最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

Moderna: 各国政府がコロナ規制解除に向けて動き出した今、この株はまだ買いか?

執筆: Investing.com (ハリス アンワル/Investing.com)株式市場2022年02月24日 12:07
jp.investing.com/analysis/article-200203498
Moderna: 各国政府がコロナ規制解除に向けて動き出した今、この株はまだ買いか?
執筆: Investing.com (ハリス アンワル/Investing.com)   |  2022年02月24日 12:07
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

パンデミック時代の銘柄の中で、Moderna (NASDAQ:MRNA)は間違いなく最も驚異的な銘柄の一つかもしれない。2020年以降、このコロナワクチン製造会社は680%の上昇を記録し、競合他社を大幅に凌駕した印象的な株価の上昇となった。

しかし、2022年に入ってからは、グロース株の大暴落や、各国政府がパンデミック規制の撤廃に動くかもしれないという兆しの中で、同社の株価は42%以上も暴落している。火曜日のModernaの終値は144.97ドルだった。

Moderna週次チャート
Moderna週次チャート

週初に英国は欧米の主要政府としては初めてパンデミック規制を終了する計画を発表した。コロナウイルス感染者は木曜日から自己隔離する必要がなくなり、無料検査へのアクセスは4月1日に終了する。これらの変更は、議会での投票を経て決定されることになる。

このように、多くの国がコロナ禍への対応策を迅速に変更する中で、同社が今後どれだけの成長を期待できるかは不明である。

さらに、Moderna社は第3四半期にアナリストの予想を下回り、決算発表では49.7億ドルの売上を発表した。同社は、2月24日(木)の市場取引開始前に2021年第4四半期の業績を発表する。今回は売上高65億7,000万ドル、1株当たり9.62ドルの利益を計上すると予想されている。

Moderna社のCEOであるStéphane Bancel氏は先週、CNBCの取材に対して、パンデミックの最終段階に近づいているかもしれないと考えるのは「妥当」であると述べた。同氏は、SARS-CoV-2ウイルスが進化するにつれ、世界ではより毒性の低いウイルスが出現する可能性が80%あると付け加えた。

今月初め、広く使用されているコロナウイルス・ワクチンを開発したPfizer (NYSE:PFE)も、製薬会社大手の売上見通しに注意を促す内容となった。同社は、発表した決算の中で、今年の事業見通しにおいては潜在的なアップサイドは限定的であり、その他のコロナワクチンが新たに入手可能となり、ほとんどの人が投与を受けていなかった2021年よりも低いものになるだろうとと報告した。

短期的な期待感には注意

長期投資家にとって重要な検討事項が1つある。長期投資家にとって重要なことは、この時点でModernaの株を買うべきかどうかということだ。

この質問への答えは、世界的な健康危機がどのように推移するか、また、ワクチンにとどまらず、コロナ・ワクチンのベースとなっているmRNA技術を他の疾患の治療法として最大限に活用することができるかどうかにかかっている。

コロナウイルスのパンデミック以外にも、RSV(呼吸器合胞体ウイルス)やCMV(サイト・メガロ・ウイルス)などの他の呼吸器系感染症、さらにはがんや炎症性疾患などの治療にも、Moderna社の技術が貢献できると考えられている。

他のブレークスルーに期待しても、コロナワクチンが2020年後半に市場に投入された際の緊急承認のように、投資家に急激な利益をもたらさないかもしれない。Modernaの実験的な予防接種は、サイト・メガロ・ウイルスの予防接種を除き、ほとんどが初期段階のヒト臨床試験に留まっている。これが成功すれば、数十億ドル規模の製品になる可能性がある。

とはいえ、一部のアナリストは、Moderna社の株式は大幅に引き下げられた後、特に投機的な関心がかなり薄れた後、長期的な投資家にとって魅力的になったと考えている。

Modernaは、Goldman Sachsが最近、堅実なバランス・シート、高い利益率、時価総額、平均以上のフリー・キャッシュ・フロー利回りなど、「質」の高い指標を持つ銘柄のリストで取り上げた10銘柄のうちの1つになる。Modernaは、ゴールドマンの優良株リストの中で、フリー・キャッシュ・フロー利回りが20%と最も高く、利益率も56%と最も高かった。

さらに、Investing.comの19人のアナリストによる投票では、株価のアップサイドは84.18%と指摘されている。

Modernaコンセンサス予想
Modernaコンセンサス予想

出所:Investing.com

結論

ワクチンへの関心が薄れ、多くの個人投資家がModernaから手を引いたことで、コロナウイルス以外の治療法候補のパイプラインのリスク・リターン比が改善され、Modernaのバリュエーションはより魅力的になった。この調整により、Modernaは長期投資家にとって昨年よりも良い投資になったと考えている。

Moderna: 各国政府がコロナ規制解除に向けて動き出した今、この株はまだ買いか?
 

関連記事

Yosuke Shimizu
先物・オプション戦略週報 執筆: Yosuke Shimizu - 2021年06月21日

先物・オプション戦略週報☆ 日本株式市場 先週の日本市場は買われすぎ銘柄の修正安一服や景気敏感株が買われて上値を試す動きも見られたのだが、週末にかけては手仕舞い売りに押され冴えない...

Moderna: 各国政府がコロナ規制解除に向けて動き出した今、この株はまだ買いか?

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する