最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

米国株投資先を配当利回りで5グループに区分してみた

執筆: エル 株式市場2020年07月08日 12:07
jp.investing.com/analysis/article-200199151
米国株投資先を配当利回りで5グループに区分してみた
執筆: エル   |  2020年07月08日 12:07
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

単なるお遊びなんですが、私が現在投資している米国株(一部ADR含む)(米国株ポートフォリオ(2020/6/30現在))について、「こんなものかなぁ」という独断・フィーリングで配当利回りに基づいて大きく5つのグループに区分してみました。

グループの定義

無配

文字通り、配当を出していない銘柄です。1銘柄除いて元から配当を出していません。配当するよりも資金を成長への投資に回している企業群です。

低配当

市場平均(1%台後半)と比べて低い銘柄群です。無配同様に、ITなど成長銘柄が多いです。

ノーマル

S&P500に連動するVOOの利回りが1.87%、VTIが1.84%だったので、この水準を基準にしました。2%前後の銘柄はノーマルとしました。

やや高配当

概ね2.5%〜3%程度の銘柄はここに区分しました。

高配当

概ね4%以上の銘柄群です。一部、新型コロナウイルスによる業績の影響や政府の規制により減配となっている銘柄もありますが、一時的な要因はあまり気にせず「本来の位置がどこか」を勘案して区分しました。

エルの投資銘柄での区分結果

無配(10銘柄)

アマゾン・ドット・コム (NASDAQ:AMZN)、アルファベット (NASDAQ:GOOG)、フェイスブック (NASDAQ:FB)、バークシャー・ハサウェイ (NYSE:BRKb)、ネットフリックス (NASDAQ:NFLX)、セールスフォース (NYSE:CRM)、アドビ (NASDAQ:ADBE)、インテュイティブ・サージカル (NASDAQ:ISRG)、アリババ(NYSE:BABA)、ボーイング(NYSE:BA)(無配転落)

低配当(13銘柄)

マイクロソフト (NASDAQ:MSFT)、ビザ (NYSE:V)、マスターカード (NYSE:MA)、アップル (NASDAQ:AAPL)、ナイキ (NYSE:NKE)、チャーチ・アンド・ドワイト (NYSE:CHD)、マコーミック (NYSE:MKC)、シャーウィン・ウイリアムズ (NYSE:SHW)、ダラー・ゼネラル (NYSE:DG)、ドミノ・ピザ (NYSE:DPZ)、S&Pグローバル(SA:SPGI34)、コストコ (NASDAQ:COST)、ウォルト・ディズニー (NYSE:DIS)

ノーマル(12銘柄)

バンガード・米国増配株式ETF、ユニオン・パシフィック (SA:UPAC34)、ウォルマート (NYSE:WMT)、CMEグループ (NASDAQ:CME)、クロロックス (NYSE:CLX)、ユナイテッドヘルス・グループ (NYSE:UNH)、アクセンチュア (NYSE:ACN)、スターバックス (NASDAQ:SBUX)、イーライリリー (NYSE:LLY)、ホーメル・フーズ、アボット・ラボラトリーズ (NYSE:ABT)、クローガー (NYSE:KR)

やや高配当(21銘柄)

スリーエム(NYSE:MMM)、ジョンソン&ジョンソン (NYSE:JNJ)、コカ・コーラ (NYSE:KO)、ホーム・デポ (NYSE:HD)、P&G(NYSE:PG)、メルク (NYSE:MRK)、ロッキード・マーチン (NYSE:LMT)、マクドナルド (NYSE:MCD)、ペプシコ (NASDAQ:PEP)、シスコシステムズ (NASDAQ:CSCO)、ユニリーバ (NYSE:UN)、ブラックロック (NYSE:BLK)、テキサス・インストルメンツ(NASDAQ:TXN)、コルゲート・パルモリーブ (NYSE:CL)、ゼネラル・ダイナミクス (NYSE:GD)、オートマチック・データ・プロセシング (NASDAQ:ADP)、クアルコム (NASDAQ:QCOM)、レイセオン・テクノロジーズ (NYSE:RTX)、シスコ (NYSE:SYY)、イリノイズ・ツール・アンド・ワークス (NYSE:ITW)、SPDR ダウ工業株平均 ETF

高配当(14銘柄)

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ET、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス (NASDAQ:WBA)、フィリップモリス(NYSE:PM)、アルトリア・グループ (NYSE:MO)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ  (NYSE:BTI)、シェブロン (NYSE:CVX)、ロイヤル・ダッチ・シェル (NYSE:RDSa)、エクソン・モービル (NYSE:XOM)、ベライゾン・コミュニケーションズ (NYSE:VZ)、AT&T (NYSE:T)、アッヴィ (NYSE:ABBV)、ギリアド・サイエンシズ (NASDAQ:GILD)、JPモルガン・チェース (NYSE:JPM)、ウェルズ・ファーゴ (NYSE:WFC)

コメント

・現在の組入トップであるアマゾン(NASDAQ:AMZN)は無配。その他現在の米国の株式市場において時価総額が大きな銘柄は、無配もしくは低配当が多く、改めて全体的にまだまだ成長に資金を振り向けている企業が米国の中心を占めていることが、この様な簡単な作業を通しても分かりました。
・上記の通り、私の投資先は無配企業ばかりでもなく、また高配当企業ばかりでもなく、バランス良く投資しているつもりです。強いて言えば、やや高配当の企業群への投資ウエイトが厚めと言えるでしょうか。
・なお、今後、毎月の入金状況はこちら(【米国株・債券】配当金(年別・月別推移))の記事に追記していきます。

I hope you like it.

米国株投資先を配当利回りで5グループに区分してみた
 

関連記事

米国株投資先を配当利回りで5グループに区分してみた

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する