40%引きでご購読
🔥 当社AIが選択した株式戦略、テクノロジー大手、は5月までに+7.1%の上昇。株式がブームなうちに行動を起こしましょう。40%割引で開始

米大統領、イランのイスラエル攻撃を非難 G7で協調対応へ

発行済 2024-04-14 12:25
更新済 2024-04-14 16:00
© Reuters. バイデン米大統領は13日、イランのイスラエル攻撃を非難した。写真は国家安全保障チームと対応を協議するバイデン大統領(右から3番目)。4月13日、ワシントンのホワイトハウス

Jeff Mason Steve Holland

[ワシントン 13日 ロイター] - バイデン米大統領は13日、イランのイスラエル攻撃を非難し、主要7カ国(G7)で協調した外交的対応を取ると表明した。また、米国の支援で、イスラエルはイランが発射したドローン(無人機)とミサイルの「ほぼ全て」を撃墜したと述べた。

バイデン氏はこの日、攻撃について閣僚らと協議するため、週末のデラウェア訪問予定を切り上げてワシントンに戻った。

バイデン氏はイスラエルのネタニヤフ首相と電話会談し、同国の安全保障に対する米国の「揺るぎない」コミットメントを再確認した。

ホワイトハウスが発表した声明によると、バイデン氏は「イスラエルが前例のない攻撃でも防御し打ち負かす優れた能力を示し、イスラエルの安全保障を脅かすことはできないという明確なメッセージを敵に送った」とネタニヤフ氏に語った。

© Reuters. バイデン米大統領は13日、イランのイスラエル攻撃を非難した。写真は国家安全保障チームと対応を協議するバイデン大統領(右から3番目)。4月13日、ワシントンのホワイトハウスで撮影(2024年 The White House/Handout via REUTERS)

また「G7首脳をあす招集し、イランの攻撃に対して一致団結した外交的対応を取る」と述べた。

バイデン氏は、過去1週間に航空機と弾道ミサイル防衛駆逐艦を中東地域に移動させるよう米軍に指示していたとし、「これらの配備とわが軍の並外れた技能により、イスラエルは飛来する無人機とミサイルのほぼ全てを撃ち落とすことができた」と語った。

「米軍の部隊や施設に対する攻撃は見られていないが、いかなる脅威にも警戒を怠らず、国民を守るために必要なあらゆる行動を取ることをためらわない」と表明した。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます