40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

前場に注目すべき3つのポイント~買い一巡後はこう着も、日銀会合の通過後はアク抜け的な動きをみせてくる展開に期待~

発行済 2023-04-28 08:42
更新済 2023-04-28 08:45
© Reuters.
*08:42JST 前場に注目すべき3つのポイント~買い一巡後はこう着も、日銀会合の通過後はアク抜け的な動きをみせてくる展開に期待~ 28日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。



■株式見通し:買い一巡後はこう着も、日銀会合の通過後はアク抜け的な動きをみせてくる展開に期待
■信越化、23/3営業利益 47.6%増 9982億円
■前場の注目材料:ダイセル、25年めど兵庫・網干工場で遠隔五感点検、異常検知を機械化


■買い一巡後はこう着も、日銀会合の通過後はアク抜け的な動きをみせてくる展開に期待

28日の日本株市場は、買い一巡後も底堅い相場展開が継続しそうだ。
27日の米国市場はNYダウが524ドル高だった。
メタ・プラットフォームズの良好な決算を好感した買いがハイテク株に広がった。
また、足もとで大きく売られていたファースト・リパブリックが反発したため、金融システム不安を受けた売りが後退したことがセンチメントを改善させた。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比270円高の28710円。
円相場は1ドル133円90銭台で推移している。


シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、ギャップスタートが見込まれる。
日経225先物はナイトセッションで一時28760円まで買われ、28740円と高値圏で取引を終えた。
メタ・プラットフォームズは時間外で大幅高となっていたこともあり、織り込み済みではあるものの、ファースト・リパブリックの反発によって金融システム不安が後退しており、買い戻しの動きに向かわせそうだ。


また、日経平均は直近の調整でボリンジャーバンドの+1σを下回り、25日線に接近する動きを見せていた。
日経225先物はナイトセッションで+1σを上回ってきており、この流れを引き継ぐ格好からテクニカル面の改善も意識されやすいだろう。
日銀の金融政策決定会合の結果待ちのなか、買い一巡後はこう着感が強まる可能性があるものの、日銀会合の通過後はアク抜け的な動きをみせてくる展開が期待されよう。


ゴールデンウイークに入ることから終盤にかけては商いが細るだろうが、一方で米連邦公開市場委員会(FOMC)などの重要イベントを連休中に迎えることもあり、ショート筋にとっては若干ながらヘッジの動きを意識させよう。
個人主体の売買は短期的な物色が中心になると考えられるものの、決算を通過した銘柄などへはある程度中長期目線での物色になりそうだ。


なお、昨日の取引終了後に決算を発表したところでは、カチタス (TYO:8919)、FPG (TYO:7148)、 (TYO:4417)グローバルセキュ、相鉄HD (TYO:9003)、スミダ (TYO:6817)、カバー (TYO:5253)、OLC (TYO:4661)、J・TEC (TYO:7774)、シンプレクスHD (TYO:4373)、三井E&S (TYO:7003)、SBテク (TYO:4726)、SECカーボン (TYO:5304)、ルネサス (TYO:6723)、ZOZO (TYO:3092)などが注目されよう。



■信越化、23/3営業利益 47.6%増 9982億円

信越化 (TYO:4063)が発表した2023年3月期業績は、売上高が前期比35.4%増の2兆8088.24億円、営業利益は同47.6%増の9982.02億円だった。
塩化ビニルに関しては、世界的な景気後退の様相が市況に表れたが、2022年末に底打ちした。
電子材料事業においては、半導体材料は全体として年度前半の業績に支えられた。



■前場の注目材料

・日経平均は上昇(28457.68、+41.21)
・NYダウは上昇(33826.16、+524.29)
・ナスダック総合指数は上昇(12142.24、+287.89)
・シカゴ日経先物は上昇(28710、大阪比+270)
・1ドル=133.80-90円
・SOX指数は上昇(2941.59、+18.60)
・VIX指数は低下(17.03、-1.81)
・米原油先物は上昇(74.76、+0.46)
・米国景気は拡大
・日銀は金融緩和を継続
・コロナ後の人流再開


・ダイセル (TYO:4202)25年めど兵庫・網干工場で遠隔五感点検、異常検知を機械化
・キリンHD (TYO:2503)健康食品豪社を1700億円で買収、プラズマ乳酸菌拡販
・住友電工 (TYO:5802)電力線製販で子会社設立、英スコットランドに工場
・三菱重 (TYO:7011)伊エンジ大手とCO2回収で協業、欧・中東拡大
・三井物産 (TYO:8031)フィリピン総合インフラにTOB、持ち分10%想定
・鈴茂器工 (TYO:6405)ロボが受け付け・案内、顔認証と遠隔操作を活用
・浜松ホトニクス (TYO:6965)半導体レーザー生産で新棟、高性能センサー需要増
・ニコン (TYO:7731)米カリフォルニアに新会社、AM事業を統括
・日本軽金属HD (TYO:5703)新会社10月発足、車部品事業を統合
・AGC (TYO:5201)EUV露光用部材増産、福島に新ライン、生産能力30%増


☆前場のイベントスケジュール


・特になし <ST>

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます