最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 今すぐアップグレード

週次コモディティ動向:原油価格の上昇はインフレ懸念を誘発、金はレンジで推移

執筆: Investing.com (バラーニ クリシュナン/Investing.com)商品分析2022年06月06日 20:28
jp.investing.com/analysis/article-200204115
週次コモディティ動向:原油価格の上昇はインフレ懸念を誘発、金はレンジで推移
執筆: Investing.com (バラーニ クリシュナン/Investing.com)   |  2022年06月06日 20:28
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
 
XAU/USD
-0.34%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
REP
+1.72%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
ENI
+0.32%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
Gold
-0.44%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
LCO
-0.36%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
CL
-0.39%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 

投資家とFRBは今週、米国のインフレ統計の発表を待っている。しかし、原油市場は、欧州のロシア産原油の輸入禁止措置、中国におけるコロナ規制の解除、堅調な米国の労働市場、タイミングの悪いサウジアラビアでの原油販売価格引き上げなどが重なり、数ヶ月ぶりの高値を更新しており、市場の懸念は絶えない。

WTI 週次チャート
WTI 週次チャート

金曜日に発表される5月の消費者物価指数(CPI)は、4月の成長率が8.3%だったことから、さらなる調整の兆しとならないか注目される。

4月に前年同月比のCPIは8.3%上昇したが、これは昨年8月に同5.3%の上昇を示した時以来の弱さであった。一部のエコノミストは、5月は更に低下し、前年同月比8.2%になると予想している。

しかし、CPI発表前でも、ウクライナ侵攻をきっかけに欧米がロシア産原油の輸入禁止措置を決定し、CPIが40年ぶりの高水準となった3月上旬に達した高値である1バレル120ドルを原油価格が超えるにつれ、インフレに対する懸念が再び市場では高まっている。

月曜のアジア市場では、世界的な原油のベンチマークであるブレント原油は、シンガポール時間午後2時15分(ニューヨークでは午前2時15分)までに、先物8月限が72セント(0.6%)上昇し、120ドル44セントをつけた。これより前に、121.85ドルの日中高値を記録している。年初来で、ブレント原油は52%上昇している。

米国産原油の指標となるウエスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)は、日中のピークである121ドルを経て、66セント(0.6%)高の119.53ドルで引けた。 WTIは今年、これまでに57%上昇している。

国営石油会社アラムコ(TADAWUL:2222)は1日、サウジアラビアがアジア向け主力アラブ軽油の公式販売価格(OSP)を、オマーンとドバイのベンチマーク平均プラス4.40ドルのプレミアムから、6.50ドルのプレミアムに引き上げたと発表した。

7月のOSPは、ウクライナ侵攻をめぐる制裁でロシアからの供給が途絶える懸念から、価格が史上最高値を記録した5月以来の高値となった。

先週、石油輸出国機構とその同盟国(合わせてOPEC+と呼ばれる)が、7月と8月に従来の計画より50%多い日量64万8000バレルの増産を決定したにもかかわらず、原油価格の上昇が起こった。

{ECL-1860||イラク}}は先週金曜日に、7月から日量458万バレルまで増産する予定であると発表した。

シンガポールのPhillip Futuresの商品担当マネージャー、Avtar Sandu氏は、ロイターが伝えたコメントの中で、原油生産者は「原油価格の上昇を好機として捉え、逃さないようにしている」と述べている。 

Sandu氏は、夏のドライブ需要や米国の労働市場の回復、中国でのコロナ禍に伴うロックダウンの緩和が、原油価格の上昇基調に拍車をかけていると付け加えた。

原油の唯一の弱気要素は、イタリアのエニ(BIT:ENI)とスペインのレプソル(BME:REP)がロシア産原油の輸入禁止による供給減を補うために、早ければ来月からベネズエラ産原油の欧州への出荷を開始するという報道があったことだ。

この動向により、2年前に米国がベネズエラへの制裁を強化した際に停止した、石油と債務のスワップを再開することになる。

しかし、情勢に詳しい関係者がロイターに語ったところによると、各社が受け取る数量は多くないと予想されている。

オンライン取引プラットフォームOANDAでアジア太平洋地域の調査を担当するJeffrey Halley氏は、Investing.comに送ったメモで、「どちらにしても、ブレント原油とWTIの価格は、ロシアによるウクライナ侵攻の日そのものを抜きにして、ウクライナ戦争勃発後の高値に近づいている」という。

「ベネズエラとリビアの生産が欧州と北米に戻ったとしても、短期的には価格を押し下げるほどの材料にはならないだろう。世界の精製マージンは、ガソリンとディーゼルの需要が引き続き旺盛であることを示唆しており、精製製品の不足懸念が原油価格を下支えしている。」

原油は強気の上昇基調が7ヶ月目に入り、6週間一貫して陽線引けで上昇し、次のターゲットは130ドルであるとskcharting.comのチーフ・テクニカル・ストラテジスト、Sunil Kumar Dixit氏はみている。

「先週の大きな値動きは、さらに強い強気の勢いを確立しており、ラリーが十分な量のサポートを得れば、130ドルを再び試す前に123~124.50ドルおよび127ドル近辺を目標とする展開になるだろう。ストキャスティクス、相対力指数、移動平均の測定値も、さらなる上昇を強く後押ししている」と予想する。

「今後1週間は、115ドルがサポートとして機能するだろう。しかし、111ドル以下への下落がみられれば上昇基調にブレーキがかかり、その時点でモメンタムは調整に転じ、原油は100ドル以下にさらされることになるだろう」と警戒する。

金はインフェクション・ポイントに到達

金 週次チャート
金 週次チャート

アナリストが6月15日に迫った米FOMC会合での利上げ決定後から数日先の下げ幅を予想する中、金先物6月限は1オンス=1850ドル台を維持し、レンジ相場が続いている。

金先物6月限は6.55ドル(0.4%)上昇し、1,856.75ドルとなった。先週金曜日には21.20ドル(1.1%)暴落し、先週は週次で0.4%下落している。

テクニカル・ストラテジストのDixit氏は、金の指標となる契約は変曲点にあり、1800ドル、あるいは1900ドルの規模に行く可能性があると述べた。

「価格は不安定なままであると予想している。1,850ドルを超える堅調な動きは、金が1,874ドルを再び試すのに役立ち、それが1,893ドル、1,903ドルへのさらなる上昇の材料となり得る。」

逆に、1850ドルを下回るような弱さがみられれば、6月限は1835ドルや1828ドルに向けて押し上げる可能性があると警告する。「その時点で、1815ドルや1800ドルを目指す売りを呼び込むだろう。」

免責事項:Barani Krishnan氏は、あらゆる市場の分析に多様性を持たせるために、自身以外の様々な見解を用いている。中立性を保つため、時に逆張りの見解や市場の変数を提示する。同氏は執筆しているコモディティおよび証券のポジションを保有していない。 

週次コモディティ動向:原油価格の上昇はインフレ懸念を誘発、金はレンジで推移
 

関連記事

杉田 勝
ここからのWTI原油の値動き   執筆: 杉田 勝 - 2020年07月02日 1

ナイメックスWTI原油の2nd monthつなぎ足にエリオットとタイムサイクル分析を適用して予測します。原油価格は上昇B波のa波が終了してここから調整の下げがしばらく続く形です。い...

エレン ワルド
米国の原油生産量は頭打ちか? 執筆: エレン ワルド - 2019年11月15日

原油価格を予測するにあたって投資家を悩ませているのが、2020年に米国がどれほどの原油を生産するかという問題である。シェール革命以来、米国の原油生産量は毎年増加しており、遂には日量...

週次コモディティ動向:原油価格の上昇はインフレ懸念を誘発、金はレンジで推移

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する