最新ニュース
Investing Pro 0
🚨当社のProデータは決算発表シーズンの真の勝者を明らかにします データにアクセス

チャート分析:S&Pの弱気相場は典型的なベアトラップの可能性

執筆: Investing.com (ピンカス コーエン/Investing.com)マーケット・オーバービュー2018年12月10日 22:38
jp.investing.com/analysis/article-200196334
チャート分析:S&Pの弱気相場は典型的なベアトラップの可能性
執筆: Investing.com (ピンカス コーエン/Investing.com)   |  2018年12月10日 22:38
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

株式市場は、至るところから大打撃を受けている。

続く米中間の貿易摩擦に対する懸念、そして欧州と中国の経済成長の減速が、広範囲に市場を圧迫している。基本的には、金利の上昇は経済成長を減速させ、国債の利回り曲線の平坦化は景気後退が差し迫っている兆候である。

特に米中間の貿易摩擦は、数字的なファンダメンタルズというより心理的であり、それゆえ市場は流動的になっている。

トランプ米大統領が急な方針転換をし、米中が突然合意することになれば、市場にアニマルスピリットを呼び戻すことになるだろう。現在FRBは金利引き上げのペースの鈍化を示唆している。これは米国経済の主要な原動力となるだろう。そして、トランプ氏の思うように交渉が進んで合意に至った場合、株価は過熱すると考えられる。

現在の利回り曲線のフラット化が示しているように、株式市場の歴史的最長の景気拡大局面から調整局面に差し掛かっている。しかし、歴史的にみると景気後退が顕在化するには1~2年かかるので、現在の強気相場はまだ続くと考えられる。

S&P 500 日足チャート
S&P 500 日足チャート

S&Pの需要と供給のバランスは弱気相場へと傾いている。S&Pは2016年2月の最後の調整局面の底値以来の上昇トレンドを下回っている。また、50日移動平均線(上図:緑)が200日移動平均線(上図:赤)を下回り、デッドクロスを形成した(上図:緑の楕円)。デットクロスは株価下落する可能性を示している。また、金曜日の終値は10月中旬以来のレンジより下であった(上図:細い黒)。RSI(上図(下段):黒)も上昇トレンドを下回ったことから、上昇勢いが弱まっていることがわかる。

しかし、この下抜けはまだ1%以下でありベアトラップである可能性は残されている。デッドクロスは遅行指標であり、簡単に反発し得る。

肝心なことは、トレードにおいてエビデンスの重要性を測り、定量的に確立を割り出すことだ。

トレード戦略(慎重:ショート、一般:ショート、積極:ロング)

慎重なトレーダーは、ベアトラップを避けるために3%の下抜けと、週末を含めて3日間待つ。そして、リターンムーブでレンジ下限(上図:細い黒)を上抜けしないことを確認し、大陰線で下降トレンドを確認しショートエントリー。

トレード例:

  • エントリー:2600、3%の下抜けの2560に達した後
  • 損切り:2,650、レンジ下限を上抜けしたら損切り
  • 損切り幅:50ポイント
  • 目標価格:2,450、心理的にキリがいい数字
  • 利確幅:150ポイント
  • リスク・リワード:1:3

一般トレーダーは、2%の下抜けを待とう。そして、良いエントリーのためにリターンムーブの上昇を待とう。しかし、レンジの下限のを試すかどうかまで待たなくて良い

トレード例

  • エントリー:2590、2%の下抜け後
  • 損切り:2650、レンジ下限を上抜けしたら
  • 損切り幅:50ポイント
  • 目標価格:2450、心理的にキリがいい数字
  • 利確幅:150ポイント
  • リスクリワード:1:3

積極的なトレーダーは、反発をねらった逆張りのロングポジションを取ることができるだろう。

トレード例:

  • エントリー:2,625、現在価格周辺
  • 損切り幅:2620、木曜日の底値より低い
  • 損切り幅:5ポイント
  • 目標価格:2,700、心理的にキリがいい数字
  • 利確幅:80ポイント
  • リスクリワード:1:16

チャート分析:S&Pの弱気相場は典型的なベアトラップの可能性
 

関連記事

杉田 勝
中国株が暴騰!どうして? 執筆: 杉田 勝 - 2020年07月06日 4

金曜日は雇用統計を受けて東京は0.6~7%の上昇、上海や深セン株、さらに香港株まで急騰 して週を終えました。欧州は1%前後下がって引けています。 上海/深セン株は先週だけで10%以...

チャート分析:S&Pの弱気相場は典型的なベアトラップの可能性

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する