最新ニュース
0

イングランド銀行VS欧州中央銀行、影響力はどちらがあるだろうか?

提供 Kathy Lien外国為替2018年09月14日 10:04
jp.investing.com/analysis/article-200196106
イングランド銀行VS欧州中央銀行、影響力はどちらがあるだろうか?
提供 Kathy Lien   |  2018年09月14日 10:04
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

木曜日は ユーロ ポンドにとって大事な日だろう。欧州中央銀行とイングランド銀行による金融政策と、米国消費者物価指数の発表が控えている。

米ドル

一方、米ドルは予期されていなかった生産者物価指数(PPIの減少によって、主要通貨に対して下落している。生産者物価指数(PPI)は、原油価格の安定とドル高によって 18ヶ月ぶりに減少した。

消費者物価指数(CPI)も同じくこのような要因に対して弱く、特に先月の安定した天然ガス価格の影響を受けるだろう。これらを念頭に置いて、 地区連銀経済報告を見ると、いくつかの地区連銀でインフレ圧力の増加が確認されている。

しかし、インフレや経済は拡大しているが、ほとんどの地区で懸念や貿易に対する不確実性のためにこの地区連銀経済報告がドルに反映されていない。

堅調な労働市場にもかかわらず、大幅な 賃金上昇は確認できない。米国連邦準備制度理事会(FRB)による利上げは今月末に予定されている。消費者物価指数(CPI)が予想に届かなかった場合、投資家はドルを売ることになるだろう。USD/JPYは110.50と111.50の間で持ち合いになっているが、ドルは他の主要通貨に対し大幅な下落をする可能性がある。

米ドルトレーダーVSユーロ ポンド の勝敗は、欧州中央銀行イングランド銀行の金融政策によって決まるだろう。

欧州中央銀行とイングランド銀行の公定歩合は、金利据え置きだと考えられている。まずイングランド銀行の発表がはじめにあり、次に欧州中央銀行の発表である。また、カーニー総裁による記者会見はないとされているが、金融政策発表にともなって MPC議事録が発表されることを忘れてはならない。

ポンド

ポンドは、金融政策発表の前に報道された、EU離脱(ブレクジット)合意の進展の可能性を受け、上昇している。イングランド銀行の金融政策での良い見通しが示されれば、GBP/USDは1.3175まで上昇すると考えられる。

下の表を参照すると、先月小売売上高貿易収支インフレ賃金の上昇が確認できる。しかし、製造業サービス業建設業セクターは低迷している。

市場は来年後半までの利上げを価格に織り込んでいない。ポンドのトレーダーは今年の追加利上げに関し、イングランド銀行ほど我慢強く待てないだろうし、次の利上げを考えてショートを怖がるだろう。

イギリスポンド 経済指標
イギリスポンド 経済指標

ユーロ

ユーロEU離脱(ブレクジット)の明るい見通しによって恩恵を受けている。しかし、欧州中央銀行はユーロの上昇予想が弱い経済指標によって下落する可能性がある。

最新のユーロ圏 鉱工業生産指数の発表によると、7月は0.8減少している。

欧州中央銀行は最近の会合で、{{ecl-164||利上げ}}は来年まで行わないことが明らかになった。この計画は変わらないとみられる。また、欧州中央銀行 ドラギ総裁は低インフレを懸念していると述べている。価格圧力の大幅な増加がないことを考慮すると、同氏はインフレに対して成功と言うには早いと考えている。

欧州中央銀行による金利の発表よりも、ドラギ総裁による記者会見でイタリアの懸念や、貿易摩擦、ユーロ経済に対する発言の方がより市場を動かすだろう。

ユーロ 経済指標
ユーロ 経済指標

豪ドル、NZドル、カナダドル

一方、豪ドル、NZドル、カナダドルの3つの商品通貨は水曜日、すべて上昇基調だった。 消費者信頼感指数は弱かったが、トランプ政権が中国へ貿易交渉再開を提案したことにより豪ドルは上昇した

投資家は米中間の貿易交渉は結果を出すと期待している。しかし、今まで交渉が始まって数日で決裂してきたケースを見てきた上で、米国が正式に関税の取り下げるまでは懐疑的にならざるを得ない。

カナダに目を向けてみると、カナダとアメリカは貿易交渉を巡り大きく進展しようとしている。トランプ米大統領の経済顧問であるラリー・クドロー氏によると、米加間の貿易交渉で乳製品開放を巡る問題が一番の争点であるという。

一度合意されればトレーダーは慎重に行動するだろう。現在、AUD、NZDCADは売られすぎであり、米中間の関係が良好になればこれらの通貨は押し上げられるだろう。

イングランド銀行VS欧州中央銀行、影響力はどちらがあるだろうか?
 

関連記事

イングランド銀行VS欧州中央銀行、影響力はどちらがあるだろうか?

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
のコメント
Yuusuke Hashimoto
Yuusuke Hashimoto 2018年09月14日 6:34
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
このコメントはすでに 保存したアイテムに保存されています
米ドルというワードをドルインデックスとドル円との使い分けをして頂けたらもっとわかり易いと思います。前回米ドルは上昇すると仰られてたのですが、ドルインデックス上昇すると思って居られた方もいると思います。実際反対に言って言い回しを変えられたかも知れませんが区別して言い回しをされるとより良い分析になると1参加者としてのお願いであります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する