最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

今後1週間で注目すべき3銘柄:FedEx、Coinbase、Pfizer

執筆: Investing.com (ハリス アンワル/Investing.com)株式市場2022年06月19日 20:23
jp.investing.com/analysis/article-200204209
今後1週間で注目すべき3銘柄:FedEx、Coinbase、Pfizer
執筆: Investing.com (ハリス アンワル/Investing.com)   |  2022年06月19日 20:23
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

投資家が景気後退のリスクを織り込み続けているため、現在の米国株式市場の低迷に拍車をかけている弱気心理は、今週さらに強まる可能性がある。

S&P 500は過去11週で10回目の下落を記録し、底がみえない状態だ。木曜日には、SPXの11セクターすべてが直近の高値から10%以上下落して引けた。また、ダウ工業株30種平均は先週、2021年1月以来の30,000ドル割れとなった。

市場圧力に拍車:米連邦準備制度理事会(FRB)は2日、75bps(0.75%)の利上げを行った。利上げ幅は1994年以来最大である。また、インフレが期待する範囲内に収まるまで、この積極的な引き締め路線を継続すると警告した。

この売りは、パンデミックに端を発した長期的な買いの後であり、テクノロジー株や景気敏感株に大きな打撃を与えている。このように経済全般に悲観論が広がる中、今週注目している3銘柄を紹介する。

1. FedEx

世界最大の宅配便会社であるフェデックス(NYSE:FDX)は、6月23日(木)の市場取引終了後に2022年度第4四半期決算を発表する。アナリストは、売上高244億9000万ドルで、1株当たり6.87ドルの利益を見込んでいる。

FDX 週次チャート
FDX 週次チャート

世界的な貨物・ロジスティクスの大手企業である同社は、現在の厳しい市場環境の中で、投資家の信頼を得るために懸命に努力している。今月、CEOであるRaj Subramaniam氏は、「株主のための長期的価値」を創出することを目的とした一連の改善策を発表した。

投資顧問会社D.E.ショーとの議論の一環として、テネシー州メンフィスに本社を置くフェデックスは、7月中旬から四半期配当を50%以上引き上げ、取締役会を再編し、米国で過去40年間で最も高いインフレ率に対抗するためのコスト削減を約束したのである。

この変更により、同社の株価は先週14%上昇し、今年の下落幅を縮小させた。今年11%下落した株価は、先週金曜日に229.90ドルで引けた。

2. Coinbase

米国最大の暗号資産取引所であるコインベース・グローバル(NASDAQ:COIN)の株式は、暗号資産の進行中の急激な売りが週末に強まったため、今週に再び売り圧力にさらされる可能性がある。時価総額で最大のデジタル通貨であるBitcoinは、土曜日に2020年12月以来初めて2万ドルを下回り、投資家がリスク資産から撤退し続ける中、現在さらに下落し、記事公開時点で1万8330ドルに向かっている。

COIN 週次チャート
COIN 週次チャート

リスク資産と特にデジタル通貨の悲惨な環境を考えると、直近スタッフを削減した他の暗号通貨関連企業に続いて、コインベースも先週、従業員の18%を解雇した。

サンフランシスコに拠点を置く同社は先月、第1四半期の決算が予想を下回り、第2四半期には取引量とユーザーの月間取引量が減少すると警告している。

最新の四半期報告書の新しいリスク開示は、倒産した場合に同社によって保管されている暗号資産の安全性について、一部のユーザーの間で懸念を引き起こした。コインベース株は金曜日に51.22ドルで取引を終え、今年に入ってから約80%下落している。

3. Pfizer

米国の保健アドバイザーは、ファイザー(NYSE:PFE)の乳幼児用コロナウイルス・ワクチンを、モデルナ(NASDAQ:MRNA)の製品とともに承認し、これらのmRNAベースのワクチン製造会社の売上を後押しする動きとなる可能性がある。

PFE 週次チャート
PFE 週次チャート

米国疾病対策予防センターの予防接種実施諮問委員会は、ファイザー社の3回接種ワクチンを6カ月から4歳までの幼児に推奨することを12対0で決定した。

また、6ヶ月から5歳までの子供には、モデルナの2回接種のワクチンを推奨することを12対0で決定した。CDCのロシェル・ワレンスキー長官が最終決定権を持ち、投票が正式に行われ、いよいよワクチンが若年層にも実用化されるとブルームバーグは報じている。

世界的な製薬大手ファイザーは先月、同社のコロナウイルス用ワクチンと治療薬の年間売上高見通しを据え置いた。4月中旬までにファイザーは、注射薬「コミルナティ」の2022年の契約が320億ドル、コロナウイルス用錠剤「パックスロビッド」の契約が220億ドルで、3カ月前に発表した数字と同じであると発表している。

PFE株は今年に入ってから約20%値下がりし、先週金曜の終値は46.53ドルだった。

今後1週間で注目すべき3銘柄:FedEx、Coinbase、Pfizer
 

関連記事

今後1週間で注目すべき3銘柄:FedEx、Coinbase、Pfizer

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する