三井物産株式会社 (8031)

3,983.0
-1.0(-0.03%)
  • 出来高:
    4,305,400
  • 売値/買値:
    3,981.0/3,984.0
  • 日中安値/高値:
    3,933.0 - 3,993.0

8031 概要

前日終値
3,984
日中安値/高値
3,933-3,993
売上
13.36T
始値
3,984
52週高値/安値
2,513-4,059
1株当たり利益
655.51
出来高
4,305,400
時価総額
6.18T
配当
130.00
(3.26%)
平均出来高 (3か月)
5,011,711
PER (株価収益率)
5.86
ベータ
0.831
1年の変動
47.36%
発行済株式
1,552,734,334
次の決算日
2023年2月02日
三井物産の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

三井物産株式会社 ニュース

三井物産株式会社 企業情報

三井物産株式会社 企業情報

セクター
製造業
従業員数
44346
市場
日本
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3893600001

三井物産グループ、及び連結子会社は、総合商社である同社を中心として全世界に広がる営業拠点とその情報力を活用し、世界各地の販売先及び仕入先に対する多種多様な商品の売買及びこれに伴うファイナンスなどに関与し、また、国際的なプロジェクト案件の構築などに取り組む。【事業内容】鉄鋼製品、金属資源、機械・プロジェクト、化学品、エネルギー、食料・リテール、コンシューマーサービス・情報産業などの分野で商品の販売、輸出入・外国間貿易及び製造を行うほか、リテール、情報通信、技術、輸送、ファイナンスなどの総合的なサービスの提供、更にはエネルギー・鉄鋼原料などの資源開発事業、また、IT、再生可能エネルギー、環境関連事業に代表される新分野への事業投資などの幅広い取組を展開する。同社は商品別セグメントとして7セグメント及び地域別セグメントとして3セグメントの計10報告セグメントに分類する。鉄鋼製品セグメントは、インフラ鋼材、自動車部品、エネルギー鋼材他を提供する。金属資源セグメントは、鉄鉱石、石炭、銅、ニッケル、アルミニウム、製鋼原料・環境リサイクル等を提供する。機械・インフラセグメントは、電力、海洋エネルギー、ガス配給、水、物流・社会インフラ、自動車、産業機械、交通、船舶、航空等の商品とサービスを提供する。化学品セグメントは、石油化学原料・製品、無機原料・製品、合成樹脂原料・製品、農業資材等を提供する。エネルギーセグメントは、石油、天然ガス、LNG、石油製品、原子燃料、環境・次世代エネルギーを提供する。生活産業セグメントは、食料、繊維、生活資材、不動産、ヘルスケア、アウトソーシングサービスを提供する。次世代・機能推進セグメントは、アセットマネジメント、リース、保険、バイアウト投資、ベンチャー投資、商品デリバティブ、物流センター、情報システム等についての事業を展開している。米州セグメントは、飼料添加物、化学品タンクターミナル、鉄鋼製品を提供する。欧州・中東・アフリカセグメントは、化学品、鉄鋼製品、機械を、アジア・大洋州セグメントは化学品、鉄鋼製品、食糧・食品を提供する。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り売り中立買い強い買い
テクニカル指標強い売り強い売り売り強い買い強い買い
サマリー強い売り強い売り中立強い買い強い買い