最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

米中貿易協議の合意が近づき、アウトパフォームが期待される中国テクノロジー3銘柄

執筆: Investing.com (ジェシー コーエン/Investing.com)株式市場2019年04月18日 17:43
jp.investing.com/analysis/article-200196816
米中貿易協議の合意が近づき、アウトパフォームが期待される中国テクノロジー3銘柄
執筆: Investing.com (ジェシー コーエン/Investing.com)   |  2019年04月18日 17:43
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

長引く米中貿易戦争が終結する期待が高まり、S&P 500 は年初来16%の上昇を見せ史上最高値に近付いている。また、KraneShares CSI China Internet ETF (NYSE:KWEB)は年初来29%高で市場を圧倒的にアウトパフォームしている。

KWEB vs S&P 500
KWEB vs S&P 500

そうした状況を受け、米中貿易戦争の解決への期待の高まりを背景に来週以降アウトパフォームするとみられる3銘柄に注目している。1つは不動の地位を持つEコマース企業、2つ目は自動車ユーザー向けのウェブサイトを運営する企業、3つ目は先日IPOを果たし、上場以来株価上昇を続けるフィンテック企業である。

1. アリババ・グループ・ホールディングス

恐らくアリババ(NYSE:BABA)より知られている中国Eコマース企業はないだろう。eBay(NASDAQ:EBAY)に類似する淘宝(タオバオ)と、NikeやZaraなどのブランドを扱うモール形式の天猫(T-mall)の2つから成る同社のEコマースプラットフォームは、中国のオンライン小売売上高の58%を占めている。

このような業界首位のプラットフォームを持っているため、中国国内外の小売業者は中国のオンライン消費にリーチするためには同社と関わなければならず、同社は圧倒的な競争優位の状態にある。我々も長期投資対象として中国株の中で最高の銘柄の一つであるとともに、2019年最注目銘柄の1つでもあると考えている。過去の記事で我々は、「同株は7月に記録した210ドルという高値から11月初旬に150ドルへと下落したが、貿易戦争の終息に伴い、200ドル以上に達する可能性もあるだろう」との見方を示している。

事実、16日の終値185.78ドルは年初来の35.5%高であり、4/12には9ヶ月で最高の189.79ドルに達している。

Alibaba Chart
Alibaba Chart

我々は引き続き同社の更なる株価上昇を見込み、業界首位の位置づけが確固たるものであるため買い増しを推奨する

アリババの次の決算報告は、5/6の市場取引開始前に予定されている。第1四半期予想売上高は918億4000万ドル、予想EPSは6.65ドルである。前年同期では、売上高が619億3000万ドルで、EPSが5.73ドルであった。

2. オートホーム

ネット上での自動車購入時に中国人がアクセスする国内最大手サイトであるオートホーム(NYSE:ATHM) は、自動車リスティング、広告、ディーラーサブスクリプション等のサービスを提供している。ユーザー数が多く、エンゲージメント率も高いため、自動車製造メーカーやディーラーがこぞって広告を展開するプラットフォームとなっている。

同社はフルサービスのオンライン取引プラットフォーム「Autohome Mall」を運営し、製造メーカーとディーラーの円滑な取引の場として機能している。同社はウェブサイトとアプリを通じて、ローンや保険、中古車取引、アフターケア市場のサービスなど付加価値の高いものも提供している。

Autohome Chart
Autohome Chart

オートホーム株は16日の終値108.34ドルで、年初来38.5%高となっている。2019年の滑り出しは好調だったものの、昨年7月の119.50ドルの高値をまだ更新できてはいない。

同社は、5月7日の市場取引開始前に第1四半期の決算を発表する。予想売上高は15.8億ドルで、予想EPSが5.02ドルである。前年同期では、売上高が12.9億ドル、EPSが0.69ドルであった。

3. UP Fintech Holding

UP Fintech Holding (NASDAQ:TIGR)は3月20日に上場しており、世界中の中国人投資家に向けたオンラインのブローカーサービスを提供する会社だ。CEOの巫天华(Tianhua Wu)によると、中国のユーザーが、米国市場を中心とした海外市場で取引される外国株を手軽に取引できるようにするため同社は設立されたという。

UP Fintech Chart
UP Fintech Chart

アジア市場ではTiger Brokers(老虎証券)として知られるUP Fintechの16日終値は22ドルで、IPO時の8ドルから175%高となっている。IPOにより同社は1億400万ドルを調達している。

UP Fintechのアメリカ支社CEOLei Huang氏は、IPOによって得た資金は一般の事業目的で、海外展開、最低自己資本比率の保持、将来的な買収などに使う予定だとコメントしている。

UP Fintechの戦略的投資家には、北京を拠点とするスマートフォンメーカー小米(Xiaomi) (HK:1810) や米国のネット証券インタラクティブ・ブローカーズ証券 (NYSE:IBKR)などが名を連ねる。巫氏は同社のゴールが、1990年代後半のインターネットスタートアップブームの中でも傑出していたイー・トレード (NASDAQ:ETFC)のようになることだと話している。

UPはまだ黒字を計上できていないものの、凄まじい売上高の成長を見せている。同社は2018年に4430万ドルの純損失を計上した一方で、売上高は一昨年の550万ドルから3360万ドルへと増加している。

米中貿易協議の合意が近づき、アウトパフォームが期待される中国テクノロジー3銘柄
 

関連記事

米中貿易協議の合意が近づき、アウトパフォームが期待される中国テクノロジー3銘柄

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する