最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

バークシャーの第4四半期決算:銀行株とテック株の動向、買い増ししたGM株

執筆: Investing.com (クレメント チボー/Investing.com)株式市場2019年02月27日 18:40
jp.investing.com/analysis/article-200196617
バークシャーの第4四半期決算:銀行株とテック株の動向、買い増ししたGM株
執筆: Investing.com (クレメント チボー/Investing.com)   |  2019年02月27日 18:40
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

先週、ウォーレン・バフェット氏がCEOを務める多国籍コングロマリット持株会社であるバークシャー・ハサウェイ (NYSE:BRKa)の第4四半期決算報告に注目が集まった。

敬愛の念を込めて「オハマの賢人」と呼ばれるバフェット氏は、企業の価値を見抜き、優れたポートフォリオを通して富を築いてきたバリュー投資家だ。

BRKa vs SPX 1980-2019
BRKa vs SPX 1980-2019

彼の才気あふれる輝かしい功績は、上のチャートを見ても明らかだろう。40年間の中で、S&P 500は2638%成長であるのに対して、バークシャーのリターンは116,553%に昇る。

しかし、バークシャーの2018年の第4四半期は良いとは言えない結果になった。同社は、昨年の株安に見舞われた影響から前年同期比でマイナス380億ドル(-17%)となった。現在のポートフォリオには48銘柄が組み込まれており、中でも大きく占めているのは、アップル(NASDAQ:AAPL)、バンク・オブ・アメリカ (NYSE:BAC)、ウェルズ・ファーゴ (NYSE:WFC)である。

昨年末の株安の影響で、過去12ヶ月のS&P 500の上昇率はたった1.89%となり、一方、バークシャーはマイナス3.51%という大きな損失を被った。

しかし、四半期ごとの業績はバフェットを動揺させるものではない。彼が度々言うように、彼は長期投資家であることを忘れてはならない。

以下に、決算報告で明らかになったバークシャーにおける3つの興味深い動向をあげる。

1. 銀行株

バフェット氏の株主に向けた年次レターでは、強く米国経済に希望を抱いていることが分かる。これにおいては彼の最近の銀行株の動向を見ても窺える。

バークシャーのポートフォリオでは、米国の金融セクターが45%を占めている。第4四半期ではパウエルFRB議長がハト派に転じ、銀行株のプラス材料が薄れている(利上げは米国銀行株式にとって好材料)。しかし、バフェット氏は銀行株を買っているのだ。バークシャーは、バンク・オブ・アメリカ、USバンコープ(NYSE:USB)、JPモルガン・チェース(NYSE:JPM)、PFCフィナンシャル (NYSE:PNC)、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(NYSE:BK)などの株を買い増ししている。

特に注目すべきなのは、JPモルガン・チェース株である。第3四半期から買い増しを始め、平均価格106ドル(昨日の終値では106.10ドル)で1440万株(15億2000万ドル分)をポートフォリオに追加している。また、バンク・オブ・アメリカ株においては平均価格27ドル(昨日の終値は29.27ドル)で1890万株追加しており、同株の10%近くを占める大株主である。もし、保有割合が10%を上回ると、米国証券法によってバークシャーは煩雑な手続きを取る必要があり、同社は避けたいと考えているだろう。同様の理由によって、ウェルズ・ファーゴ(NYSE:WFC)株を約3%減らしている。

金利は金融セクターの収益性に大きな影響を与えるため、低金利が続くことは短期的には好ましくない。しかし、バフェットが銀行株を買う理由には、長期的な米国経済の成長によるリターンにかけていることが挙げられる。

個別銘柄を見ると、JPモルガンは米銀行を率いる存在であり、現在のPERは11倍と割安な水準である。また、同社株の配当利回りは3%と高水準である。高利回りであることから、FRBが利上げに踏み切るまで効率良くリターンをあげられるのだ。

2. テクノロジー株

バフェット氏のテクノロジー企業に対する投資成績には疑問が湧く者もいるだろう。今年89歳のバフェットは、今までテクノロジー株を避けていたことで知られていた。だが、近年ではテック企業の株がポートフォリオに組み込まれるようになってきた。

例えば3年前、バークシャーは400億ドル分のアップル株の保有し、ポートフォリオの中で最大となっていた。しかし、前四半期にかけて、アップル株を平均192ドルで290万株を売り抜けた。

昨年10月にIBMに買収されたオープンソースクラウド企業のレッドハット(NYSE: RHT)もポートフォリオに組み込まれた。バークシャーはレッドハット株を平均160ドル(現在価格182.40ドル)で410万株購入している。大量保有報告書によると、バークシャーは、IBMによる買収より前にレッドハット株を買い始めていた。

しかし、もっとも大きなニュースは、バークシャーがオラクル株(NYSE:ORCL) をすべて売却したことだろう。第3四半期では21億ドル分のオラクル株を保有していたが、数ヶ月間ですべて売り払った。このような数ヶ月での売買は、バフェット氏の動向において前代未聞である。

オラクル株を巡っては、バフェット氏はIBMで躓いた過去から、オラクルが自身に適した投資でないという心変わりを示し、比較的短期間でオラクル株を売却した。

アップル株の売却についてはさほど重要ではない。バークシャーは未だに400億ドル相当のアップル株を保有している。第4四半期のアップルは苦戦を強いられたが、同社のPERは14倍であり2450億ドルの現金保有を誇るため、アップル投資家は安心して眠れることだろう。

IBM買収されたレッドハットは問題である。IBMは63%の買収プレミアムを支払うことで買収に合意し、株価の上昇を呼んだ。さらに、現在IBM傘下であることは、長期的に良い結果になるとは考えづらい。

3. GM株の買い入れ

バークシャーの67%を占める銀行株やテック株で大きな動きを見せているが、一方で、ゼネラルモーター(NYSE:GM)を200万株(37%増)の追加購入をしていたことには驚いた。バークシャーは、平均34ドルで、合計6億8000万ドル相当のGM株を追加購入し、現在の保有総額は24億ドルとなっている。

この予想外のバフェット氏の判断は良いものだろうか?彼の戦略を評価するのは難しい。GM株のPERは6倍と割安であり、配当利回りは3.8%である。バフェット氏は「バイ・アメリカン」と米国株を推薦することで知られ、最新の年次レターでも様々なビジネスにおいて素晴らしい功績を残してきた米国を「並外れて素晴らしい(extraordinary:バフェットが多用する言葉)」と評し、今後の米国経済に期待している。

バークシャーの第4四半期決算:銀行株とテック株の動向、買い増ししたGM株
 

関連記事

バークシャーの第4四半期決算:銀行株とテック株の動向、買い増ししたGM株

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する