビットコインの取引コスト:$ 2

5. Bibox(ビーボックス)

Bibox(ビーボックス)は中国に拠点を置くAI関連の仮想通貨を扱う取引所。経営陣には、OKCoinの共同設立者とHuobi.comのコア創業メンバーが在籍している

  • 手数料:0.1%
  • 1000ドル分のビットコイン取引コスト:$ 1

取引所のハッキング

多くの仮想通貨専門家は取引所のセキュリティは向上していると言うが、最新の大規模ハッキング事件のアジアで発生していることを言及するべきだろう。ハッカーによって数百万ドルが盗まれるよう事件が引き続きニュースを賑わせている。

7月に韓国の取引所Conrailにて取引所に預けられている30%にあたる NPXSDENTTronなどのトークン約4,000万ドル分がハッキングされた。また前月にはもう1つの韓国の取引所Bithumb(ビッサム)もハッキングされ約3,100万ドルの損失があったばかりである。Bithumbで盗まれた仮想通貨にはビットコイン、イーサリアム、 ビットコインキャッシュが含まれている。

もちろん、リスクを最小限に抑えるための取引所を精査する方法はある。しかし、ハッキングによる取引所リスクは消えるものではない。

仮想通貨の専門家はセキュリティーは改善されたと言うが、NEO Global CapitalのGu氏は、Certik社のようなスマートコントラクトによる監査や、ホット/コールドウォレット、プライベートキーの管理や不測の事態に備えた資金管理といった内部リスク管理などの強化が重要であると指摘している。

なぜ多く東アジアに仮想通貨取引所が集中するのだろうか?
 

関連記事

なぜ多く東アジアに仮想通貨取引所が集中するのだろうか?

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する