🟢 市場は上昇しています。当社コミュニティの12万人を超えるメンバーは、すべてそれにどう対応すべきか知っています。
お客様もお分かりですよね。
40%割引で開始

SNAPの決算後の急落に伴い、2つのソーシャル・メディアETFを押し目買いの好機

発行済 2022-05-31 20:04
NDX
-
GOOGL
-
BIDU
-
NTES
-
ATVI
-
EA
-
TTWO
-
META
-
035420
-
TWTR
-
SOCL
-
GOOG
-
TCEHY
-
3659
-
SNAP
-
UBER
-
LYFT
-
PINS
-
OND
-

先週Snap (NYSE:SNAP) のCEOであるEvan Spiegel氏が第2四半期の収益と利益の伸びが、4月21日に先に発表したガイダンスを下回ると警告すると、株価は劇的に下落した。5月23日(月)、SNAPの株価は22.47ドルで取引を終えたが、翌朝には14.49ドルで取引を開始した。

SNAP 週次チャート

出所:Investing.com

Spiegel氏は5月23日、米国証券取引委員会に提出した報告書において、「...マクロ経済環境は予想よりもさらに急速に悪化している」と述べている。

2021年9月、SNAPの株価は83ドルを超え、過去最高値を更新したが、2022年の今のところ、SNAPはその価値の約3分の2を失っている。現在、15.58ドルで取引されている。

それに比べて、ハイテク銘柄が中心のNASDAQ 100 Indexは、1月以来22.3%も値下がりしている。スナップによる見通しの下方修正は、Alphabet (NASDAQ:GOOG) (NASDAQ:GOOGL)、Meta Platforms (NASDAQ:FB)、Pinterest (NYSE:PINS) やTwitter (NYSE:TWTR) など他のソーシャル・メディア・プレイヤーの株価をも引き下げることになった。

広告費は、予算が厳しくなると真っ先に削減されるものである。したがって、不況になれば、デジタル広告収入に依存するソーシャル・メディアの企業は、成長が鈍化することになる。しかし、逆張り派の投資家は、最近の低迷に買い場があると考えるかもしれない。

例えば、株価収益率(PER)や株価純資産倍率(PBR)、ターミナル・バリューなど、多くの評価モデルによると、InvestingProでのスナップ株の平均予想適正株価は21.40ドルとなっている。別の言い方をすれば、SNAP 株は現在の水準から37%以上上昇する可能性があるということである。

InvestingProによるバリエーション分析

出所:InvestingPro

この情報をもとに、SNAP株へのエクスポージャーも提供している2つの上場投資信託(ETF)を紹介しよう。

1. Global X Social Media ETF

現在価格:36.22ドル

52週間のレンジ: 32.97ドル~72.64ドル

経費率:年率0.65%

Global X Social Media ETF (NASDAQ:SOCL)は現在、世界のソーシャル・メディア関連銘柄44銘柄に投資している。このETFは2011年11月に上場した。

SOCL 週次チャート

出所:Investing.com

SOCLは、Solactive Social Media Total Return Indexに連動するように設計されている。セクター別配分では、通信サービス株が97.5%と最も多く挙げられている。次いで、情報技術、一般消費財、金融の各セクターの銘柄が並んでいる。

また、ポートフォリオのほぼ半分が米国企業となっている。その他は、中国、韓国、日本、ルクセンブルグ、ドイツの企業への投資となっている。上位10銘柄で純資産額2億ドルの73%近くを占めている。

その中には、Tencent (OTC:TCEHY)、Meta Platforms, Naver (KS:035420) (OTC:NHNCF)、Twitter、NetEase (NASDAQ:NTES)やBaidu (NASDAQ:BIDU)が名を連ねている。現在、ETFの4.2%以上がSNAP株に投資されている。

2021年6月29日、SOCLは72.64ドルの過去最高値を記録した。しかし、今年に入ってからは32.7%下落している。

株価収益率(PER)は29.57倍、株価純資産倍率(PBR)は2.59倍にとどまっている。デジタル広告費が世界的に堅調に推移すると予想している人は当ETFを押し目買いする好機かもしれない。

2. ProShares On-Demand ETF

現在の価格:21.44ドル

52週間のレンジ:19.08ドル~41.00ドル

配当利回り:0.31%

経費率:年率0.58%

ProShares On-Demand ETF (NYSE:OND)は、プラットフォーム上でサービスを提供する電子接続とデジタル・コンテンツ企業へのアクセスを提供する。ソーシャル・メディアの企業に加え、これらの企業には通常、エンターテインメント、ゲーム、eスポーツ、フィットネス、物流、フード・デリバリーなどが含まれている。

OND 週次チャート

出所:Investing.com

FactSet On-Demand Indexに連動するONDは、現在35銘柄を保有している。2021年10月に取引を開始し、足元の純資産は167万ドルとなっている。つまり、運用期間がまだ短く、小規模で比較的新しいETFである。

ポートフォリオの約3分の2が通信サービス関連銘柄となっている。次いで一般消費財(19.72%)、産業(10.91%)で、55%以上が米国に本社があり、その他は、日本、中国、韓国、ルクセンブルグに拠点を置く企業である。

当ETFの半分以上が上位10銘柄で占められている。代表的な銘柄として、 Activision Blizzard (NASDAQ:ATVI)、 Electronic Arts (NASDAQ:EA)、Uber Technologies (NYSE:UBER)、Take-Two Interactive Software (NASDAQ:TTWO)、 Nexon (TYO:3659) (OTC:NEXOY)、および Lyft (NASDAQ:LYFT)が含まれる。スナップの現在のウェイトは2.41%となっている。

年初来では、ONDは3分の1以上下落している。オンデマンド・プラットフォーム銘柄へのグローバルなエクスポージャーを求める読者は、このテーマ別ETFについてさらなる調査をお勧めする。

***

次の素晴らしいアイデアをみつけることに興味はおありだろうか?Investing Pro+では、135,000以上の銘柄をスクリーニングし、専門的なデータ、ツール、洞察を用いて、世界で最も急成長している銘柄や最も割安な銘柄をみつけるチャンスを秘めている。詳細はこちら

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます