😎 サマーセールだけ - 最大50%引きでAIの力による株式選択をInvestingProで特別セールを請求する

利下げ不透明感で欧州株が下落

編集者Natashya Angelica
発行済 2024-05-25 02:03
© Reuters.
EQNR
-
RENA
-
ANA
-
ABDN
-
FGBL
-
STOXX
-

STOXX600指数は0.1%下落し、週間では約0.4%の下落となった。この3週間で最大の下げ幅となった。最近の経済データは、米国が依然として物価上昇圧力に苦しんでいること、ユーロ圏経済が回復の兆しを見せていることを示唆している。

投資家は欧州中央銀行(ECB)の利下げ予想を調整し、現在は55ベーシス・ポイントの利下げを予想している。こうした期待は、ユーロ圏の債券利回りの上昇を背景にしたもので、この1ヵ月で最も大きく上昇した。

債券利回りの上昇は、5月にユーロ圏の企業活動が加速し、過去1年で最も速いペースに達したとの報告や、2024年第1四半期のドイツの経済成長が確認されたことを受けている。

こうした動きの中、ダンスク・バンクのアナリストは、ECBを含む中央銀行は、特定の政策金利の道筋を決定する前に、今後数ヶ月の間、入ってくるデータを観察する立場にあることを示唆した。

セクター別では、公益事業、ヘルスケア、食品・飲料など、一般的に景気サイクルの影響を受けにくいディフェンシブ銘柄のパフォーマンスが悪かった。対照的に、保険や自動車産業などの景気循環セクターは良好だった。

個別銘柄の動きでは、スペインのアクシオナが、現在のエネルギー価格の見通しを理由に、中核事業の利益成長率見通しを下方修正したため、7.1%下落した。一方、ルノーは自社株買いを発表し、UBSが「売り」から「中立」に格上げしたため、株価は5.2%上昇した。

エネルギー・セクターでは、エクイノーがパートナーとともに、北海トロール・ガス田(欧州最大のガス田)の生産増強に11億3000万ドルを投資すると発表し、株価は2.7%下落した。

英国のファンド・マネージャーであるアバードンは、スティーブン・バードCEOが退任し、顧客からの多額の資金流出と物議を醸したブランド再構築の努力によって4年間に幕を下ろしたというニュースを受け、株価が1.6%上昇した。

この記事はロイターの寄稿によるものです。

この記事は一部自動翻訳機を活用して翻訳されております。詳細は利用規約をご参照ください。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます