最新ニュース
40%引きでご購読 0
🔎 ご覧くださいNVDA ProTipsで簡単にリスクまたは損益を 40%割引で開始

 利上げが迫る中、銀行・金融株の強さから利益を得るための2つのETF

執筆: Investing.com (Tezcan Gecgil/Investing.com )ETF2022年02月15日 23:51
jp.investing.com/analysis/article-200203455
 利上げが迫る中、銀行・金融株の強さから利益を得るための2つのETF
執筆: Investing.com (Tezcan Gecgil/Investing.com )   |  2022年02月15日 23:51
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
 
NDX
+0.21%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
US500
+0.17%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
C
+0.60%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
BAC
+1.96%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
JPM
+0.04%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
RF
+1.92%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 

市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)が近く緊急利上げを発表するのではないかと議論されている。労働省が発表した最近の消費者物価指数によると、インフレは7.5%で、過去40年間で最も高い水準となっている。その結果、セントルイス連邦準備銀行のBullard総裁は声明でlタカ派的な見解を示し、投資家を不安にさせている。

一方、世界的な地政学的リスクも、市場が直面する不確実性に拍車をかけている。年初来では、S&P 500と{NASDAQ 100の指数がそれぞれ8.1%、13.4%下落している。このように、グロース株を中心に多くの株式が下押し圧力を受けている。

しかし1月にいち早く業績発表した銀行株や金融株は、2022年に入ってからこれまでのところ、より良いパフォーマンスを示している。例えば、Dow Jones U.S. Banks Indexは、年初来(YTD)で5.5%上昇している。一方、Dow Jones U.S. Financials Indexは1.1%の下落に留まっている。

この記事では、高止まりするインフレ状況の中で安定した金融商品を求める投資家のために、2つの上場投資信託(ETF)を紹介する。ほとんどの銀行は配当を出しているため、パッシブ・インカムを求める人は、市場が悪化しても保有し続ける傾向がある。これらの銘柄は、金利の上昇が金融株の利益率の向上につながるため、FRBの動きからも恩恵を受ける可能性があるだろう。

また、最近長期投資家に魅力的な3つの金融ETFを取り上げた(こちらこちら)の記事も参照されたい。この記事にて紹介するETFはこれらの議論に続くものだ。

1. Fidelity MSCI Financials Index ETF

  • 現在の価格:56.23ドル

  • 52週のレンジ:45.65ドル~59.39ドル

  • 配当利回り:1.74%

  • 経費率:年率0.08%

Fidelity MSCI Financials Index ETF (NYSE:FNCL)は、米国の幅広い金融株にアクセスできる。当ETFは2013年10月に取引を開始した。

FNCL Weekly Chart
FNCL Weekly Chart

394の保有銘柄を持つこのETFは、MSCI USA IMI Financials Indexに連動するように設計されている。組入上位10銘柄で純資産19億ドルの約40%を占めている。

銀行が 37.87%で最も高い割合を占めている。次いで、キャピタル・マーケット(26.73%)、保険(17.94%)、複合金融サービス(8.70%)、消費者金融(5.76%)、貯蓄・住宅ローン金融(1.04%)の順となっている。

JPMorgan Chase (NYSE:JPM)、Berkshire Hathaway (NYSE:BRKa)、Bank of America (NYSE:BAC)、Wells Fargo (NYSE:WFC)、Morgan Stanley (NYSE:MS)、Citigroup (NYSE:C)などが代表的な保有銘柄として挙げられる。

過去12ヶ月間で、当ETFは21.9%上昇している。1月初旬には史上最高値(ATH)を記録した。しかし、その史上最高値以降、ETF内の多くの銘柄が、特に決算後に売り圧力を受けたため、4.6%下落した。

しかし、2022年には1.1%上昇している。実績株価収益率(PER)は11.42倍、株価純資産倍率(PBR)は1.63倍となっている。これらの大手金融機関の収益が今後数ヶ月間、ほぼ持続すると予想する読者は、今すぐ投資を検討してみてはいかがだろうか。

2. First Trust NASDAQ Bank ETF 

  • 現在の価格:35.25ドル

  • 52週間のレンジ:28.43ドル~37.20ドル

  • 配当利回り:1.53%

  • 経費率:年率0.60%

First Trust NASDAQ Bank ETF (NASDAQ:FTXO)は、NASDAQ US Smart Banks Indexに連動するように設計されている。ファンド・マネージャーは、株式を選択する際に、「ボラティリティ」(過去12ヶ月間の価格変動)、「バリュー」(価格に対するキャッシュ・フローで示される)、「グロース」(過去1年間の四半期平均の価格上昇)といった3つの主な要因に注意を払っている。

FTXO Weekly Chart
FTXO Weekly Chart

当ETFには現在28の保有銘柄があり、組入上位10銘柄で3億7350万ドルの純資産の60%以上を占めている。このETFは2016年9月に取引を開始した。

米国やプエルトリコ、カリブ諸国で事業を展開しているPopular (NASDAQ:BPOP)、ロードアイランド州プロビデンスを拠点とするCitizens Financial (NYSE:CFG)、アラバマ州に本社を置く同じく地方銀行のRegions Financial (NYSE:RF)、Citigroup、 JPMorgan Chase、Wells Fargo などが代表的な銘柄としてポートフォリオに含まれている。

当ETFの過去12ヶ月間のリターンは21.2%で、FNCLと同様に1月上旬には過去最高値を記録した。今年に入ってからは、7.1%の上昇となっている。

株価収益率(PER)は9.83倍、株価純資産倍率(PBR)は1.32倍となっている。別の言い方をすれば、過去1年間に大きなリターンがあったにもかかわらず、バリュエーションは割高水準にはないということになる。

中小規模の銀行へのエクスポージャーを得たい投資家は、このETFをさらに研究する必要がある。これらの銀行の多くは、今後の四半期で資産を増やすことができると考えている。

 利上げが迫る中、銀行・金融株の強さから利益を得るための2つのETF
 

関連記事

大川 正吾
投資信託の基礎 特徴や種類、必要な諸費用等 執筆: 大川 正吾 - 2014年07月28日

 皆さん、こんにちは。 今日は「投資信託の基礎」というテーマで述べたいと思います。皆さんの会社では、確定拠出年金(DC)は導入されていますか? 確定拠出年金の場合、運営管理機関から...

 利上げが迫る中、銀行・金融株の強さから利益を得るための2つのETF

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleアカウントを使用シヨウ
または
メールで登録する