🟢 市場は上昇しています。当社コミュニティの12万人を超えるメンバーは、すべてそれにどう対応すべきか知っています。
お客様もお分かりですよね。
40%割引で開始

前場に注目すべき3つのポイント~米長期金利の一時4%乗せも動じず、ハイテク株を見直す動きが意識される~

発行済 2023-03-02 08:33
更新済 2023-03-02 08:45
© Reuters.
5801
-
7201
-
5803
-
7205
-
7267
-
6305
-
6502
-
9432
-
3407
-
2593
-
6754
-
6463
-
*08:33JST 前場に注目すべき3つのポイント~米長期金利の一時4%乗せも動じず、ハイテク株を見直す動きが意識される~ 2日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。



■株式見通し:米長期金利の一時4%乗せも動じず、ハイテク株を見直す動きが意識される
■伊藤園、3Q営業利益 12.5%増 158億円
■前場の注目材料:日立建機、「人権尊重」加速、サプライヤーに第三者機関の証明提出要請


■米長期金利の一時4%乗せも動じず、ハイテク株を見直す動きが意識される

2日の日本株市場は、引き続きこう着感の強い相場展開が継続するものの、底堅さは意識されそうだ。
1日の米国市場はNYダウが5ドル高と小幅に上昇した半面、ナスダックは76ポイント安とまちまちだった。
2月のISM製造業景気指数は予想を若干下回ったものの、項目別で投入価格指数が予想を上回り、インフレが当面高止まりする可能性が示された。
米連邦準備制度理事会(FRB)高官のタカ派発言を受けて、長期金利が一時4%台に乗せたことも重荷となった。
ただし、底堅さは見られており、値ごろ感からの買いからNYダウは小幅に上昇に転じた。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円安の27485円。
円相場は1ドル136円10銭台で推移している。


シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや売り先行で始まろう。
ただし、日経225先物はナイトセッションで一時27390円まで下げる場面も見られたが、足もとでのレンジ内での推移だった。
米長期金利が一時4%台に乗せるなかで波乱の動きは見られなかったことから、押し目狙いの買いは入りやすいだろう。
2月のISM非製造業景気指数の結果待ちから積極的な上値追いの流れは期待しづらいだろうが、ショートは仕掛けづらくさせさそうだ。


また、ナスダックは下落したものの、200日線水準で踏ん張りを見せている。
前日のハンセン指数の強い値動きによる反動はありそうだが、米国では半導体の米国内生産や研究開発などに530億ドル(約7兆2400億円)を投じる「CHIPS法」の下で支給する企業補助金の申請について詳細が公表されたこともあり、リバランス中心ではあるもののハイテク株を見直す動きなども意識されそうだ。


日経平均は75日、200日線が支持線として意識される一方で、25日線が上値抵抗となる。
底堅さが意識されるなか、27480円辺りで推移している25日線を上回っての底堅さが見られてくるようだと、押し目狙いの水準も切り上げてくる可能性はあるだろう。
米経済指標の発表待ちによる様子見ムードが強まりやすいものの、リバウンド狙いでの対応に向かわせよう。



■伊藤園、3Q営業利益 12.5%増 158億円

伊藤園 (TYO:2593)が発表した第3四半期業績は、売上高が前年同期比8.2%増の3284.54億円、営業利益は同12.5%増の158.71億円だった。
原材料高の影響を受けたが、タリーズコーヒー事業が好調だったほか、主力の飲料事業では「お~いお茶」ブランドが好調。



■前場の注目材料

・日経平均は上昇(27516.53、+70.97)
・NYダウは上昇(32661.84、+5.14)
・VIX指数は低下(20.58、-0.12)
・米原油先物は上昇(77.69、+0.64)
・米国景気は拡大
・日銀は金融緩和を継続
・コロナ後の人流再開


・日立建機 (TYO:6305)「人権尊重」加速、サプライヤーに第三者機関の証明提出要請
・日野自 (TYO:7205)大中型トラック型式指定、再取得は年末以降、エンジン改良に遅れ
・NTT (TYO:9432)KDDIと次世代光通信で提携、超省エネ光通信確立へ
・東芝 (TYO:6502)新卒1660人採用、注力領域中心に増強、来春入社
・古河電工 (TYO:5801)30年度の営業益5倍に、森平次期社長「グループ体質改善」
・アンリツ (TYO:6754)京セラと「PCIe5.0」で光信号伝送試験に成功
・ホンダ (TYO:7267)来年度の値下げ要請見送り、事業環境悪化に配慮
・フジクラ (TYO:5803)米CFSにレアアース系高温超電導線材を納入、量産技術確立
・TPR (TYO:6463)CNT分散液を量産、来年度めど山形にライン構築
・日産自 (TYO:7201)日産と三菱自、小型車など国内値上げ、原材料・物流費高騰
・ホンダ (TYO:7267)LGエナジーと北米で車載電池工場を着工、25年量産
・日立建機 (TYO:6305)フル電動ダンプ実証、ザンビア鉱山で来年開始
・旭化成 (TYO:3407)米グループ会社、C4Vと戦略提携、電力貯蔵用次世代電池を開発


☆前場のイベントスケジュール


・特になし <ST>

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます