最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

株式投資ウィークリー 今週はさすがに動くのだろうか!?

執筆: Pyxis JeanPierreETF2020年12月27日 20:19
jp.investing.com/analysis/article-200200556
株式投資ウィークリー 今週はさすがに動くのだろうか!?
執筆: Pyxis JeanPierre   |  2020年12月27日 20:19
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 


☆ 株式相場展望 -週報- ☆  2020/12/27(日)
 
YouTubeチャンネル登録お願いします!!
→ https://www.youtube.com/c/JeanPierrePyxis
 
☆ 来週の相場見通し
 
☆ 米国市場
 
 先週の米国市場は新型コロナウイルスの感染拡大が続く中でもナスダック指数が高値更新となるなど堅調な地合いが続いた。経済対策が決定したということや英国とEU(欧州連合)との貿易交渉も合意したこともあり、買戻しを急ぐ動きとなり、クリスマス休暇前の手仕舞いの買戻しもあって総じて堅調となった。特に目新しい材料があったということでもないのだが、雇用指標の悪化や消費悪化などの悪材料も特に見られず、金余り相場で値持ちの良いことも買戻しを急がせたものと思う。ただ、一方で、新型コロナウイルスの感染拡大はいっこうに収まらず手仕舞い売りもあって堅調ながらも上値の重い展開となった。
 
 今週はクリスマス休暇明けで新年相場に期待する向きもありそうだが、逆に新年相場への懸念や景気回復の遅れなども気になるところであり、冴えない展開となるだろう。積極的に買い上がる材料は相変わらず乏しく、買戻し一巡となったものから売られるということになりそうだ。買われすぎているハイテク銘柄なども買戻し一巡感から売られることになるのだろうし、新型コロナウイルスの感染拡大を嫌気する動きも出て来るだろう。
 
 今週は火曜日にS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数が発表され、水曜日はシカゴ購買部協会景気指数やNAR仮契約住宅販売指数が発表される。木曜日は新規失業保険申請件数が発表され、金曜日は新年の祝日で休場となる。
 
☆ 日本市場
 
 先週の日本市場は新型コロナウイルスの感染拡大を嫌気する動きでいったん大きく売られたものの、その後は買戻しが入り総じて堅調となった。ただ、指数だけ堅調という状況で、日替わり的に指数を押し上げる動きで下げ渋り、堅調となった感じだ。新型コロナウイルスの感染拡大は止まらないが特に警戒する売りが出るということでもなく、積極的な売り買いに乏しいなかで指数だけが堅調だった。
 
 今週は年末ということでの手仕舞い売りが嵩むのではないかと思う。新型コロナウイルスの感染拡大はいっこうに終息の気配を見せず、感染拡大が続いているので年末・年始の休暇などでの経済への影響も取りざたされそうだ。新生活様式に切り替わるとしても、足元の旅行需要などの消費関連の落ち込みは避けられないだろう。
 
 新型コロナウイルスの感染拡大が続いている割には株価は、特に指数の値持ちは良いがさすがにここまでくると影響を懸念する動きも出て来るだろう。新生活様式に代わるので特に影響はないとか、もともと年末・年始の休暇で会社などが休業するので問題はないという楽観的な見方もあるのかもしれないが、消費の落ち込みから設備投資の縮小、オフィス需要の減退、テレワーク関連の投資の一巡などが見られると経済への影響は小さくないと思う。新型コロナウイルスの影響は楽観視しない方がいいと思うし、買われすぎ銘柄を中心に調整は見られると思う。
 
 今週は月曜日は鉱工業生産指数が発表され、水曜日は自動車輸出台数や生産台数が発表される。29日(火曜日)から仕事納めとなり、株式市場も木曜日から休場となる。
 
☆ 一目均衡表 テクニカル分析
 
・NYダウ
 高値圏での保ち合いが続いているが、上値も重くなっている。再度25日移動平均線を割り込むようであれば、今度は調整も大きいだろう。目先的な過熱感もあり、冴えない展開となると思う。
 予想レンジ  29,000ドル~30,300ドル
 → http://s-pyxis.com/weekly/ny.png
 
・ナスダック指数
 引き続き高値更新となり、強含みに推移しているが、RSIやストキャスティックスも高値圏にあり、まずは25日移動平均線のサポートを確認するような調整は見られるだろう。
 予想レンジ  12,400pt~12,900pt
 → http://s-pyxis.com/weekly/nas.png
 
・日経平均
 25日移動平均線にサポートされて堅調な地合いだが、上値も重く再度25日移動平均線を試すことになるのだろう。
 予想レンジ  26,000円~26,800円
 → http://s-pyxis.com/weekly/nk.png
 
・日経ジャスダック平均
25日移動平均線を割り込んで基準線にサポートされ反発となったが、戻りも鈍く、再度25日移動平均線を割り込んで75日移動平均線まで調整となると思う。
 予想レンジ  3,620円~3,700円
 → http://s-pyxis.com/weekly/jas.png
 
・ドル円
 安値圏での保ち合いとなっている。当面25日移動平均線や基準線に上値を押さえられながら下値を試すことになるのだろう。
 予想レンジ  102.8円~104.0円
 → http://s-pyxis.com/weekly/dy.png
 

ナスダック指数
ナスダック指数

株式投資ウィークリー 今週はさすがに動くのだろうか!?
 

関連記事

大川 正吾
投資信託の基礎 特徴や種類、必要な諸費用等 執筆: 大川 正吾 - 2014年07月28日

 皆さん、こんにちは。 今日は「投資信託の基礎」というテーマで述べたいと思います。皆さんの会社では、確定拠出年金(DC)は導入されていますか? 確定拠出年金の場合、運営管理機関から...

株式投資ウィークリー 今週はさすがに動くのだろうか!?

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する