最新ニュース
閉じる
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 今すぐアップグレード

今週の見通し:欧州の危機が市場を圧迫、株式市場は下落、金は上昇へ

執筆: Investing.com (ピンカス コーエン/Investing.com)マーケット・オーバービュー2022年02月27日 23:52
jp.investing.com/analysis/article-200203520
今週の見通し:欧州の危機が市場を圧迫、株式市場は下落、金は上昇へ
執筆: Investing.com (ピンカス コーエン/Investing.com)   |  2022年02月27日 23:52
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
  • 地政学的リスクは引き続き市場の重荷として意識

  • 小売セクターの企業の決算発表

  • パウエル議長の議会証言、雇用統計が先行きに対する材料を提供

ロシアのウクライナ侵攻により、3月中旬に予定されている米連邦準備制度理事会(FRB)のFOMC会合では金融引き締めペースが鈍化するとの見方から、先週の取引終盤のように投資家は押し目買いを買い続けるのだろうか?プーチン大統領が早期に軍を撤退させない限り(現時点では疑わしい)、市場のリスク・オン志向はそう長くは続かないと思われる。

そのため、リスク・オフの心理が働き、ボラティリティが上昇し、株価が下落することが予想される。

S&P500が木曜日の安値から金曜日の終値までで6%以上上昇し、先週の取引を終えたが、この2日間の市場の動きは、従来の買い場ではなかった。1月3日に記録した12%の調整局面からの反発であり、自由に売買される資産の需要と供給のサイクルから、確かに買い場であったようにはみえる。しかし、テクニカル・チャートは、ベンチマークが実際にどこに向かっているのか、さらなる洞察を与えてくれる。

SPX日次チャート
SPX日次チャート

ブロード・マーケット・ゲージは、最近、下落チャネルの底を飛び越えた。200日移動平均(DMA)、50DMAを割り込み、100DMAも割り込んだ今、下降トレンドの境界線の頂点に近づき、S&P 500がH&Sトップを完成させる可能性が高まってきた。

賢明な投資家は、セクターの分解に注目する。S&P 500の全11セクターが先週金曜日に上昇して終わる中、テクノロジー通信サービスはそれぞれ1.36%と1.62%上昇に留まり、出遅れセクターとなった。

伝統的なディフェンシブ・セクターである生活必需品公益、そして景気循環セクターの素材はいずれも3%以上上昇した。残りの景気敏感セクターである産業エネルギーは、いずれも2%台前半で終了している。ヘルスケアも同様で、一部のアナリストによれば、コロナ禍の発生以来、「ディフェンシブ・グロース」セクターへと変貌を遂げた。

つまり、今後はディフェンシブ・セクターや景気循環セクターがより投資妙味を高め、アウトパフォームする可能性が高いといえる。ヘルスケア株は、伝統的なグロース株、すなわちテクノロジー株よりも良いリターンを収める可能性がある唯一のグロース株セクターである。

従って、株式市場では上記のような分布が予想される。しかし、S&P 500は年初来8%下落し、株価の3分の1を失った2020年3月のコロナ禍の最悪期にみられた暴落以来の急落を記録していることから、波乱も予想される。

しかし、FRBが東欧危機を理由に利上げを様子見する可能性を示唆すれば、雑音に目をつぶろうとする投資家に長期ポジションを取る理由を提供する可能性がある。投資家は木曜日のパウエル議長の議会証言を注視しており、金融政策に対する地政学的リスクへの配慮を示唆する文言を探ろうとするだろう。

もちろん、現在の対立が激化したり、国境を越えるようなことがあれば、万事休すである。

しかし、終末論のようなシナリオがなければ今週市場を動かす最も重要なイベントは金曜日の雇用統計の発表になるかもしれない。3月15日~16日の金融政策決定会合を前に、FRBにとって最後の有意義なデータが含まれることになる。

このほか、株価への不安を募らせる投資家にとって、今週はSalesforce.com (NYSE:CRM)やZoom Video (NASDAQ:ZM)などのハイテク企業の決算発表が目白押しだ。またTarget (NYSE:TGT)、Best Buy (NYSE:BBY)、Costco Wholesale (NASDAQ:COST)といった小売業者も来週に決算発表を予定しているため、株価への不安を募らせる投資家は、これらの決算内容に注目することになるだろう。

米国10年債利回りを含む国債利回りは、金利の方向性を示す先行指標となる。実際、今週はさらなる手がかりが得られると思われる。

米国10年債利回り日次チャート
米国10年債利回り日次チャート

米国債利回りは、最初の急上昇の後、強気で、潜在的な下落フラッグの頂上で引けた。このまま上抜けすれば、ペナントとシンメトリカル・トライアングルを経て、利回りの上昇トレンドが再開されることが確認されるだろう。

金利上昇により株価が割高になるため、利回りの上昇が株式市場の重荷になる可能性がある。また、債券の利回りが高まれば、投資家の資金が株式市場から流れる可能性もある。

先週、ロシアがウクライナに侵攻した後、米ドルは急騰したが、金曜日の取引では少し低く落ち着いた。

米ドル日次チャート
米ドル日次チャート

米ドルはダイアモンドの頂点でレジスタンスを受け、これは米ドルのトップにもなると予想される。しかし先週木曜日の上昇ブレイクアウトを繰り返し、このパターンの上で耐えることができれば、弱気トレンドが反転する。下降ブレイクアウトしたら米ドルはトップアウトするだろう。

は先週金曜日に低迷したが、今週は引き続き上昇すると予想している。

金日次チャート
金日次チャート

金は買われすぎている。投資家が利益を得れば、金の2020年8月の過去最高値の直後に始まったシンメトリカル・トライアングルがサポートに転じるだろう。

ビットコインは上昇し、記事執筆時点で39000ドル前後で取引されている。

BTC/USD 日次チャート
BTC/USD 日次チャート

しかし、H&Sトップを完成させた後は、30000ドルに向かって反落が続くと予想する。

原油は、サウジアラビアに次ぐ世界第2位の輸出国であるロシアへの制裁により、供給が減少すると市場では予想されているため、非常に不安定な週となった。もちろん、ロシアが欧州に石油や天然ガスを送らなくなることで罰を与えるかもしれないが、今はそこまで考えるのは時期尚早だ。

一方、米国のイランとの核交渉により、中東のイランから世界市場への輸出が再開される可能性もある。

原油価格日次チャート
原油価格日次チャート

原油価格はペナントを大きく飛び越えた後、ペナントの中で引けた。終値ベースでの上方ブレイクは、買い手が利用可能なすべての供給を吸収し、より多くのものを探していることを示す。

今週の予定

時間はすべて米国東部時間表記

日曜日

19:30:豪州 – 小売売上高:前月比-4.4%から0.4%への上昇を予想

月曜日

20:30:中国 – 製造業PMI:50.1から49.9への低下を予想

20:45:中国 – Caixin 製造業PMI:49.1から49.5への上昇を予想

22:30:豪州 – RBA政策金利発表

火曜日

3:55:ドイツ – 製造業PMI:58.5での横ばいを予想

4:30:英国 – 製造業 PMI: 57.3での横ばいを予想

8:30:カナダ – GDP: 0.6%から0.1%への低下を予想

10:00:米国 – ISM製造業PMI:57.6から58.3への上昇を予想

時間未定 バイデン大統領の声明

19:30:豪州 – GDP:前四半期比-1.9%から-2.7%への低下を予想

水曜日

5:00:ユーロ圏 – CPI:5.1%から5.3%への上昇を予想

8:15:米国 – ADP米国非農業部門雇用者数の変化:-301千件から350千件への上昇を予想

10:00:カナダ – BoC政策金利発表:0.25%から0.5%への上昇を予想

10:30:米国 – 原油在庫:前回は4.515百万バレル

木曜日

4:30:英国 – サービス業PMI:60.8での横ばいを予想

7:30:ユーロ圏 – ECB、金融政策決定会合の内容を公表

8:30:米国 – 新規失業保険申請件数:232千件から226千件への低下を予想

10:00:米国 – FRBのパウエル議長による議会証言

10:00:米国 – ISM非製造業PMI:59.9から61.0への上昇を予想

金曜日

4:30:英国 – 建設業PMI:56.3から54.3への低下を予想

8:30:米国 – 雇用統計:467千件から450千件への低下を予想

8:30:米国 – 失業率:4.0%から3.9%への低下を予想

今週の見通し:欧州の危機が市場を圧迫、株式市場は下落、金は上昇へ
 

関連記事

杉田 勝
中国株が暴騰!どうして? 執筆: 杉田 勝 - 2020年07月06日 3

金曜日は雇用統計を受けて東京は0.6~7%の上昇、上海や深セン株、さらに香港株まで急騰 して週を終えました。欧州は1%前後下がって引けています。 上海/深セン株は先週だけで10%以...

今週の見通し:欧州の危機が市場を圧迫、株式市場は下落、金は上昇へ

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Investing.comのアプリ
ダウンロードするApp store
Investing.com
© 2007-2022 Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
  • 無料で登録して手に入れよう:
  • リアルタイムアラート
  • 上級ポートフォリオの機能
  • チャートも自由自在
  • 完全に同期化したアプリ
Googleから登録する
または
メールで登録する